公園・遊園地・遊び場

アドベンチャーワールドは雨でも最高!雨の日の注意点と持ち物まとめ

先日関西への帰省時に、前もって予定していた1泊2日の南紀白浜旅行。

メインイベントはもちろん和歌山県のアドベンチャーワールドです!

とっても楽しみにしていたのに、当日の天気予報は1日雨・・・

やっぱり雨だとせっかくの楽しい気持ちも半減しちゃいますよね。

アドベンチャーワールドへ今まで1度も行ったことがなかったので、雨対策を万全にして行ってきたのですが、結果から言うと全然雨でも問題ありませんでした!

っていうか、ほとんど雨にもぬれないし空いているしで、逆に雨の日に行けてよかった~!って思うくらい快適でしたよ。

今回はアドベンチャーワールドでの雨対策雨の日に必要な持ち物をまとめてみました。

また雨の日にはやっていないアトラクションもまとめています。

せっかくアドベンチャーワールドへ行くのに、雨で残念・・・なんて思っている人は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

これを読めば、雨の日だからアドベンチャーワールドに行きたい!って思えるかもしれませんよ(笑)

1日園内を回ったスケジュールや所要時間はこちらの記事にまとめています。

アドベンチャーワールドの所要時間と回り方。1日回ったコースを紹介!先日初めてのアドベンチャーワールドへ行ってきました! 初めてアドベンチャーワールドに行くときには、いったい何にどれくらいの時間がかかっ...
スポンサーリンク

アドベンチャーワールドが雨でも楽しめる理由

雨の日にアドベンチャーワールドに行ってみて、とにかくびっくりしたこと。

それは雨が降っても大丈夫なように、各施設の間に屋根があることです。

入り口ももちろん屋根がありますし、その先に続いているエントランスドームも大きな屋根があるのでぬれることはありません。

 

動物達がいる建物間もつながっていないのですが、こんな感じで渡り廊下のように屋根が続いています。

 

 

とにかく傘をささなくても移動ができるように、徹底して屋根があるんですよね。

本当にこれには驚きました。

園内マップ左側の赤線で囲った部分は、まったく傘をささずに移動することができましたよ。

 

あとはケニア号に乗ってしまえば、サファリワールド内も一周濡れずに回ることができます。

これならほとんどのことが、雨でも晴れの日と同じように楽しめますよね。

 

子連れにはエンジョイドームも助かる!

もう一つ雨なのに子どもが思い切り遊べるのが、エンジョイドームです。

アドベンチャーワールドには遊園地のような乗り物もたくさんあるのですが、雨だと屋外の乗り物はほとんど動いていません。

我が家が行った日も、こんな感じでメリーゴーランドと観覧車以外は営業停止していました。

 

通常の遊園地であればまったく楽しむことができないこの状況でも、アドベンチャーワールドにはなんと屋根のあるエンジョイドームというエリアがあるんです。

 

屋根のあるドーム上のスペースなのですが、ここには雨の日でも営業している乗り物があるんです。

ちょっとショーまでの時間をつぶしたいときや、子どもの機嫌が悪くなってご機嫌取りをしたいときなんかにももってこいですよ。

ジェットコースターやコーヒーカップ、ゴーカートなんかもあります。

 

我が家も間でショーまでの時間が余ったので、その時間にこのエンジョイタワーで20分遊んでもらいました。

 

フリーパスを買わなくても、1つずつの乗り物の乗り物券で乗ることができるのでちょっとした時間つぶしにぴったりでしたよ。

晴れていると外の乗り物にも乗りたい!となってしまいますが、雨だと動いていないので諦めもつきますしね。

フリーパスを購入するのはもったいないですが、1つ2つ乗り物に乗って時間をつぶすにはもってこいの場所です。

アニマルライドやわんわんガーデンのなかよし散歩ができない分、エンジョイドームの乗り物で楽しむのもありですよね。

スポンサーリンク

アドベンチャーワールドで雨だからできなかったこと

今回雨の日だからといって、もともと予定していてできなかったことはほとんどありませんでした。

けれどあえて言うのであれば、この4つは雨の日には難しいかなと思います。

雨の日はできないこと

  • ウォーキングサファリ/サイクリングサファリ
  • わんわんガーデン
  • アニマルライド/ホースキャンプ
  • 屋外の遊園地 

 

ウォーキングサファリ・サイクリングサファリ

ウォーキングサファリは雨でもできないわけではありません。

私が行った日も、傘をさしたりカッパを着て歩いて回っている家族もいました。

けれど1週50分ほどかかるコースを雨の中回るのも、けっこう大変ですよね。

小雨であればいいと思いますが、本降りになってしまうと動物達も雨宿りをしたりあまり見えなくなってしまいます。

雨の日はウォーキングサファリより、ケニア号に乗って一周回ったほうがいいと思いますよ。

 

また自転車を借りて回るサイクリングサファリは、さすがに雨の中傘をさしながら自転車に乗るのが大変なのでやめておいたほうがいいと思います。

小雨ならカッパを着て回るのもありですが、ちょっとリスクが高いですよね。

 

わんわんガーデン

たくさんの犬達が自由に走り回っているわんわんガーデンは、雨の日は残念ながら開いていません。

けれど実は、そんな雨の日でも犬達に会うことはできるんですよ。

雨の日限定で、エンジョイドームの2階にわんわんガーデンのわんこ達が出張されています。

 

走り回ることができないので、わんこ達はかなりのまったりムードですが触ったりすることができますよ。

もちろん入場も無料です。

一緒にお散歩はできませんが、わんこ好きな人はぜひのぞいてみてくださいね。

 

アニマルライド・ホースキャンプ

ホースや馬に乗れるアトラクションは、雨の日は行っていないです。

こればっかりは諦めるしかないですね。

馬に乗りたいのであれば、雨以外の日にいくようにしましょう。

 

屋外の遊園地

先ほど書いたとおり、屋外の遊園地は雨の日は動いていません。

動いているのは観覧車とメリーゴーランドくらい。

けれどエンジョイドーム内の乗り物はすべて動いているので、もし子どもが乗り物に乗りたいといった場合はエンジョイドーム内で遊ぶことができますよ。

そこまでスピードがでる乗り物やスリルのあるものはありませんが、小学校低学年くらいまでであれば楽しむこともできると思います。

スポンサーリンク

アドベンチャーワールド 雨の日の持ち物と雨対策

雨のアドベンチャーワールドに持っていったほうがいいものをまとめてみますね。

あまり濡れないので特にこれといって必要なものはないのですが、最低限持っていったほうがいいものになります。

  1. 折りたたみ傘
  2. 子供用カッパ
  3. 歩く子どもは長靴
  4. ベビーカーの場合はレインカバー
  5. ビニール袋・タオル・着替え

①折りたたみ傘

基本的には雨の日でも、アドベンチャーワールド内ではほとんど濡れることなく移動ができます。

傘をさすことも、ほとんどありません。

傘をさすタイミングとしては、ふれあい広場内を回る時と、ウォーキングサファリの時くらいだと思います。

この2箇所を回らないのであれば、本当に傘はなくてもいいくらいでしたよ。

なのでどちらかというと、大きな傘を持っていくよりは折りたたみの傘を持っていくことがおすすめです。

必要になったときだけさせるように、人数分の折りたたみの傘で十分です。

 

②子供用カッパ

また子どもには、傘よりカッパのほうがいいかなと感じました。

特に幼児であれば、傘をさしながらまっすぐあるくのも難しいですしね。

また風があったりすると、特に傘をさすのは大変です。

我が家の5歳児もカッパを着てふれあい広場を回りましたが、特に問題ありませんでしたよ。

 

③子供用長靴

長靴は子どもがたくさん歩きそうな場合は、履いておいたほうがいいかなと思います。

我が家も今回息子には、長靴を履かせておきました。

なのでふれあい広場を歩いたときにも、水溜りを気にせずに歩かせることができて安心でしたよ。

 

抱っこが多い子どもだと、長靴は脱げやすかったりするので普通の靴でいいと思います。

またよちよちの子どもも長靴だと歩きにくいので、普通の靴のほうがいいかもしれませんね。

基本的に移動の時はこんな屋根があるので、そこまで地面がぬれていることもありませんでした。

 

風が強い日などは、雨が吹き込んでいて地面がぬれていたり、歩いているときにも雨が吹き込んでくる可能性はあります。

風がなければ大人は普通の靴で大丈夫ですよ。

 

④ベビーカー用レインカバー

基本的にアドベンチャー内はほとんど段差もなく、ショーを見るときのビックオーシャンやアニマルランド以外で階段などもありません。

途中で歩けなくなりそうな場合は、ベビーカーを持って行ったほうがいいと思いますよ。

ベビーカーを持参する場合は、レインカバーがあったほうがいいかもしれません。

けれど雨が降っているときに外に出ないのであれば、なくても問題はありません。

屋根がある場所を選んで歩けば、特にそこまでぬれることもないですよ。

 

また園内で動物のベビーカーをレンタルすることもできるようです。

エントランスドーム改札を入って右側にあるインフォメーションでレンタルができます。

パンダや白熊、トラなどの動物の顔がついたベビーカーがあるので、子どもが歩かなくなったらレンタルするのもありですね。

カッパを着て動物ベビーカーに乗れば、外も見やすいですし子どももご機嫌に乗ってくれると思います。

 

⑤ビニール袋・タオル・着替え

このあたりは当たり前ですが、やっぱり子連れの雨の日には必要ですよね。

ぬれたものを入れるビニール袋と、タオル、着替えは最低限持って行きましょう。

いくら濡れないといっても、通路に雨が吹き込んできたりする場合はあると思うので念のために持っていったほうが安心です。

 

まとめ

せっかく前から予定していたのに、当日雨ってわかると本当にテンションが下がってしまいますよね。

けれどアドベンチャーワールドにかぎって言うと、雨の日こそぜひ行ってほしい場所だなと思いました。

雨だと人も少なくなって空いているうえに、園内のほとんどが濡れずに移動できるので本当に快適に回ることができますよ。

実際私も行くまでは雨で残念と思っていたのですが、行ってみると本当に雨でよかった!と思ってしまいました(笑)

ディズニーランドやUSJに比べても、絶対に雨の日の満足度はアドベンチャーワールドのほうが高いと思います。

ぜひ雨だからといって予定変更をするのではなく、雨の日こそアドベンチャーワールドへ行ってみてくださいね。

雨の日にアドベンチャーワールドへ行こうと思っている方の参考になればうれしいです。

アドベンチャーワールドのイルカショーとアニマルアクションははずせない!先日初めて和歌山県にある、南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました。 行く前から必ず見たかったのが、日本で一番すごいとも言われて...
アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんに会う方法【2018】先日アドベンチャーワールドへ行ってきました。 2018年8月14日に生まれたパンダの赤ちゃんにも、ちゃんと会ってきましたよ。 ちらっ...
スポンサーリンク