毎日のこと

赤ちゃんや1歳の子供がいる家への手土産おすすめ10選!

赤ちゃんや1歳くらいの小さな子供がいる家へ遊びに行く時って、手土産を選ぶのがとっても難しいんですよね。

手ぶらで行くわけには行かないけれど、喜ばれないものを買っていくのも悲しいものです。

私も子供を生んだのが遅かったので、独身時代は周りの出産した友達の家への手土産にいろいろと頭を悩ませました。

0歳1歳くらいの子供が何を食べられるのかなんて、子供がいないと本当にわからないですよね。

実際自分が出産して友達が来てくれることが多くなり、自分が昔選んだものが失敗だったなと思い反省することも多々あります^^;

 

今回はそんな小さな赤ちゃんや子供がいる家へ遊びに行く時に、失敗がない手土産をママ目線で選んでみました。

自分がもらって嬉しかったもの、あげて喜ばれたものを中心にご紹介しますね。

何を持っていけばいいのかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんや1歳へのお年玉。代わりにプレゼントしたいおすすめおもちゃ選お正月に子供と会う機会があると、準備するのに悩んでしまうのがお年玉。 特に相手が小さな0歳や1歳の赤ちゃんの場合は、お金をあげたほうが...
スポンサーリンク

赤ちゃんや1歳子供向け手土産:フルーツゼリー

赤ちゃんもママも一緒に食べられるスイーツといえば、フルーツゼリーが一番安心です。

特にアレルギーが少なく6ヶ月頃の離乳食初期から与えやすいフルーツのゼリーを選べば、喜んでもらえますよ。

離乳食初期から与えられるフルーツ:みかん・メロン・桃・すいか・りんご・なし

 新宿高野 ピュアゼリー

フルーツで有名な新宿高野のゼリーセットです。

何より可愛いのが、果実の形をしたカップ。

高級感もある上に、見た目も可愛くて手土産にぴったりです。

ただし中のゼリーには少し洋酒が使われていたりするので、赤ちゃんが食べるには少し抵抗があるママもいるかもしれないので注意してくださいね。

 

まるごとみかんゼリー

こちらは中にみかんがまるごと1個ごろんと入ったみかんゼリーです。

ゼリーにも有田みかん果汁を91%も使用しているので、1瓶でみかんをたっぷりと味わえますよ。

無店jかなので赤ちゃんや1歳くらいの子供とも、安心して一緒に食べることができそうですね。

酸っぱい柑橘類が苦手な子供でも、有田みかんはとっても甘さもしっかりあってスッキリしているので食べやすいですよ。

 

赤ちゃんや1歳子供向け手土産:プリン

プリンも手土産にしやすいスイーツですよね。

けれど一つ確認しておきたいのは、赤ちゃんや子供とも一緒に食べる場合は卵アレルギーや乳製品のアレルギーがないかどうかということ。

知らずに持って行ってしまうと、逆に子供が食べれなくて可哀想なことにもなりかねません。

また生クリームをたっぷり使ったようなプリンだと、授乳中のママは食べれない場合があります。

そのあたりも確認してからのほうがいいかもしれませんね。

プレミアムプリン

プレミアムプリン6個セットは、5種類のプリンから好きなものを6つ選べるのが嬉しいですよ。

子供でも食べられるスペシャルプリンや、安納芋や紅はるかといったお芋を使ったプリンを多めに選べば、小さな子供でも食べられますよ。

ママには抹茶、ショコラプリンを選んでもいいですが、お芋は母乳にもいいのでママにもお芋プリンがいいかもしれませんね。

消費期限が10日なので、なるべく訪問する寸前に到着するように注文してください。

 

かぼちゃプリン

片手に収まるくらいの可愛いサイズの坊ちゃんかぼちゃプリン。

丸ごとかぼちゃをくりぬいてかぼちゃプリンを入れているので、小さめサイズでもボリュームたっぷりです。

一緒についているカラメルをかけなくても優しい甘さなので、子供と一緒に食べるのにぴったりですよ。

お野菜が一緒に食べれるというのも、ママにとって嬉しいスイーツです。

 

動物園プリン

とっても可愛い動物のイラストが描かれた動物園プリン。

小さめサイズのプリンに、イヌやブタ、パンダ、コアラなど子供が大好きな動物のイラストが描かれています。

食べるのがもったいないくらいの可愛さなので、子供も大喜びしてくれると思いますよ。

冷凍で届くので、持って行く前に解凍しておくのを忘れないでくださいね。

 

 

赤ちゃんや1歳子供向け手土産:ジュース

スイーツは好き嫌いがあるからちょっと悩んでしまうという場合は、フルーツをたっぷり使ったジュースがおすすめです。

ジュースならママの水分補給にもぴったりですし、赤ちゃんにも少し味見をさせてあげたりすることもできますよね。

なるべく濃縮還元などのものではなく、ストレートジュースを選ぶようにしましょうね。

スポンサーリンク

なかひら農場健康ジュース

国産の野菜と果物をたっぷり使った、100%ジュースのセットです。

赤ちゃんにも与えやすいにんじんやトマト、りんごのジュースなので、ジュースとしてではなくパンケーキに入れたりパン粥に使ったりもすることができてとっても便利。

砂糖・保存料・香料不使用の無添加ジュースなので、離乳食を開始したばかりの赤ちゃんにも安心して与えられますよ。

 

銀座千疋屋ストレートジュースセット

高級フルーツで有名な銀座千疋屋のストレートジュースセットは、ちょっと目上の方への手土産にぴったりです。

高級感もありなかなか自分で購入することもないので、もらって喜ばない人はいないと思いますよ。

子供が飲みやすいりんごやみかん、ぶどうのジュースも入っているので、子供と一緒に飲みたい場合にもいいですね。

 

 

赤ちゃんや1歳子供向け手土産:干し芋・ドライフルーツ

授乳中のママのちょっとしたおやつにぴったりなのが、干し芋やドライフルーツです。

ぱくっと片手で一口で食べられる上に、母乳が詰まったりの原因にもならないのが嬉しいところ。

ちょっと甘いものが食べたいときのおやつとして重宝するので、喜ばれますよ。

もちろん1歳くらいの子供からなら食べることもできますよ。

干し芋セット

細切りになっていて食べやすい干し芋は、やわらかくてしっかりとお腹にたまります。

干し芋は母乳にもいいと言われているので、ケーキやチョコレートなどの甘いものが食べれない授乳中のママにとって、とってもいいおやつになりますよ。

また1歳を過ぎた赤ちゃんなら、干し芋をしゃぶって食べることもできます。

便秘がちの赤ちゃんにもおすすめ。

自然の甘みで十分甘いので、赤ちゃんにとっても栄養満点のおやつになります。

 

ドライフルーツ

フルーツをそのまま乾燥させただけのドライフルーツも、ママにとっては嬉しいおやつです。

ミネラルもビタミンも豊富で、栄養満点。

こちらも1歳過ぎの赤ちゃんのおやつとしてもいいですよ。

水で少しふやかして、離乳食として使うことも可能です。

最近は柿やスイカなどの珍しいドライフルーツもあるので、そういったものを選ぶと手土産にぴったりですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんや1歳の子供向けの手土産:子供用お菓子

大人用にはママが好きなものなどを用意して、それとは別に赤ちゃんや子供用のお菓子を用意するのもいいですよ。

子供も自分だけのプレゼントがあるととっても喜んでくれますし、ママとは大人用のスイーツなどを楽しめるのが嬉しいですよね。

 

たまごボーロ

たまごボーロは赤ちゃんに一番最初に与えるお菓子として選ばれることも多いです。

だいたい7ヶ月~1歳くらいの間に与えるママが多いですよ。

余計なものが入っていないたまごボーロなら、安心して赤ちゃんにも食べさせられるので喜ばれることも多いです。

可愛い岐阜とボックスに入っていて、箱もおもちゃ箱としてその後も使えるのも嬉しいですよね。

 

お子様スイーツセット

2歳近い子供なら、こんなかわいいバッグ入りのお菓子セットが喜んでくれるかもしれません。

かわいい動物リュックに、子供でも食べやすいドーナツや干し芋、クッキーが入っています。

よちよち歩きの子供がリュックを背負っている様子って、とっても可愛いですよね。

もし中の食べ物がまだ食べられなくても、リュックを子供のプレゼントとして使えるのでちょうどいいですよね。

 

赤ちゃんや1歳の子供向けの手土産:ティーバック

ノンカフェインのティーバックも、手土産に持って行けば喜んでもらえますよ。

特に授乳中のママには、ルイボスティーやたんぽぽ茶なんかがおすすめです。

ただしママによっては口に合わない場合もあるので、あまり癖の強いものは避けたほうが無難です。

なるべく前もって飲めるかどうかを確認してから持っていったほうがいいかもしれませんね。

ノンカフェインで栄養満点のルイボスティーは、授乳中のママも赤ちゃんも飲めるお茶です。

そこまでくせも強くないので、ハーブティーなどが苦手な人にも飲みやすいですよ。

便秘がちな赤ちゃんなどにもいいと言われているので、そんな症状で困っているママに教えてあげれば喜んでもらえるかもしれませんね。

 

赤ちゃんや1歳子供への手土産 番外編

ここまではその場でも一緒に食べられるような物をご紹介してきました。

けれど実は私がもらって一番嬉しかった、というか助かったのはこの2つでした。

野菜フレークセット

これはにんじんやかぼちゃなどの野菜をそのまま乾燥させてフレーク状にしたものです。

息子の離乳食が始まってしばらくしたころに、これを先輩ママがうちへ遊びに来てくれたときの手土産として持ってきてくれました。

ちょうど野菜のすりつぶしやスープなどを食べていた頃で、離乳食作りに行き詰ってきた時だったので、この野菜フレークの存在を知れたのがとってもよかったです。

これだとおかゆにちょっと入れたりパンケーキに入れたり、本当に離乳食作りがとっても楽にできて助かるんですよね。

先輩ママも使っていてよかったからという理由でくれたのですが、とっても嬉しい手土産でした。

 

出汁パック

 

これも息子の離乳食時期にもらって嬉しかったもの。

離乳食初期には調味料の代わりに出汁をとって使うことがあるのですが、そのときにとっても重宝するのがこの出汁パック。

高級なのでなかなか自分では購入できないのですが、あると本当に便利なんです。

お味噌汁もとってもおいしくなるし、おかゆにちょっと入れるだけでぐんと子供の食いつきがよくなって、ぱくぱく食べてくれたりするんですよね。

なかなか自分で買えないものだからこそ、手土産でもらえるととっても嬉しかったものでした。

 

赤ちゃんや1歳子供への手土産 おもちゃ

食べ物はいろいろ気になるから赤ちゃんにちょっとしたものをプレゼントしたいっていう時には、食べ物ではなくおもちゃなんかを選ぶと失敗が少ないです。

ただし大きくなってからしか使えないようなものを選ぶのではなく、今の月例や年齢にあったものを選びましょう。

そのほうがすぐに遊べるので喜ばれますよ。

2歳~3歳くらいまでの子供には、口に入れやすい小さなおもちゃなどはなるべく避けるようにしてくださいね。

ベビーコロール

コロンと丸い形で小さい手でももちやすく、どの部分でも色がつきます。

また上に積み上げたりして積み木のように遊ぶこともできるので、絵を描けない赤ちゃんでも遊ぶことができます。

私もプレゼントでいただき、3歳くらいまでずっとこのベビーコロールでお絵描きをしていました。

ちょっとお話をしている間の時間つぶしにもなったりするので、赤ちゃんや1歳くらいの子供の手土産にぴったりですよ。

 

木製パズル

小さい子供でも遊びやすい木製パズルは、1歳くらいの子供にぴったりです。

ママとお話してる間に一人でも遊んでくれたりするので、一つプレゼントに持っていってあげるとゆっくりとおしゃべりができるかもしれませんね。

できればつまみがついていて持ちやすいものがベスト。

絵もカラフルで可愛いものだと、子供の興味を引きやすいです。

知育などに熱心そうなママの場合は、アルファベットや数字などのパズルも喜ばれると思いますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんや1歳子供、授乳中のママにNGな物は何?

生後6ヶ月頃から離乳食を始めることが多いですが、離乳食が始まったからといってすぐに何でも食べられるわけではありません。

はじめはおかゆや野菜のすりつぶしなどから始まり、1歳頃にはある程度形があるものも歯茎で噛み潰せるようになります。

1歳半にもなれば離乳食完了期から幼児食となり、ある程度しっかりと食べられるようになる子供も多いです。

上記に紹介したゼリーやジュースなどであれば、ある程度1歳前から食べることもできると思います。

 

けれど気にしなければいけないのは、ママが子供に甘いものやお菓子をあげているかどうかです。

2人目、3人目ともなれば上の子供のお菓子なども勝手に食べてしまったりすることもあるので、ある程度早い時期にお菓子なども食べ始める子が多いです。

けれど1人目の子供だと、ママが慎重な場合は3歳、4歳になるまでお菓子は与えないといった場合もあります。

特に市販のキャラクター物のお菓子やチョコレートなどは、添加物が気になったりで与えていないママも多いです。

そんな家庭に子供がほしがるようなお菓子などを持っていってしまうと、子供はほしがるしママは与えたくないしで迷惑にしかならないんですよね^^;

実際我が家も一人しか子供はいませんが、子供が1歳ちょっとのときにまだ与えていないチョコレートを子供がいない友達が買ってきてくれました。

しかも子供が大好きなアンパンマン・・・

もちろん断ることもできず、その場で息子にはチョコレートデビューをさせてしまいました。

心の中では『チョコレートは3歳までは食べさせないつもりだったのに・・・』と怒りとも悲しみともいえない気持ちが渦巻いていたことを、今でもよく覚えています^^;

 

よかれと思ってプレゼントしたものが、逆に迷惑になることも多いのがこの赤ちゃんや子供が小さいタイミングです。

ですのでいろいろと気にしているママの場合は特に、前もって『赤ちゃんと一緒に食べれるものを買っていきたいけれど、何がいい?』と聞いてみるのが一番ですよ。

子供が好きなフルーツを教えてもらったり、またアレルギーなどがないかも確認しておけば安心ですね。

 

授乳中のママにNGなのは?

赤ちゃんがまだ離乳食前で何も食べられない場合は、ママが喜んでくれる手土産を持っていけばいいと思います。

けれど気をつけたいのが、おっぱいが詰まってしまう原因になる食べ物を選ばないこと。

体質にもよりますが、特に『生クリーム・チョコレート・チーズ』などが入っている洋菓子は乳腺炎という母乳が詰まる原因にもなりかねません。

脂っこいものを食べてしまうと、そのままおっぱいにも影響してしまうんですよね。

また辛いものや刺激があるものは、そのまま母乳を通して赤ちゃんの口にも入ってしまうため避けたほうがいいです。

 

特に出産直後はまだ母乳育児にも慣れておらず、おっぱいも詰まりやすかったりもするので気をつけたほうがいい時期です。

なので授乳中のママの場合は、どんな食べ物が食べられるかを前もって確認しておいたほうが安心ですね。

そうじゃないと結局手土産を持っていっても、自分しか食べられない状況になりかねないです。

以前好きだったからと、スナック菓子やケーキなどを持っていくのだけはやめましょうね。

もし確認しづらい場合は、一番無難なフルーツやフルーツジュースなどを持っていくのがいいと思いますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

いろいろとご紹介しましたが、もちろん行く先の家庭によっていろいろと考えもあるとは思うので、心配な場合は買う前に一言聞いてみるのが確実です。

特に授乳中のママや、アレルギーがある赤ちゃんの場合は食べ物に気を使っている場合も多いので、前もって確認をしておいたほうが安心ですよ。

気心の知れた友達の場合は、ぜひ確認してみてくださいね。

『気を使わないで。』と言われてしまうかもしれませんが、『自分も一緒に食べたいから。』とそれとなく聞き出してみれば教えてくれると思いますよ。

また小さい赤ちゃんがいるとなかなか自由に買い物にもいけないので、『○○が食べたい!』とリクエストがあるかもしれません。

せっかく久しぶりにある楽しい時間なので、よりいっそう楽しめるように喜んでもらえる手土産を贈れるといいですね。

赤ちゃんや1歳くらいの小さい子供がいる家への手土産に、悩んでいる方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
鍋パーティーの手土産おすすめ12選!おしゃれなおつまみやデザートがおすすめ!冬になるとよくお誘いされる鍋パーティー。 忘年会や女子会を兼ねて誰かの家で集まろうって時にも、メニューは鍋ってことも多いですよね。 ...