食べもの・食事

梅シロップを作る容器のおすすめ。瓶じゃなくても大丈夫?消毒方法や保存方法は?

5月から6月くらいになると、作りたくなる梅シロップや梅ジュース。

スーパーにたくさんの梅が並んでるのを見ると、またこの時期がきたなぁって感じますよね。

我が家も息子が大好きで、梅シロップだと夏場の水分補給にもいっぱい飲んでくれるので毎年欠かさず作っています。

そんな梅シロップを作るとき、まず用意しなければいけないのが容器ですよね。

実はよくある大きくて重い瓶ではなくっても、梅シロップって作れるんですよ。

これを知れば瓶がなくても手軽に作れるので、きっと梅シロップが作りたくなると思いますよ。

瓶を買うのがいやだなぁと思って今まで梅シロップや梅ジュースを作っていなかった人にも、ぜひおすすめの方法ですのでご覧くださいね。

スポンサーリンク

梅シロップや梅ジュースの容器 おすすめはこれ!

梅シロップや梅ジュースを作る容器といえば、やっぱりこういう瓶ですよね。

最近はホームセンターやスーパーなどでも、梅の時期になると一緒によく売られているのをみかけます。

 

けれどこういう瓶って、重いし保管にも困るんですよね。

ましては梅シロップって、2週間~1ヶ月くらいで出来上がってしまいます。

できてしまえば他の容器に移し変えて保管するのが一番いいので、実際に必要なのは作っている期間だけです。

年に1度のシロップ作りのために、大きな瓶を保管しておくのも大変なんですよね。

 

なので今回おすすめするのは、シロップをつくれるプラスチック製の容器です。

果実酒びん角型/丸型 TAKEYA

こちらは果実酒びんと名前はなっていますが、実際は瓶ではなくってポリエステル樹脂製になります。

なのでとにかく軽いことが特徴。

重さが300g弱しかないので、瓶に比べると5分の1以下の重さです。

しかも注ぎ口もついているし、中で発酵してしまったときなどに空気が逃げる穴まで開いています。

耐熱温度は60度なので熱湯消毒はできないですが、軽くて丈夫でしかもお安いのでとってもおすすめですよ。

 

フレッシュロック角型4.0L/丸型2.4L

 

今キッチンだけでなく洗剤やいろいろなものを収納するのに大人気のフレッシュロック。

このフレッシュロックでも梅シロップは作ることができるんですよ。

一番大きな4リットルサイズは角型のみですが、2.4リットルの丸型もあります。

キッチンにおいていてもおしゃれですし、持ち運びも軽くて楽チン。

 他の調味料なんかもフレッシュロックでそろえれば、キッチンにも統一感が出ますよ。

見た目にもこだわる人にはこちらがおすすめです。

 

プラスチック製の容器だと、梅シロップを作り終わってからもいろいろなものの保存に使えますよ。

たとえばお米や小麦粉、グラノーラ、麦茶、乾物、パスタ等々・・・

我が家もフレッシュロックはいっぱい使っているのですが、フルグラの800グラムのものが2.7リットルの角型でぴったり入るんですよね。

見栄えもいいし、常に使っていますよ。

梅ジュースを作る期間の2週間くらいはシロップを作って、それ以外は別のものを保存できるなんて最高じゃないですか?

今まで瓶を保管していたことを考えたら、とっても合理的だなって思います。

 

梅シロップの容器の大きさについて

梅シロップを作るときの容器の目安は、梅の重さの2~2.5倍の容量があれば大丈夫です。

なので1キロの梅で作るときには2.7リットルの容器、2キロの梅で作るときには4~5リットルの容器がちょうどいいです。

梅の粒の大きさによっても入る量は異なってくるので、少し余裕を持って大きめのほうがいいと思いますよ。

けれど2つに分けても問題ないですし、ちょっと梅が余ってしまった場合は小さなジャムの瓶などを消毒して、梅3粒くらいとお砂糖を入れるだけでも梅シロップはできますよ。

私はいつも2キロの梅で1キロはそのまま、もう1キロはお酢を入れて梅サワードリンク用のシロップにしています。

今年はちょっと変わったシロップになるように、1キロは黒砂糖を使って作ってみようかなと思っています。

 

梅シロップの容器の形について

梅シロップを作る過程で絶対に必要なのが、毎日容器をゆすって砂糖を溶かす作業です。

最初のうちはあまり水分が出ていないのでゆする程度ですが、だんだんと水分がでてシロップになってくると、底の方に溜まっている砂糖を溶かすためにしっかりゆする必要があります。

特に甜菜糖や粗製糖で作る場合は溶けにくいので、最後までなかなか溶けないなんてことにもなりがちです。

今回紹介した容器は角型と丸型がありますが、丸型のほうが底にたまりやすい砂糖を溶かすにはいいですよ。

角型だとどうしても四隅の角に砂糖が残りやすいです。

蜂蜜や氷砂糖など溶けやすい砂糖を使う場合は角型でも大丈夫だと思いますが、なるべく砂糖を早く溶かすためにも丸型がおすすめです。

 

梅シロップの砂糖が溶けない場合の対処法は、こちらにまとめていますよ

スポンサーリンク

梅シロップや梅ジュースの容器 本当に瓶じゃなくても大丈夫?

ここまでプラスチックの容器をおすすめしてきましたが、気になるのが本当に梅シロップ作りって瓶じゃなくて大丈夫なの?ってことですよね。

プラスチック容器を使うことで不安に感じる人も多いかもしれません。

けれど大丈夫!

そこについてもきちっと調べてみました。

プラスチックだと梅の酸によって溶けてしまうんじゃないの?

一番最初に思うのが、プラスチックが溶けないの?ってことですよね。

梅シロップや梅ジュースの酸は、そこまで強いものではないので心配しなくても大丈夫ですよ。

今回紹介した商品は、たとえばピクルスやラッキョウ、塩レモンなどを作るためにも使われています。

酸の強い酢を直接入れるものも作れるくらいなんですから、梅の酸も大丈夫なはずですよね。

それにペットボトルの飲料でも、梅のジュースやレモンソーダなんかも販売されていますよね。

もし酸によってペットボトルが溶けてしまうようであれば、商品にはなっていないはずです。

どうしても心配だって言う場合は瓶で作ることをおすすめしますが、そこまで心配しなくても大丈夫です。

 

密閉できないからカビとか生えるんじゃない?

プラスチックの容器にはパッキンがついているので、密閉性はありますが完全密閉ではありません

けれどそもそも果実酒用の赤い瓶だって、完全密閉ではないんです。

フレッシュロックを普段使用していて、フルグラを1ヶ月くらい入れていても湿気たことはないです。

なのでそれくらいの密閉性はあるので大丈夫です。

それにカビが生えるのは、容器が原因ではなく以下が原因の場合が多いですよ。

  • 容器をきちんと消毒できていなかった
  • 梅をきちんと洗っていなかった
  • 梅を洗った後、きちんと水分を拭かなかった
  • 途中でスプーンやお箸を使って混ぜていた
  • きちんと毎日混ぜなかった
  • もともと梅が傷んでいた

どちらかというと作る過程でこういったことに気をつければ、そんなに簡単にカビが生えることはないですよ。

私は今まで10年近く梅シロップを作っていますが、1度もかびた事はないです。

なので容器によってカビが生えるというよりは、きちんと工程を気をつければ大丈夫ですよ。

 

ちなみに梅酒や果実酒を作るときはプラスチックより瓶がおすすめです

梅シロップは2週間ほどで出来上がるのに比べて、梅酒などの果実酒は半年以上熟成させる必要があります。

長ければ長いほど味に深みがでてまろやかになり、おいしいお酒が出来上がりますよね。

我が家も梅酒もよく作るのですが、梅酒にはあまりプラスチックの容器はおすすめできません。

やはりプラスチックは多少の空気を通すんですよね。

なので微妙にプラスチック臭が混じってしまうこともあるようです。

半年後に出来上がった梅酒をすぐに1年以内に飲みきるようであればプラスチック製でもいいと思いますが、2年3年と熟成させることを考えているのであれば、とくに瓶の容器を使うことがおすすめですよ。

我が家の梅酒も現在3年目。

たまに気が向いたときにちょこっと飲んでいるのでいつまで残っているかわかりませんが、5年くらいは熟成させたいなって思っています。

 

梅シロップや梅ジュースをプラスチック容器で作るときの消毒方法

梅シロップを作るときに一番気をつけたいのが、容器の消毒です。

これを怠ると、せっかくおいしくできた梅シロップも傷みやすくなってしまったりカビが生えたりしてしまいます。

瓶だと熱湯消毒が一般的ですが、プラスチックの容器だとそうはいきません。

耐熱温度は60度なので、たとえ沸騰していないポットのお湯くらいの温度でも変形してしまうので気をつけてくださいね。

食洗機や電子レンジももちろんNGですよ。

 

プラスチック容器を消毒するのにおすすめなのは、アルコール消毒です。

アルコール消毒の方法

使うもの:焼酎やホワイトリカーなど45度以上のアルコール/もしくはキッチン用のアルコールスプレー

  1. 容器をきれいに洗って、完全に乾燥させる(できれば天日干しがベスト)
  2. 焼酎やホワイトリカーを容器に入れ、ぐるっと一周まんべんなく行き渡らせる/アルコールスプレーの場合は全体にまんべんなく吹きかける
  3. しっかり全体に行き渡ったらお酒を捨てる
  4. アルコールが気になる場合は、きれいな布巾やキッチンペーパーなどで拭く

消毒するときは蓋も忘れずに消毒してくださいね。

 

我が家では以前ホワイトリカーなどで消毒していたのですが、今はもっぱらアルコールスプレーで消毒しています。

キッチン用のアルコールスプレーのおすすめはドーバーのパストリーゼ77です。

 

実は私パティシエをしていたことがあるのですが、その時にお店で使っていたんですよね。

生クリームやフルーツなど痛みやすい食材を使うケーキ店では、何を作るときにもボールやナイフにひと吹きしてから作業していました。

なんとアルコール77%とすごく高いうえに、食品にも直接かけられるんです。

夏場のお弁当などにはお弁当箱と蓋にひと吹き、常備菜を作ったときにもタッパーにひと吹きするだけでもちがちがいますよ。

それ以外にダイニングテーブルを拭く時や冷蔵庫のお掃除、車のフロントガラスの掃除にも使えて万能なんです。

一家に一本あると便利ですよ。

 

スポンサーリンク

梅シロップや梅ジュースをプラスチック容器で作るときの保存方法

梅シロップを作って2週間ほどたち、砂糖も全部溶けて梅の水分が全部抜け切ったらいよいよ飲み頃です。

けれど飲み始める前に、どうやって保存すればいいの?って考えちゃいますよね。

大きな瓶や容器のまま常温で保存でも問題はないですが、蓋をあけたり閉めたり、また空気にたくさん触れたりすることによってどうしても酸化しやすくなったり痛みやすくなります。

できれば飲みきる期間によって、きちんと保存をしたいですよね。

 

梅シロップを1~2ヶ月で飲みきる予定の場合

我が家もそうですが、いつも6月頃にできあがった梅シロップは7・8月の暑い時期に毎日のように飲むので、あっという間になくなってしまいます。

9月に入る頃にはいつもなくなってしまっています。

それくらいの短期間で飲みきる予定の場合は、そこまで神経質に考える必要はないです。

我が家では100均で買ってきた1リットルの容器何本かにわけて、冷蔵庫で保管をしています。

もちろん容器はきちんと洗って乾かして、先ほど紹介したパストリーゼ(キッチン用アルコールスプレー)を内側に吹き付けてから移し変えています。

けれどシロップを煮沸したりまではしていないです。

煮沸させると香りが飛んで風味も変わってしまうので、なるべくできたままの美味しい味を味わうためにもそのまま移し変えるだけで飲んでいますよ。

 

梅シロップを長期保存したい場合

梅シロップを長期保存したい場合は、できれば煮沸してから保存したほうが安心です。

煮沸の方法はとっても簡単。

梅を取り除いてシロップだけをお鍋に入れて火にかけます。

沸騰しそうになったら弱火にして、コトコト15分くらい煮込んだらOKです。

必要なのは殺菌のためなので、80度以上で加熱することです。

途中でアクがでるのできれいに取り除いてくださいね。

火を止めて冷ましたら、アルコールか煮沸消毒した容器に移し替えて保存をします。

ガラス製の瓶で作った場合は、お湯をはった鍋の中に瓶ごと梅シロップを入れて15分ほど加熱する方法でも大丈夫ですよ。

 

ペットボトルに入れて冷凍してもOK?

たくさん作りすぎてしまった場合、一番簡単に保存できる方法が冷凍保存ですよね。

使用済みのペットボトルをきれいに洗って、梅シロップを入れて冷凍するのももちろんありですよ。

その場合はぎりぎり満タンまでいれずに、8分目くらいにしておいてくださいね。

冷凍することで膨張し、蓋の間からシロップが漏れてきてしまったり、ひどいときには破裂してしまうこともありますよ。

ペットボトルに移し変える場合は、2リットルなどの大きなものではなく500mlくらいの小さめのペットボトルに小分けにしたほうが、解凍した後も痛む前に飲みきれるのでおすすめです。

また冷凍保存でおすすめなのは、製氷機で梅シロップを凍らせて、凍ったらジップロックなどに入れ替えて保存する方法です。

これだと好きな分だけ溶かすことができますし、お水に直接氷のように入れて溶かしながら飲むこともできます。

たとえば夏場の暑い時期に水筒にお水とシロップを入れて持っていけば、氷で薄まることもなく美味しい梅ジュースがのめますよ。

 

梅シロップがブクブク泡立って発酵してしまった場合

梅シロップを作る過程で砂糖がなかなか溶けなかったりすると、梅が発酵してしまう場合があります。

その時にはブクブクと炭酸の泡のようなものが梅の周りについて、発酵した様子が見られます。

また蓋を開けるときに「ポンッ!」と音がしたりもします。

そんな発酵してしまったときは、飲む前に煮沸したほうがいいですね。

先ほど紹介したのと同じようにシロップだけを煮沸して、アクを取り除いたら消毒した容器に入れて保存してください。

漬けてから10日以内で梅がしわしわでない場合は、梅は戻してしっかりエキスを出しましょう。

もし梅をつけてから10日以上たっている場合、もしくは梅の実がしわしわの場合は実は戻さずシロップだけで保存します。

 

梅シロップを発酵させないためには、とにかく梅の水分を早く出してしまうことが大切です。

毎日1~2回きちんと容器をゆすってあげれば砂糖が全体に行き渡って、梅の水分も出やすくなりますよ。

なるべく発酵させないためにも、毎日こまめに面倒をみてあげてくださいね。

 

梅シロップ 梅ジュースの作り方いろいろ

基本的な梅シロップの作り方をご紹介しておきますね。

なんと炊飯器を使って1晩でできてしまう方法もあるので、もしすぐに作りたいっていう場合はやってみてもいいと思いますよ。

 

シンプルな梅シロップ

梅シロップ

梅シロップ

by 神田 美紀

調理時間:
Comment

旬の恵みを瓶に閉じ込めて、梅ジュースや梅スカッシュにして、夏をのりきりましょう!

このレシピを詳しく見る

 

りんご酢入りの梅サワーシロップ

青梅のシロップ

青梅のシロップ

by はっとりみどり

調理時間:30分
Comment

青梅とりんご酢で作る、夏にぴったりの爽やかなシロップです。初めての方でも作りやすいレシピです。

このレシピを詳しく見る

 

炊飯器で作ってその日に飲める梅シロップ

炊飯器で作る梅シロップ その日に飲めます!

Comment

梅シロップを作るには、時間をかけて天然で抽出するのが一番おいしいことはわかっているのですが、人間には誰しも「早く作って早く飲みたい!」というワガママな気持ちもあるものです。(笑)そんな時、我慢をせずに炊飯器でチャッチャと作ってしまいましょう!

このレシピを詳しく見る

 

まとめ

いかがでしたか?

簡単にできる梅シロップも、なかなか容器を用意することを考えると億劫になりがちですよね。

けれど今回ご紹介したプラスチックの容器なら、手軽に作ることができますよ。

しかも梅シロップを作った後は、他の食材なんかを保管するのに使えるのでまさに一石二鳥!

梅ジュースって子供の水分補給にとってもいいですし、牛乳やサイダーで割ったり夏場はカキ氷にかけたりしてもおいしいですよ。

ぜひ梅シロップ作り、挑戦してみてくださいね!

梅シロップを作りたいけど容器に悩んでいるっていう方の参考になればうれしいです。

 

あわせて読みたい

冷凍梅を使って梅シロップを作る場合の、霜の処理についてはこちら。

 

梅シロップの砂糖が溶けない場合の対処法はこちら。

 

我が家では毎年味噌作りもやっています。

案外簡単に美味しいお味噌ができるのでおすすめですよ。

 

スポンサーリンク