ハワイ

ハワイ島チャーターガイドツアーをベルトラで予約した体験談。1日のスケジュールプラン。

先日ハワイ島へ行ってきたときのこと。

国際免許でレンタカーを借りる勇気はなかったので、基本は歩いて行ける場所やタクシーで移動をしていました。

けれど1日はやっぱりハワイ島の魅力をガッツリ味わいたい!と思って、1日日本語ガイドのチャーターツアーを海外ツアー専門のVELTRA(ベルトラ) で予約しました。

1日たっぷりとハワイの観光をできて、家族全員大満足でしたよ。

今回はそんな、1日ガイド付きのチャーターツアーの様子をお伝えしたいと思います。

自分たちでレンタカーで回るときにも、時間の目安になると思うのでぜひ参考にしてくださいね^^

 

今回のハワイ旅行のまとめ記事を、旅サイト『わーとら!』へ寄稿させてもらいました。

『わーとら!』には、海外旅行で使える情報が盛りだくさん!

ハワイだけではなく中国や台湾、シンガポール、タイ旅行などいろいろな国についての情報や、海外旅行へ行く時に持っておきたいカード情報などが満載!

海外旅行へ行く前には、ぜひ目を通しておきたいサイトですよ。

スポンサーリンク

ガイド付きチャーターツアー タイムスケジュール

今回、私は日本にいるときから前もってベルトラで日程を決めてチャーターツアーの予約をしていました。

予約時には大まかに行きたいところは伝えておきましたが、細かい部分については当日相談すればいいとのことで、そこまで詰めたスケジュールは決めていません。

結果的に、当日の朝にパパっと行きたい予定を伝えて、後はその時の成り行きというか時間を調整しつつ予定を盛り込んだ内容になりました。

先に今回我が家が回ったコースをお伝えしますね。

チャーターツアータイムスケジュール

  1. AM9:00 お迎え
  2. AM9:10 レインボーフォールズ見学
  3. AM9:40 カメハメハ大王像
  4. AM10:00 ビッグアイランドキャンディーズ
  5. AM11:00 ヒロの町 ダウンタウン散策
  6. AM12:00 キラウェア火山へ向かって移動
  7. AM12:50  Ohelo Cafeで昼食
  8. PM1:50 キラウェア火山観光
  9. PM2:50 チェーンオブ・クレーターズ・ロード往復
  10. 帰路⇒PM5:00 ホテル着

もともと朝9時から16時までの7時間で予約をしていましたが、実際には少し予定が押してしまったので17時までの8時間、1時間延長をすることになりました。

内容によっては1時間延長するかもしれないということは前もって伝えていたので、延長もスムーズにすることができましたよ。

 

ハワイ島ガイド付きチャーターツアーの流れ

ではここからは、当日のツアーの様子をお伝えしたいと思います。

別記事で詳しく書いている内容などもあるので、そちらも合わせて参考にしてくださいね。

1.AM9:00 お迎え

まずは朝、予約していた9時ちょうどに1台のバンで宿泊していたホテルまでお迎えに来てくれました。

 

実はヒロ発のチャーターツアーって調べてみたところなかったのですが、こちらのマナツアーズだとプラスの料金を支払うことで、ヒロまで迎えに来てくれるんです。

今回は84歳の義母や5歳の息子もいたので、どうしても日本語のガイドさんでのツアーを予約したかった我が家。

その為少しお値段は張りましたが、日本語ガイドでヒロのホテルまで迎えに来てくれるツアーを予約しました。

 

車は大き目のバンで8人乗り。

私たちは5人だったので、助手席と2列目に2人、3列目に2人とゆったり乗ることができました。

 

1人1本お水もいただいて、1日の長い観光に出発です!

 

2.AM9:10 レインボーフォールズ見学

まずホテルから最初に向かったのは、午前中だと虹が見える確率が高いというレインボーフォールズです。

 

ホテルから約10分と、あっという間についてしまいました。

駐車場も広めで、観光客も朝早かったからかそこまで多くはありませんでした。

 

黄色いハイビスカスがハワイらしいですね。

 

肝心の滝はこちら。

 

ちょうど太陽が雲に隠れてしまったこともあり、虹は見ることができませんでした。

かなり水量が多く、そんなに高くから落ちているわけではありませんが、水しぶきがすごいです。

 

たしかにこれは、太陽の光が当たると虹が見えそうな感じですね。

説明書きはちょっと古ぼけた感じ。

 

虹が出るかもしれないということで、滝の左脇から続く階段を少し上がって時間をつぶしてみることに。

 

ジャングルのような熱帯植物がたくさん生い茂っています。

こんな見たこともないような花も、落ちていました。

 

上に上がると、滝の上流が見えます。

岩がゴツゴツした河原のような感じになっているんですね。

 

そしてこのさらに奥に歩いていくと…

 

トトロの物語に出てきそうな森が広がっています。

 

 

そして1番奥には、こんな森の主のような大木が!

 

すごく幻想的な森なので、ぜひレインボーフォールズへ行ったら頑張って階段を上って、こちらの森まで行ってみてくださいね。

ちなみに足元はこんな感じで木の根だらけで、かなり歩きにくいです。

苔で滑りやすくもあるので、歩くときには気を付けてくださいね。

結局少し散策しても虹が見えることはなかったので、残念ながら念願の虹は見ないままレインボーフォールズを後にしました。

 

もうひとつハワイ島北部にあるアカカフォールズも行ってみたかったのですが、調べたところそちらは車を停める場所から滝まで少し階段を歩く必要があるとのこと。

今回は84歳の義母がいたので、やめておくことにしました。

 

スポンサーリンク

3.AM9:40 カメハメハ大王像

続いてはレインボーフォールズから海沿いの道へ戻り、少し進んだ場所にあるカメハメハ大王像に寄ってくれました。

 

息子も保育園で『南の島のハメハメハ大王』の歌をよく歌っているみたいなので、あの歌の王様なんだよーと教えておきました。

けれど実際は、歌の『ハメハメハ大王』はカメハメハ大王の友達という設定みたいですね^^;

本楽曲の「ハメハメハ大王」には「カメハメハ大王の友達」という設定がある。本楽曲のタイトルもしばしば「カメハメハ」と間違えられるが、正しくは「ハメハメハ」

引用:ウィキペディア「南の島のハメハメハ大王」

 

ハワイには3体のカメハメハ大王像があるようなのですが、こちらが1番新しい3体目の像だそうです。

 

カメハメハ大王像の前は、かなり広い道路になっていてみんな見学する人は路駐をしていましたよ。

 

芝生もきれいに手入れされていて、時間があったらここでのんびりお弁当などを食べるのも気持ちよさそうです。

 

ちなみに道路沿いに置かれている石が全部白く塗られていたのですが、これはハワイ島はイロミア天文台がある関係で街灯が極端に少ないんだとか。

その為夜は真っ暗なので、道がわかるようにライトで光る白い色を塗った石が置かれているんだそうです。

日本でいう光る縁石みたいなものですね。

こんな豆知識を教えてもらえるのも、ガイドツアーの楽しみの一つですよね。

 

4.AM10:00 ビッグアイランドキャンディーズ

カメハメハ大王像を後にし、本当はヒロのダウンタウンが近いのでそちらを回ろうかと思ったのですが、まだこの時間だと空いていないお店もあるのでちょっと遅くした方がいいとのこと。

なのでその次に行く予定だった、ビッグアイランドキャンディーズへ先に行ってもらいました。

 

さすがに観光客がみんな寄るようなお店だけあって、サービスも最高。

試食もたくさんもらえたり、日本人の店員さんもいろいろ教えてくれるので、結局1時間近くも長居してしまいました^^;

クッキーやチョコを作っている様子の工場見学もできますよ。

 

そしてお店を出たところでガイドさんが教えてくれたのが、駐車場の脇にたくさん植えられているコーヒーの木の花。

 

なんでもコーヒーの花は、年に2日間しか咲くことはないそうです。

たまたま私たちが行った日の2日前くらいに咲いたらしく、タイミングよく白い花を見ることができました。

ビッグアイランドキャンディーズの様子は、こちらに詳しくまとめています。

ビッグアイランドキャンディーズ本店レポ!ヒロへ行ったら必ず行きたいお店!先日ハワイ島へ行ってきたときに、ハワイでも有名なクッキー店『ビッグアイランドキャンディーズ』本店へ行ってきました。 人気があるだけあっ...
スポンサーリンク

5.AM11:00 ヒロの町 ダウンタウン散策

続いてはヒロの町のダウンタウンで、ショッピングです。

ビッグアイランドキャンディーズでたくさん試食をしてお腹もちょっと一杯になってしまったので、お昼ご飯までの腹ごなしも兼ねて1時間ほど歩きました。

ヒロのダウンタウンはお店がとってもかわいくて、それだけで絵になるんですよね。

 

昔の映画のセットのような、どこか懐かしい雰囲気があります。

 

そこまで人も多くなく、またお店の人も売ろうという気持ちがあまりないのかそんなに話しかけてきたりすることもありませんでした^^;

英語が苦手な私は、話しかけられたらどうしようとちょっとドキドキしていたのですが、特に何も買わなくてもすんなりとお店を出ることができましたよ。

 

ディスプレイも各店とってもおしゃれでかわいくて、ウィンドウショッピングだけでも楽しめます。

 

お値段はハワイ価格で、どのお店もそんなにお安くはありません。

けれどたまにお値打ち品のような掘り出し物が見つかることもありそうなので、いろいろなお店を覗いてみました。

 

こちらはアロハシャツなどで有名な『シグ・ゼーン・デザインズ』です。

扉が奥まっているので見落として、1度通り過ぎてしまいました。

想像通りとってもおしゃれで、しかも日本人のスタッフさんもいたので安心でした。

ただやっぱりお値段はかなり高級なので、さすがにお土産に1枚…とはいかなかったですね^^;

 

津波ミュージアムなんかもあるので、時間があればぜひ寄ってみたかったですね。

 

そんなこんなで1時間ほどのんびりとお買い物を楽しみました。

84歳の義母は歩くのは疲れるということで、ガイドさんと一緒に駐車場の車の中でお留守番。

車はずっとエンジンをかけて冷房もかけておいてくれたので、先ほど購入したビッグアイランドキャンディーズのお土産が溶けることもなく助かりました。

義母とガイドさんも、出身地が近かったりで思わぬ話に花が咲いていたようです。

話好きの義母にもとっても親切にしてくれたので、義母もガイドさんのことは気に入っていましたよ。

 

ヒロのダウンタウンの端にはファーマーズマーケットがあります。

こちらには別の日に父と二人で繰り出したので、その様子はこちらをご覧くださいね。

ハワイヒロのファーマーズマーケット土曜日レポ。駐車場や時間、治安まとめ。ハワイ島の中心地ヒロ。 ダウンタウンの一角に、ヒロの地元の人も通うファーマーズマーケットがあります。 どうしても行ってみたかったので...

 

6.AM12:00 キラウェア火山へ向かって移動

ヒロの町を楽しんだところで、今回のメインイベントであるキラウェア火山観光へと向かいます。

キラウェア火山国立公園までは、ヒロの市内からだいたい車で1時間ほど。

お腹もそこまですいていないので、ヒロの市内ではなくキラウェア火山の近くにあるお店で昼食をとることにしました。

なのでしばらくは車で移動です。

移動中もハワイでの生活のことやいろいろなお話をしてくださり、とっても興味深かったです。

私は息子と一緒に1番後ろに座ったのであまり会話には参加できなかったのですが、やっぱりハワイに住む日本人の方に話を聞くと、わかりやすいですよね。

スポンサーリンク

7.AM12:50  Ohelo Cafeで昼食

お昼ご飯はガイドさんおすすめの『Ohelo Cafe』というお店でとることにしました。

こちらではあまりレストランの情報を調べていなかったのですが、ガイドさんがいくつかの候補を用意してくれていたので助かりました。

 

店内はそこまで広くはないですが、月曜日なのにたくさんの人でにぎわっていましたよ。

 

イタリアンのメニューが中心で、ピザやバーガーなどいろいろなメニューがありました。

 

せっかくなのでガイドさんも一緒にとお誘いして、5人+ガイドさんでメニューをシェアすることに。

先ほどのビッグアイランドキャンディーズでの試食がまだ響いていて、そこまでみんなお腹は空いていません^^;

それに大きさもわからないので、少し少なめにオーダーしてみることに。

ピザを2枚とバーガー、シーザーサラダを頼んでみました。

案の定ピザはかなりの大き目サイズ。

けれどクリスピーな薄めの生地で、とっても美味しかったです。

 

こちらのピザも、オリーブが効いていていい感じ。

 

バーガーには山盛りのポテト。

 

中のお肉も大きくてジューシーです。

 

サラダはロメインレタスっぽいレタスでしたが、1枚の葉っぱが小さくてちょっと面白かったですね。

 

父は地ビールのセットを注文。

4種類の地ビールが選べて、全種類頼んだので飲み比べが楽しかったです。

(飲みかけの写真でごめんなさい><)

ガイドさんも実は初めて来たお店らしいのですが、地元の食材を使っているようでかなり美味しいほうだと言っていました。

注文するときもガイドさんがいろいろ質問してくれたりしたので、とっても助かりましたね。

ガイドツアーには基本的には食事などが付いていないので、自分たちで行きたい店やガイドさんのおすすめしてくれるお店で食事をします。

ガイドさんも一緒に食事しなくてもいいのかもしれませんが、せっかくなのでご一緒してもらっていろいろなお話を聞ける方が楽しいですよ。

 

Ohelo Cafe詳細

  • 住所:19-4005 Haunani Rd, Volcano, HI 96785
  • 電話:+1 808-339-7865
  • 営業時間:11時30分~14時30分/17時00分~20時30分
  • HP:https://www.ohelocafe.com/

スポンサーリンク

8.PM1:50 キラウェア火山 カルデラ見物

お腹もいっぱいになったところで、いよいよキラウェア火山国立公園に入ります。

ここからの様子はは長くなってしまうので、キラウェア火山の観光としてこちらの記事にまとめました。

全部を回ることはもちろんできませんでしたが、見どころをガイドさんがピンポイントで案内してくれたのでとっても効率的に回れましたよ。

【2019年最新】ハワイ島キラウェア火山国立公園観光レポハワイ島へ行ったら、5歳の息子が絶対にみたいと言っていたのが『火山のマグマ!』 溶岩がどろどろと赤く溶けて流れる様子を見たいと、ハワイ...

 

9.PM2:50 チェーンオブ・クレーターズ・ロード往復

そしてもう一つ絶対に行ってみたかった、チェーンオブ・クレーターズ・ロードも走ってもらいました。

見渡す限り溶岩が続いているような場所に作られた道で、実際に溶岩の上を歩いたり触ったりすることができます。

実はこの3日ほど前にヘリコプターツアーに参加して、溶岩の様子は上から見ていました。

ブルーハワイアンヘリコプター火山ツアー口コミ。日本語ツアーでなくても大丈夫。ハワイ島へ行ったら1度やってみたかったのが、ヘリツアー。 ビッグアイランドを空から見下ろし、火山や溶岩、そして海や街を眺めるなんて最高...

 

けれどだからこそ、余計に実際の様子を目の前で見てみたかったんです。

キラウェア火山国立公園には、他にも『トーマス・ジャガーミュージアム』や『キラウェア・ビジターセンター』などの施設もたくさんあります。

けれどどちらかというと実際の溶岩の様子などを目で見たかったので、そちらへ行くよりチェーンオブ・クレーターズ・ロードを走ることを優先してもらいました。

この時点でもともとの予定の16時は確実に過ぎてしまうので、17時までの延長になってしまうがいいかという確認もありましたよ。

もちろんそのつもりだったので、1時間分の料金を支払っての延長をお願いしました。

 

チェーンオブ・クレーターズ・ロードでもガイドさんがいいポイントで車を停めてくれて、いろいろと説明もしてくれるのでとってもわかりやすかったですよ。

こちらの様子も先ほどのブログの中に合わせて書いているので、ぜひ参考にしてくださいね。

キラウェア火山国立公園へ行ったら、絶対に車で走ってみてほしいです。

【2019年最新】ハワイ島キラウェア火山国立公園観光レポハワイ島へ行ったら、5歳の息子が絶対にみたいと言っていたのが『火山のマグマ!』 溶岩がどろどろと赤く溶けて流れる様子を見たいと、ハワイ...

 

10.帰路⇒PM5:00 ホテル着[/box04]

チェーンオブ・クレーターズ・ロードから戻ってくると、すでに16時過ぎです。

帰り道はちょっとみんな疲れてしまったのか、寝てしまっていましたね。

けれどガイドさんは朝早くから来てもらっているにも関わらず、しっかりと運転をしてくれました。

帰り道になって初めて天気が少し崩れて、霧が立ち込める場面も。

 

けれどヒロの町へ戻るころには天気も回復し、外の風景を眺めていてもハワイの大自然が感じられて楽しかったです。

そして予定通り、17時10分ごろに無事にホテルに送り届けてもらいました。

 

延長分の代金は、その場でカードでの支払いも可能とのことでクレジットカードで支払いました。

1時間分は70ドルでしたよ。

最後にガイドさんと記念写真を撮ってもらって、またハワイへ来たときにはお願いしますとお話ししつつ見送りました。

8時間ととっても長いツアーになりましたが、車の運転もせずに日本語でいろいろなお話を聞くことができ大満足でした。

そして何といっても、84歳から5歳という年齢の幅にもいろいろ対応してくれたので、大人数のバスツアーなどを依頼するよりも満足度が高かったです。

またハワイへ行くことがあったら、こういったチャーターツアーをお願いしたいなと思いました。

スポンサーリンク

ハワイ島現地ツアーのおすすめはベルトラで探そう!

今回我が家がお願いしたツアーは、海外現地ツアーの予約サイトVELTRA(ベルトラ) で予約しました。

予約したのはこちらのツアーです。

マナツアーズ ハワイ島貸切チャーターガイドツアー

 

他にもチャーターツアーはいくつかあったのですが、ヒロ地区まで送迎してくれるツアーはとっても少なかったんですよね。

ちなみにマナツアーズは他のガイドさんも皆さん女性だそうです。

今回担当してくれたガイドさんは、足場が悪いところで84歳の義母をしっかりとサポートしてくれたり、お買い物中も車でお話しして待っていてくれたりと、とても機転がきいて頼れるガイドさんでした。

やっぱり気づかいをしてもらえるポイントなどは、男性より女性ガイドさんのほうがいいかなと思いましたね。

 

費用は7時間+1時間の貸し切り、+ヒロまでの送迎付きで合計725ドルでした。

ガイドツアーの内訳

  • 7時間ツアー:505ドル
  • 延長1時間:70ドル
  • ヒロt九往復送迎:150ドル

決してお安くはありませんが、大人4人+子供1人の計5人だったので、1人当たりで計算すると145ドル。

1ドル113円で計算すると、16,000円ちょっとの金額です。

けれどこのお値段で、自分たちの好きなところへ案内してもらえ、さらにいろいろな豆知識や現地の人しか知らないお話まで聞けるので、やっぱりよかったかなと思います。

それに現地のバスツアーなどだと、キラウェア火山で溶岩ウォークをするだったり星空をミルだったりで、年齢制限があったりすることも多いんですよね。

5歳も84歳も一緒に参加するとなると、やっぱり既定のツアーよりも自分たちに合ったオリジナルのスケジュールで進めることができるチャーターツアーのほうがおすすめです。

ベルトラにはチャーターツアー以外にも、ヘリツアーやジップライン、シュノーケリング、ホエールウォッチングなど魅力的なツアーがたくさんありますよ。

ぜひハワイへ行く前には、一度見ておいてくださいね。


ベルトラでハワイ島の現地ツアーを見る>>

 

ハワイ島 ガイド付きチャーターツアー まとめ

今回ハワイ旅行での1番のメインイベントとなった、ガイド付きのチャーターツアーの様子をお伝えしました。

ハワイ島はビッグアイランドと呼ばれているだけあり、ハワイ諸島の中で1番大きな島です。

もちろん時間をかければ車で1周することも可能ですが、なるべくポイントを押さえた観光がしたいという時にはチャーターツアーがおすすめですよ。

我が家のように年齢層の幅がある場合には、特に選んでよかったなと思いました。

ぜひこれからハワイ島で観光をしようと思っている人は、参考にしてくださいね^^

 

ハワイ島関連記事あれこれ

今回のハワイ島での旅行で行った場所やハワイの情報は、こちらにまとめています。

もし興味があるものがあれば、ご覧くださいね。

 

  • ホノルル空港とヒロ空港でのフリーwi-fi接続方法
【2019最新】ハワイホノルル空港とヒロ空港でフリーwi-fiを利用する方法。ハワイの玄関口、ホノルル空港。(現在はダニエル・K・イノウエ国際空港) 日本への帰り道の飛行機を待つ間や、ハワイの離島への乗り換え時に...

 

  • 火山を空から一望 キラウェア火山ヘリツアー
ブルーハワイアンヘリコプター火山ツアー口コミ。日本語ツアーでなくても大丈夫。ハワイ島へ行ったら1度やってみたかったのが、ヘリツアー。 ビッグアイランドを空から見下ろし、火山や溶岩、そして海や街を眺めるなんて最高...

 

  • 雨の日の観光におすすめ ヒロのショッピングセンター 『PRINCE KUHIO PLAZA』
ハワイ島ヒロ 雨の日や日曜日はショッピングセンターがおすすめ。子連れで買い物や食事もOK!ハワイ島で1番大きな町ヒロ。 リゾート地の西側、カイルア・コナやワイコロアの雰囲気とは違い、のんびりとした昔懐かしい土地柄が特徴です。...

 

  • 地元民も集まる市場 ヒロ ファーマーズマーケット
ハワイヒロのファーマーズマーケット土曜日レポ。駐車場や時間、治安まとめ。ハワイ島の中心地ヒロ。 ダウンタウンの一角に、ヒロの地元の人も通うファーマーズマーケットがあります。 どうしても行ってみたかったので...

 

  • ハワイ島へ行ったら必ずお土産にしたい!ビッグアイランドキャンディーズ
ビッグアイランドキャンディーズ本店レポ!ヒロへ行ったら必ず行きたいお店!先日ハワイ島へ行ってきたときに、ハワイでも有名なクッキー店『ビッグアイランドキャンディーズ』本店へ行ってきました。 人気があるだけあっ...

 

  • 地球の力を体感できる キラウェア火山観光まとめ
【2019年最新】ハワイ島キラウェア火山国立公園観光レポハワイ島へ行ったら、5歳の息子が絶対にみたいと言っていたのが『火山のマグマ!』 溶岩がどろどろと赤く溶けて流れる様子を見たいと、ハワイ...

 

  • ヒロでのんびり過ごすなら…リリウオカラニ公園とココナッツアイランド
ハワイ島ヒロ リリウオカラニ公園とココナッツアイランドを散策先日ハワイ島のヒロに5泊滞在してきました。 宿泊したグランド・ナニロア・ホテルからほど近い場所にあった『リリウオカラニ公園』と『ココナ...

 

  • 空港から近くロケーションも最高のホテル 『グランド・ナニロア・ホテル』
ハワイ島ヒロ『グランド ナニロア ホテル』へ宿泊した口コミハワイ島で1番大きな町ヒロ。 今回家族でヒロに5泊するハワイ旅行へ行ってきました。 下は5歳の息子から上は84歳の義母まで、年齢も幅...
スポンサーリンク