毎日のこと

今話題のスクーンカップとは?漏れる?取れない?痛い?使用してみた結果。

女性なら1ヶ月に1度やってくる生理。

ちょうど旅行や温泉が重なってブルーになっちゃうときってありますよね。

子供がいると、生理期間にお風呂に一緒に入るのもいろいろと大変です。

そんな時にとっても便利なスクーンカップ。

以前からずっと気になっていたのですが、なかなかのお値段に手を出せませんでした。

ようやく腹をくくって購入し、3ヶ月使用してみたのでその感想をお伝えします。

スポンサーリンク

スクーンカップとは?

まずはスクーンカップって何?って方に簡単にご説明から。

スクーンカップは生理時に使用する月経血カップです。

カップを膣内に入れておくことで、経血をためておけるためいろいろなメリットがあります。(後ほど紹介します)

生理用品といえばナプキン・タンポンしかないと思っている方も多いですが、この月経血カップは海外ではかなり普通に使われているものです。

日本では2016年から普及し始めました。

他にもムーンカップ、ディーバカップ、ローズカップ、メルーナ、ルビーカップなどたくさんあるのですが、お値段も形も素材も様々です。

その中でもスクーンカップはカラフルな色と、漏れない、痛くないという口コミが多く人気の商品。

私は以前から、買うならスクーンカップにしようとなんとなく決めていました。

スクーンカップの見た目

私は公式サイトから購入をしました。

ポチっとしてから待つこと4日ほど。

こんなパッケージに入って届きました。

 

説明書と保管するポーチと一緒に入っています。

(ポーチの柄はえらべません。お色はバランスです。)

 

開けてみてまず思ったことは、案外大きくて厚みがあるってこと。

経産婦なのでサイズ2(大きいほう)を選んだのですが、いくらやわらかくて折ったりできるといえどもこれを自分で入れるのか?とちょっと心配に。

もちろん1児を出産しているのでこれより大きなものを出したことがあるけれど、生理のたびにこれを入れるのかと思うとちょっと不安です。

やわらかさは思っていたよりやわらかい感じ。

軽く指で持つだけでつぶれます。

けどこの上の部分がとっても厚みがあるので、どうやったら入れれるのか折りたたみ方も研究しなければ・・・と思いました。

ステム(つまみの部分)はボコボコで滑りにくいようになっています。

長さがありますが、写真のようにやわらかくて簡単に曲がってしまう感じ。

この部分については切って使っている人もいるみたいですが、とりあえずはそのまま使ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

スクーンカップの使い方

生理が終わってすぐに購入したので、届いてから使用できるまでに約1ヶ月。

生理が近づいてくるとソワソワしてしまいました。

早く使ってみたくていつもは憂鬱な生理前も、早く来い~って思えるくらい(笑)

ついにその日がやってきたので、使用する前に鍋で煮沸消毒をしました。
 
 

使用する前に煮沸消毒が必要

袋から出して初めて使用する時は必ず煮沸消毒してくださいね。
 
生理期間は毎日入れる時に水洗いで大丈夫ですが、1クール終わったら煮沸消毒して乾かしてから保管。
 
そして再度生理が始まって使用する前に煮沸消毒。
 
こんな感じで使用しています。
 
煮沸は普通のお鍋を使用していますが、気になる方はスクーンカップ煮沸専用に小鍋を用意すればいいと思います。
 
 
 
 
お鍋に入れてぐつぐつすること約5分。
 
説明書には鍋の底にシリコン素材がついて変形してしまうことがあるなんて書かれていましたが、とくに小さめの鍋でも問題なく煮沸できました。
 
鍋底にひっつきそうな感じもまったくなし。
 
レンジで煮沸消毒する方法もあるようなので、次回は試してみたいと思います。
 
レンジですれば鍋は必要ないし、ひとつ専用の耐熱容器を用意すればいいだけなので便利ですね。
 
 

 折りたたみ方いろいろ

スクーンカップを実際に入れる際には、そのままだともちろん入らないので折りたたんで小さくする必要があります。

その折る方法もいくつかあるようなので、実際に試してみました。

1.C折

こちらは一番一般的な折り方みたいで、単純にCの形に折るだけ。

この形を作って保持するのは簡単なのですが、潜入する時の面積が広い分入れにくくて大変です。

中に入れてからの開き方は開きやすかったです。

 

2.パンチダウン

ふちの一ヶ所を内側の底に押し込んで、再度から持つ方法。

これもこの形を保持するのは簡単なのですが、ネックが開きにくいこと。

なかなか開かなくて苦戦しました。

また調べてみるとスクーンカップの場合、この形を作ることで空気穴が伸びて裂けてしまうことがあるようです。

 

3.三角折

カップをつぶして、片方の角を対角線上に折って三角をつくる折り方。

とっても簡単で、しかも入れてからも角の部分を指で押し上げることで開いてくれるのでなかなか開かないということもありませんでした。

 

このほかにもいろいろな折り方があるので試してみたのですが、結局私が落ち着いたのは三角折りでした。

他にも入れやすい折り方や、開きやすい折り方もあるのですが、どれも折り方がちょっと複雑。

水で洗ってぬれているスクーンカップを複雑な折り方で折るのは結構大変なんです。

また指に力を入れていないと保持できない形は、せっかく折れても入れるまでに開いてしまってまたやり直し~なんてことにも。

なので一番単純で簡単な三角折に落ち着きました。

きっと使ってみると、みなさんそれぞれ気に入る折り方が出てくると思います。

スクーンカップのいろいろな折り方はこちらで紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 

 

スクーンカップ使用してみた感想

3クール使用してみて感じたのは、とにかく快適!!

2日目以外はつけていることも忘れるくらいで、逆にこのまま忘れないようにしないとって心配になったくらい。

私が感じたいいところ、いまいちなところをまとめてみました。

いいところ

  • とにかくドロっていうあの感覚を味合わなくてすむ(これが一番!)
  • 本当ににおわない
  • 漏れにくいので、夜寝るときの漏れの心配もなくなる
  • 子供とのお風呂や、温泉旅行などとかぶっても心配なし
  • ナプキンやタンポンがいらないので経済的
  • 生理用品の買い忘れを気にしなくてすむ

いまいちなところ

  • 2日目はどうしても出先でスクーンカップを出す必要あり
  • 出先で空にするときはちょっと大変
  • お風呂以外でこぼしたときは大惨事
  • 手ににおいがついてしまう
  • 最初のお値段が高いので、万が一自分に合わなかったときにリスクあり

 

何が快適かっていうと、普段気になる『におう、ずれる、漏れる』をまったく心配しなくていいんですよね。

あと立ち上がった瞬間などの『ドロッ』ていう感覚を味合わなくてすむんです。

私の生理はだいたい2日目が一番多くて、その後だらだらと7日間くらいで終わる感じなのですが、特に快適さを実感できるのは3日目から7日目までの量がそこまで多くないときです。

3日目からは日中一度もトイレではずすことをせずに、朝のトイレと夜のお風呂の時に空にするだけで大丈夫でした。

もともと量自体があんまり多くないって事もあるのかもしれませんが、ナプキンなどをトイレへ持っていかないといけないわずらわしさや、ナプキンの買い忘れなんかのストレスもなくなりました。

2日目はさすがに日中2回くらいはトイレで流してスクーンカップを空にしないと溢れてしまいます。

なので念のために軽い日用のナプキンをしていますが、それ以外の日はおりものシートで平気です。

スクーンカップを購入してからきた生理3回のうち、2回はちょうど2日目が仕事がお休みの日だったのでよかったのですが、1度だけ仕事の日と重なってしまいました。

タンポンにしようかどうしようかと考えたのですが、これからのことを考えると外でもできるようにしておいたほうがいいなと思ってチャレンジしてみました。

日中2回ほど紙コップをトイレへ持参し、水を入れて個室へ入りました。

そして取り出したスクーンカップを水で洗って再度入れなおします。

ペットボトルに水を入れて持ち込むのもありかなと思いましたが、それよりスクーンカップ自体が入る入れ物が合ったほうがいいかなと紙コップにしました。(会社でコーヒー用においてある使い捨ての紙カップを使いました)

洗うことはできたのですが、やっぱり紙コップ1杯分だと水の量が足りませんでした。

ペットボトル+紙コップがあれば一番いいかなと思うので、次回からはそうするつもりです。

 

スポンサーリンク

漏れる?取れない?痛い?噂は本当?

使う前に気になっていた3つのこと。

『漏れる・取れない・痛い』

結果的には全部心配ありませんでしたが、慣れるまでに少し回数が必要かなと思います。

漏れる?

実際私が使ってみて漏れたことは1回だけ。

初めて使ったときの2日目に、どれくらいで漏れるか試してみたら4時間ほどでじわじわっとあふれてくるような感覚がありました。

動いたときにドロッとでる感覚の軽い感じ。

だいたいの時間がわかったので、それからは2日目だけは時間を少し気にして、そろそろ漏れそうだなという前にはトイレへ行くようにしました。

その後は一度だけきちんと中で開いていなかったようで、3日目に漏れたのが一度だけ。

それからはきちんと中で開いているか確認するようになったので、一度も漏れませんでした。

もともと夜はあんまり多くない方なので、寝ているときにも漏れたことはありません。

夜に少ない分、起きた瞬間立ち上がったときなどに『ドロッ』ということがよくあったのですが、それもなくなりました。

 

取れない?

さすがに初めて出そうとするときには、とっても苦戦しました。

生理が始まったのが夜だったので、寝る前に入れてみて朝起きてから初めての取り出し。

寝起きの冴えない頭で、どの体勢でどうやって出せばいい?と考えながら頑張ったのでかなり時間がかかりました。

立ってみたり座ってみたり、片足を便座にかけてみたり・・・

少し頑張りすぎて立ちくらみまでしてしまって、めげそうになったのも事実。

けれど出さないわけにはいかないので、一度休憩を挟んでからもう一度頑張りました。

結果的にはトイレの便座に座ったままの状態で少しイキんでみたら、スクーンカップのステム(とんがっている細い部分)が少し出てくるので、それを少しずつ引っ張ってみることで出すことができました。

底の部分に触れるようになった時点で少し指でふくらみを押してあげることで空気が入り、子宮と密閉状態になっているスクーンカップを出しやすくできます。

何度か繰り返し使っていくうちに慣れてきて、今では結構簡単に取り出せるようになりました。

特に出すときに痛みも感じず、ちょっと小さい何かが生まれた感じで出せます(笑)

中に溜まっている経血の量でそのときの体調のバロメーターにもなります。

 

痛い?

私は特に初めて入れたときから痛みを感じたり違和感を感じることはありませんでした。

一度だけ焦って入れたときに三角折で折っていた部分がきちんと開いておらず、しばらくその部分に違和感を感じましたが、その後自然に開いたようで気づいたときにはなおっていました。

痛さを感じる人もいるようですが、やっぱりこれも子宮の形や大きさ、高さなどによるのかなと思います。

またステムが長く感じる人もいるようですが、私にはちょうどいい長さです。

自転車とかに乗っても全然問題なし。

どこかに当たったり痛かったりということはありません。

逆に取り出すときにステムがないと結構大変かも。

切って使うこともできるようですが、ステムでスクーンカップの傾きを調整したりもできるので、このまま切らずに使っていきます。

ただステムを引っ張ると結構伸びるので、そのうちに切れてしまいそうな気はします。

切れないように気をつけて使いたいと思います。

 

まとめ

たぶんいろいろ人によって感じ方が違うかなと思うスクーンカップですが、私は購入してよかったなと思います。

これから先、あと20年近くは続くであろう月経生活が、スクーンカップのおかげでかなり快適になりそうです。

特に川遊びやプール、スノボなどのアウトドアにはかなり重宝しそうです。

子宮の形や高さなどで合う人、合わない人もいると思いますが、いろんな月経カップが出ているので自分に合うものを見つけるのもいいかもしれません。

ぜひ興味のある人は一度試してみてくださいね。

スクーンカップをお得に手に入れる方法はこちら

スクーンカップの使い方のコツはこちら

スポンサーリンク