北海道キャンピングカー旅行記

道の駅 厚岸グルメパークで車中泊!牡蠣料理メニューが豊富!お風呂はない!

こんにちは!りっこです^^

2019年6月に、2週間かけてキャンピングカーで北海道旅行をしてきました!

子連れ犬連れ、行き当たりばったりの珍道中の様子はこちらから。

北海道一周キャンピングカー子連れ犬連れ旅行記 全行程まとめ長年の夢だった北海道1周旅行。 キャンピングカー持ちなら、だれでも1度はやってみたいって思いますよね。 子持ち犬飼いの我が家は、もち...

 

北海道一周旅行の13日目は、道の駅厚岸グルメパークで車中泊をしました。

そして、厚岸と言えば…やっぱり牡蠣!!

厚岸グルメパークには、牡蠣が食べられるお店がたくさん入っているので、もちろんいただきましたよ。

りっこ
りっこ
夜遅めの時間までやっているので、助かりました!

今回はそんな、厚岸グルメパークについてお伝えしますね。

北海道の観光スポットや、ホテルランキングなどを調べるには、楽天トラベルの楽天たびノートが便利ですよ。

北海道の観光スポット、ホテル、旅館を楽天たびノートで探す

北海道旅行13日目の行程はこちら。

北海道一周キャンピングカー旅行13日目(オロンコ岩・知床岬・天に続く道・厚岸グルメパーク)我が家が2019年6月に2週間かけて回った、北海道一周旅行13日目の様子をまとめています。 6:30 国設知床野営場で就寝で...

 

北海道で行った道の駅は、こちらにまとめています。

合わせて参考にしてくださいね!

北海道一周キャンピングカー子連れ犬連れ旅行記 宿泊した道の駅一覧今回の旅の宿泊先は、ほとんど道の駅。 北海道で泊まった13泊中10泊は、道の駅で車中泊しました。 北海道の道の駅は、広くてとってもき...
スポンサーリンク

道の駅厚岸グルメパーク基本情報

道の駅厚岸グルメパークは、北海道の厚岸市にある唯一の道の駅。

厚岸特産の牡蠣をメインとするレストランがたくさん入っていて、グルメパークの名の通り本当に北海道の食を楽しめる道の駅です。

りっこ
りっこ
じゃらんの道の駅満足度ランキング、飲食の部で9年連続1位に輝いているんですよ!

夜遅めの8時や9時まで、レストランが営業してくれているのがとっても助かる道の駅です。

道の駅名 道の駅 厚岸グルメパーク
住所 厚岸郡厚岸町住の江2丁目2番地(国道44号沿い)
電話 0153-52-4139
休館日 毎週月曜日(4月~6月、9月~3月)※月曜日が祝日の時は翌日、無休(7月~8月)、年末年始(12/28~1/2)
開館時間 9:00~21:00(4月~10月)、10:00~19:00(11月~12月)、10:00~18:00(1月~3月)
レストラン 売店
総合展示販売コーナー 9:00~19:00(4月~10月)、10:00~19:00(11月~12月)、10:00~17:00(1月~3月)
レストラン
・レストラン エスカル 11:00~19:30(4月~10月)(ラストオーダー19:00)、
11:00~19:00(11月~12月)(ラストオーダー18:30)、11:00~18:00(1月~3月)(ラストオーダー17:30)
・炭焼あぶりや 11:00~21:00(4月~10月)(ラストオーダー20:00)、
11:00~19:00(11月~12月)(ラストオーダー18:00)、11:00~18:00(1月~3月)(ラストオーダー17:00)
・オイスターバール ピトレスク 11:00~20:00(4月~10月)(ラストオーダー19:30)、
11:00~19:00(11月~12月)(ラストオーダー18:30)、11:00~18:00(1月~3月)(ラストオーダー17:30)
・オイスターカフェ 9:00~17:00(4月~10月)、10:00~16:00(1月~3月)
HP http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/531/

スポンサーリンク

道の駅厚岸グルメパークは牡蠣料理メニューがすごい!

開陽台展望台でソフトクリームを食べ、その後とにかくひたすら南に走ってたどり着いた厚岸グルメパーク。

りっこ
りっこ
厚岸で絶対に牡蠣を食べたい―

私の希望を優先して、お風呂にも入らずにとにかくレストラン閉店前に到着するように、パパに頑張って運転してもらいました。

そして無事到着したのが、夜19時半頃。

辺りも暗くなってきていました。

早速急いで道の駅の中に入ります。

 

入り口脇には、おいしそうな牡蠣料理のサンプルがいっぱい!

 

1階にはオイスターカフェがありましたが、残念ながらこちらはすでに閉店。

日中はソフトクリームやカキコロッケなんかが販売されているようです。

隣にあるお土産屋さんも、閉店済み。

 

フードコートのようなスペースが真ん中にあります。

 

お目当ての牡蠣料理店は、2階にあります。

時間もないので2階へダッシュ!

スポンサーリンク

2階は吹き抜けになっていて、牡蠣料理店が3店舗ありました。

 

こちらは『オイスターバール ピトレスク』

イタリアン中心の牡蠣がたっぷりなメニューがとっても美味しそう!

けれど残念ながら、この時点でオーダーストップの19時半を過ぎてしまっていました。

もう1店舗の『レストラン エスカル』も、19時でラストオーダーが終わっています。

 

ということで、残すはあと1店舗。

1番遅くまでやっている『炙屋(あぶりや)』で夜ご飯をいただくことに。

りっこ
りっこ
もともとこちらの炙屋目当てにやってきたんですけどね

 

炙屋のシステムは、とっても楽しいんですよ。

お店の手前にこのような魚介類やお肉、野菜など具材がたくさん並んでいるので、好きなものをトレイに入れて先にお会計をするシステム。

牡蠣はもちろん生きてます!

 

魚の種類もとっても豊富。

 

お肉もたくさんありますよ。

もちろんジンギスカンも!

 

他にも焼き鳥や野菜、揚げもちや焼きおにぎりなど子供が好きなメニューもたくさん!

 

デザートまでありました。

 

もちろん名物の牡蠣は、これでもかってくらいにいろんなメニューがあります。

4,500円で焼き牡蠣食べ放題のメニューもありましたよ。

 

あとはこちらの名物の、バケツ牡蠣も。

10個で1,500円はお安いですね!

  

 

とりあえず生ガキを食べたかったので、どの種類がおすすめか店員さんに聞いたところ、断然『カキえもん』が美味しいとのこと。

りっこ
りっこ
お店の人が言うなら間違いないはず!

 

 

そんなわけでカキえもんを旦那と2人で3つずついただきました。

 

ヤバい!この新鮮さ…

もう見るだけで生唾ものですね(笑)

口に入れた瞬間、もう口の中が一面海!ってくらいにミルキーで濃厚な牡蠣の風味が広がって、本当に美味しかったです^^

 

この後も生ガキ3種の食べ比べを頼んだり、焼きガキを頼んだりと大忙し!

生ガキ3種の写真を撮り忘れてたようで、残念―。

こちらカキえもんの焼きガキ。

焼くと少し身がしまって、生とは違う甘みも出てまた美味しいんですよねー。

とにかく牡蠣中心に、他にも魚や貝やお肉にとたくさん焼きましたよ。

毎回足りなくなったらまたお店の外の食材コーナーまで行くのがちょっと面倒でしたが、食べられそうな分だけちょこちょこ頼めるので子連れにはピッタリでしたね。

しかも交通系のICが使えたので、お会計もピッとラクチンなのが嬉しかった。

 

 

お店の中は、こんな感じで長いテーブルの真ん中にいくつか焼き網が入っていて、大人数でも楽しめる感じでした。

ちなみに写真左あたりにあるカウンターでは、飲み物を注文できます。

お酒メニューもとっても豊富でしたよ。

ラストオーダーまであまり時間がなかったので、ちょっとせわしなかったのですが、それでもたっぷりお腹一杯になるまでカキが食べれて大満足ー!

お腹を空かせて厚岸まで来た甲斐がありました。

厚岸グルメパークへ来たときには、炙屋おすすめですよ!

 

厚岸グルメパークには水族館もあるよ

ご飯を食べ終わって、もう一度館内を探索している時に見つけたのがこちら。

 

なんと厚岸グルメパークには、プティという水族館があるんです。

そんなにたくさんのお魚がいるわけではないですが、マスやカレイの仲間などが気持ちよさそうに泳いでいましたよ。

 

真ん中には、牡蠣の成長過程がわかる展示も。

りっこ
りっこ
真ん中の牡蠣おっきすぎ!!

水族館は夜でもそのまま自由に出入りができたので、運転の疲れを癒すために立ち寄ってみるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

道の駅厚岸グルメパークの車中泊事情

今回我が家はこのまま、厚岸グルメパークの駐車場で車中泊をしました。

駐車場は広めで傾斜もなく、とってもいい感じでしたよ。

キャンピングカーも何台か泊まっていましたし、車のナンバープレートを見てみるとかなりいろいろな場所から来ている感じでした。

北海道の人より、本州からの旅行者が中心といった感じでしたね。

 

駐車場の脇には、こんな子供向けの小さな遊具もありました。

 

そして犬連れには嬉しい、ドッグランまで併設!

 

小型犬用と中・大型犬用のスペースに分かれていて、そこまで広くはないですが快適なドッグランでしたよ。

 

なによりこの景色!

厚岸グルメパークは少し高台にあるので、厚岸港を一望できるんですよね。

夜も夜景が見れて、とってもきれいでしたよ。

 

厚岸グルメパークのお風呂事情

実は残念なことに、こちらの道の駅厚岸グルメパークにはお風呂が併設されていないんです。

そして近くにも、日帰り入浴ができる施設がとっても少ないんです。

りっこ
りっこ
それだけが唯一残念なポイントです

近くにあるお風呂『喜楽湯』も、なんとこの日水曜日はたまたま定休日><

仕方ないので北海道へ来て初めて、この日はお風呂に入らずに寝ちゃいました。

まぁ暑くもなくって汗もかいてないので、全然問題なかったですけどね。

けれど真夏などに行く場合は、厚岸グルメパークで車中泊するならお風呂がないこと前提に来てくださいね。

少し離れた場所でお風呂に入ってくるか、もしくはこちらの喜楽湯で入るのがおすすめです。

喜楽湯住所 北海道厚岸郡厚岸町真栄2-108
電話番号 0153-52-4462
営業時間 15:00〜21:00
定休日 水曜日
料金 大人440円 小人140円

 

厚岸グルメパークで車中泊 まとめ

厚岸グルメパークは、とってもいい道の駅でした。

特に牡蠣料理が楽しめるお店がたくさんで、すべてレベルもとっても高かったです。

厚岸へ車で来たときには、ぜひ寄ってみてほしい道の駅でした。

ただし入浴施設や温泉が併設しておらず、近くにもとっても少ないことだけは気をつけてくださいね。

これから厚岸グルメパークへ行こうと思っている人は、ぜひ参考にしてください^^

 

スポンサーリンク