北海道キャンピングカー旅行記

北海道一周キャンピングカー子連れ犬連れ旅行記 8日目 (天塩~稚内 宗谷岬)

我が家が2019年6月に2週間かけて回った、北海道一周旅行8日目の様子をまとめています。

  • 7:00 道の駅 てしおで起床
  • 9:30 サロベツ湿原センター 散策
  • 12:00 稚内駅到着
  • 12:30 ラーメンたからやでお昼ご飯
  • 13:00 ノシャップ岬
  • 13:30 ノシャップ寒流水族館
  • 16:00 稚内副港市場で買い物 
  • 18:00 港のゆでお風呂
  • 20:00 花いちもんめで夜ご飯
  • 22:00 宗谷岬駐車場で車中泊

北海道の観光スポットや、ホテルランキングなどを調べるには、楽天トラベルの楽天たびノートが便利ですよ。

北海道の観光スポット、ホテル、旅館を楽天たびノートで探す

 

 

 

この旅の全行程は、こちらをご覧ください。

北海道一周キャンピングカー子連れ犬連れ旅行記 全行程まとめ長年の夢だった北海道1周旅行。 キャンピングカー持ちなら、だれでも1度はやってみたいって思いますよね。 子持ち犬飼いの我が家は、もち...
スポンサーリンク

道の駅 てしおで起床

今日はいよいよ、日本最北端の宗谷岬を目指して出発です!

朝起きると、お天気も曇りでたまに晴れ間がのぞいています。

雨の心配はなさそうで、ひと安心。

北に車を走らせます。

 

途中でサロベツ湿原センターへ寄り道しようと思い、海沿いの『萌える天北オロロンルート』を走ります。

 

すると前方に、何やら風車の大群が!

あまりに巨大な風車が並んでいたので、ついつい脇道に入って寄り道してしまいました^^;

 

風車だけだとわからないけど、人間や犬が並ぶと巨大さがわかりますか?

特に観光名所にはなっていないようですが、何十台も続く風車はけっこう見ごたえがありましたよ。

そんな寄り道をしつつ、サロベツ湿原へ向かいます。

 

サロベツ湿原センター 散策

先ほどの海沿いの道から少し内陸に入り、湿原地帯を突っ切った場所にあったのがこの『サロベツ湿原センター』です。

建物自体はとってもきれいで、展示も興味深いものが多かったですよ。

 

 

子供が工作できるコーナーなどもあり、息子もいろいろと製作していました。

 

建物の裏側には、湿原を散策できる木道があります。

 

1周歩いても1キロほどと短かったので、せっかくなので歩いてみることに。

 

途中には、昔この場所で実際に泥炭を採掘していた浚渫船(しゅんせつせん)がありました。

 

木道脇にはたくさんの花も咲いており、とってもきれいでしたよ。

木道を一周歩いたら、さらに北を目指して走ります。

 

サロベツ湿原センターの詳細は、こちらをご覧くださいね。

サロベツ湿原センターへ行ってきた!木道の散策や湿原植物は見ごたえあり!こんにちは!りっこです^^ 2019年6月に、2週間かけてキャンピングカーで北海道旅行をしてきました! 子連れ犬連れ、行き当たりばっ...
施設名サロベツ湿原センター
住所〒098-4100 北海道天塩郡豊富町字上サロベツ8662
電話0162-82-3232
定休日・営業時間5〜10月 / 9:00~17:00(休館日/なし) ※6〜7月は8:30〜17:30 
11〜4月 / 10:00~16:00 (休館日/月曜・12/29-1/3)
※月曜が祝日の場合は開館、火曜に振替休館

スポンサーリンク

稚内駅到着

サロベツ湿原センターから走ること約1時間。

日本最北端の駅、稚内駅に到着しました。

駅のすぐ横に、道の駅わっかないがあったのでそちらに車を駐車しました。

道の駅には、こんな日本一周中のカブが停まっていましたよ。

 

稚内駅の構内はとっても天井が高く、開放的なスペースです。

 

お土産屋さんもかなり大きく、北海道のお土産物がすべて手に入ってしまいそうですね。

 

電車が停まっている線路には、日本最北端の線路ということがわかるこんな看板までありましたよ。

鹿児島県の西大山駅からここまで、線路でつながっていると思うとなんだかすごいですよね。

 

けれど駅構内の床を見てみると、先ほどの看板の先にもなぜかまだ線路が続いているんですよね。

 

これがどこにつながっているのかというと、なんと駅の外のこちらまで続いています。

 

実は昔は、この先にもさらに線路がつながっていたんですって。

稚泊(ちはく)連絡船と呼ばれる、稚内とサハリン(旧・樺太)を結ぶ鉄道連絡船が運行されていた時代は、その港まで線路が延びていたそうです。

現在はすでにその線路は撤去されていますが、その名残として駅の外まで線路が続いているんですね。

 

ちなみにその連絡船があった時代、港を守るために作られていたのがこちらの北防波堤ドーム。

 

港の波よけ用として作られたドーム型の防波堤で、北海道遺産にも登録されている歴史ある建造物です。

稚内駅からすぐの場所にあるので、ぜひ寄ってみてくださいね。

 

ラーメンたからやでお昼ご飯

 というわけで、稚内駅をひと回りしたところでお腹もすいてきたので、お昼ご飯にしました。

稚内に向かう車の中で、せっかくだからラーメンでも食べたいねという話になり、稚内の美味しいラーメン店を探したら出てきたのがこちらのお店。

『ラーメンのたからや』です。

ラーメン店が多い稚内市の中でも、1位2位を争う名店と書かれていたので迷わず選んでみました。

ミシュランガイド北海道版で、2012年にビブグルマンも獲得したそうです。

場所も稚内駅の目の前なので、便利なのが嬉しいですね。

 

店内に入ると、メニューはとってもシンプル。

  • 塩ラーメン
  • 醤油ラーメン
  • ライス

のみです。

他のメニューは一切ありません。

もちろん選んだのは、塩ラーメン。

 

店内には数買うのサインがあり、人気店っていうのがわかりますね。

 

子供用には取り分けのお皿も出してもらえました。

 

待つこと5分ほどで、運ばれてきたのがこちら!

 

どんぶりのフチぎりぎりまでスープが入っていて、こぼれてもいいようにお盆ごと運ばれてきます。

見た目は普通の塩ラーメンですが、お麩が乗っているのが特徴ですね。

 

そして何より、このスープの透明度がすごいです。

お味もとっても美味しくって、冷えた体がとっても温まりました。

 

けれど個人的に残念だったのは、麺の太さと食感でしょうか。

モチモチの中太麺が好きな私ですが、こちらの麺はモチモチというよりはちょっと柔らかめの中細麺。

時間がたってしまうと伸びるのも早く、食べるのが遅い息子は食べても食べても減っていませんでした(笑)

とはいえ、スープが美味しいので残さずいただきましたよ。

近所の方もたくさん来ており、地元でも人気のお店なんだなというのが伺える名店でした。

店名ラーメンのたからや
住所北海道稚内市中央2-11-15
電話0162-23-7200
営業時間11:00~18:00(L.O.17:50)
定休日水曜日
食べログhttps://tabelog.com/hokkaido/A0109/A010901/1016810/

スポンサーリンク

ノシャップ岬

お腹もいっぱいになったところで、少し車で移動してノシャップ岬まで向かいました。

この日は雨は降っていないものの、とにかく風が強くてすごかったです。

 

ノシャップ岬には、イルカの時計台があるんですよ。

とりあえず写真を撮ってみたものの、みんな風が強すぎて顔が引きつってました(笑)

 

少し離れたところには、赤と白のコントラストがきれいな稚内灯台が見えます。

 

この灯台、近づいてみるとかなりの大きさ!

なんと高さは42.7メートルで、北海道では一番高い灯台、全国でも2番目に高い灯台らしいですよ。

晴れてたら空の青にも映えて、もっときれいだったんでしょうね。

残念ながら曇り空ですが、それでもすごい存在感でした。

 

ノシャップ寒流水族館

稚内灯台の下にあるのが、こちらのノシャップ寒流水族館です。

こちら実は、大人500円、子供100円と有料の水族館なのですが、我が家が訪れたときは何と無料でした!

 

水族館の回遊水槽が、整備中で魚が見れないんだとか。

けれどせっかくだからと入ってみたところ、大正解でした!

 

目の前でペンギンがいたり、

 

あざらしもこんな近くから見れるんです!

先日行った旭山動物園とはまた違いますが、距離がとっても近くって可愛かったですよ。

 

それに屋内の水族館にも、クリオネがいたり

 

美味しそうな(!?)毛ガニや

 

こちらはみんなで重なっていて、とっても不気味なオオカミウオ!

 

大型の水槽は確かに空っぽでしたが、それでもいろいろな魚や海の生物が見れて楽しめました。

 

そしてもうひとつ、ノシャップ寒流水族館のお隣にあるのがこちらの『稚内市青少年科学館』

 

本来はこちらもノシャップ寒流水族館の入園料の500円で見学できるのですが、今回はこちらも無料!

中は5歳児にはちょっと難しい内容もありましたが、けっこう大人も楽しめました。

 

とっても精巧な船の模型がたくさんあったり

 

プラズマ体験ができたり

 

ちょっと懐かしいイライラ棒があったり(笑)

思っていたよりも、この2つの施設ではかなり楽しむことができました。

また今回は時間が合わなかったですが、プラネタリウムも定期的に上映しているようです。

詳しくは別記事にまとめる予定なので、楽しみにしていてくださいね!

施設名ノシャップ寒流水族館
住所〒097-0026 北海道稚内市ノシャップ2丁目2番17号
電話0162-23-6278
営業時間夏期間(4月27日~10月31日)
午前9時から午後5時(ただし、入館は午後4時40分まで)
冬期間(11月1日~11月30日、2月1日~3月31日)
午前10時から午後4時(ただし、入館は午後3時40分まで)
休館日4月1日~4月26日、12月1日~翌年1月31日(整備休館)
HPhttps://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/suizokukan/

 

施設名稚内市青少年科学館
住所〒097-0026 北海道稚内市ノシャップ2丁目2番17号
電話0162-22-5100
営業時間夏期間(4月27日~10月31日)
午前9時から午後5時(ただし、入館は午後4時40分まで)
冬期間(11月1日~11月30日、2月1日~3月31日)
午前10時から午後4時(ただし、入館は午後3時40分まで)
休館日4月1日~4月26日、12月1日~翌年1月31日(整備休館)
食べログhttps://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kagakukan/

スポンサーリンク

稚内副港市場で買い物 

続いては少し宗谷岬方面へ車を走らせたところにある、稚内副港市場へ。

こちらは温泉やレストラン、市場などが入っている複合施設です。

ちょうどタイミング的にも父の日に間に合いそうなので、実家へ父の日のプレゼントも兼ねてお土産を送ることにしました。

 

稚内副港市場の中は、1階は海産物などのお土産がたくさんあるお店や、レストランが並んでいます。

 

お父さんのおつまみにピッタリなものもたくさん!

 

数軒食べ物屋さんもありましたが、全部15時までの営業のようで終了していました。

 

また大きな漁船のオブジェ?なんかもありましたよ。

 

また昭和時代の商店街を模したエリアもあって、なんだかアミューズメントパークみたいでした。

 

昭和感が漂うタバコ屋さん。

 

また稚内副港市場の隣には、こちらの稚内丸善という水産物専門のお土産店もありました。

 

こちらは本当に魚屋さんのような新鮮な魚が揃っていて、しかもお値段が激安!

 

カニも試食させてくれたのですが、身が詰まっていて美味しい!

 

うにも信じられないこのお値段です。

 

もちろん乾物などもたくさんありました。

 

贈り物にしやすい送料込みのギフトセットなどもあり、嬉しいですよね。

結局我が家はこちらの稚内丸善で、カニやホタテ、乾物などをいろいろセットにして実家へ送ってもらいました。

関東や関西にでも、中1日できちんと届けてくれましたよ。

実家からはもちろん、大喜びの連絡がすぐに来ました(笑)

稚内からお土産に海産物を送りたいときは、こちらのお店はおすすめですよ。

施設名稚内副港市場
住所稚内市港1丁目6番28号
電話0162-22-1129
HPhttp://www.wakkanai-fukukou.com/

スポンサーリンク

港のゆでお風呂

お土産もたくさん買ったところで、お風呂に入ることに。

先ほどの稚内副港市場の2階には、港のゆというお風呂屋さんが入っています。

 

階段を使って2階に上がると…

 

スーパー銭湯のような、とても豪華なお風呂屋さんですね。

 

お値段はちょっと高めの大人650円、子供300円、幼児は無料です。

 

 

こちらのお風呂は中も広々としていて、とてもきれいでしたよ。

露天風呂も広く、港が見えて気持ちよかったです。

 

ちなみに港のゆに併設されているレストラン底曳船を覗いてみたところ、とっとお高めのお値段でした。

別のお店に行ってみたかったので、こちらではいただきませんでした。

 

花いちもんめで夜ご飯

というわけで、お風呂も入ったので夜ご飯!

行ってみたかったのはこちらのお店です。

稚内唯一の回転寿司やさん、『花いちもんめ』です。

北海道の回転寿司なら間違いないだろうってことで、回転寿司が好きな息子のためにやってきました。

 

メニューはこの通り、かなり盛りだくさん!

おねだんもけっこうお安めです。

 

本日のおすすめも惹かれるネタばかり!

 

お刺身盛りを頼んだら、どれもとっても美味しかったですよ。

特にしめさばの脂の乗り加減が半端ない!

 

お寿司もどれも、本州の回転寿司やさんで食べるよりも新鮮でおいしかったです。

 

またこちらのお店で嬉しいのが、子供用にお寿司を頼んだらミニサイズで4貫のお寿司を握ってくれること!

子供の一口サイズで食べやすく、息子も普段以上にたくさん食べていました。

お腹もいっぱいになって、後は寝るだけです^^

店名花いちもんめ 稚内本店
住所〒097-0002 北海道稚内市潮見5丁目46−13
電話0162-34-7377
営業時間11:00〜21:30
定休日無休(年始1月1日は休日)
HPhttp://www.sushi-hana1.com/

スポンサーリンク

宗谷岬駐車場で車中泊

車中泊スポットが以外にたくさんある稚内。

キャンプ場や道の駅などで寝ることも考えたのですが、せっかくだから今夜中に宗谷岬まで行って朝日を見よう!ってことで、夜のうちに宗谷岬の駐車場へ行くことにしました。

そしてついに到着した宗谷岬!

 

駐車場も空いていて、夜でも問題なく入ることができました。

よく写真でみる『日本最北端の地の碑』は、きれいにライトアップされていましたよ!

 

ついに日本最北端へ来たんだーとちょっと感動。

駐車場には我が家以外に、もう1台しか車は停まっていません。

今夜は日本最北端で寝る家族になるねーなんて言いながら、駐車場に車を停めました。

 

心配していたトイレも電気がついていて、夜中でもきちんと使えるので一安心。

 

と、寝る準備をしていると車の脇に一匹のキタキツネが、スタスタスタっと近寄ってきました。

 

初めて見たキタキツネは、とっても可愛い!

なんだか『日本最北端へようこそ♪』とお出迎えしてくれてるかのようです(笑)

窓を開けても全く逃げる様子もなく、しばらく車のそばで居座ってくれました。

後で考えると完全にえさをくれーと待っていただけなんでしょうけどね^^;

移動中に寝てしまっていた息子にも見せてあげようとたたき起こすも、まったく起きず。

翌朝に写真を見せてあげようと、たくさん写真を撮っておきました。

北海道へ来て初のキタキツネ、しかも日本最北端の地で見れたのでなおさら嬉しかったです。

 

というわけで、念願の宗谷岬に到着しました!

明日は起きれたら日の出や朝日を見る予定です。

起きれるかな~?

スポンサーリンク