おもちゃ・知育

【口コミ】大正解!おえかきアーティストを4歳の誕生日にプレゼントした結果。

3歳頃からお絵かきが大好きになり、暇さえあれば絵を描いている息子。

2歳まではぜんぜん描かず、大人に描いて!と描かせてばっかりだったのに、3歳になった途端突然自分で描きだすようになりました。

なので色鉛筆やクレヨン、クーピーなどを買ってあげたのですが、お出かけの時にはなかなか活用できませんでした。

うちは車の移動が多いのですが、車の中って遊べるおもちゃが限られてしまいますよね。

かといってタブレットやスマホで動画を見せるのは目によくないかなと気になるし、TVなどの映像を見せても飽きてしまう。

車の中で簡単にお絵かきができるものがあればいいなと思い、4歳の誕生日に【おえかきアーティスト】をプレゼントしました。

少し値の張るおもちゃですが、買ってみた結果は大正解!

期待していた以上の遊びもたくさんでき、親子で大満足です。

息子が今とってもハマッているおえかきアーティストをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おえかきアーティストとは?

 

メガハウスから出しているタブレット型のお絵かき用おもちゃです。

子供用のおもちゃといっても絵を描けるだけではありません。

自分で描いた絵が動いたり、写真が撮れたり、撮った写真に色を塗れたり…

たくさんのことができるおかげで飽きることなく遊んでくれます。

また保存機能があり、本体自体にも保存できる上にSDカードを挿入できそちらにも保存できます。

なので上手に書けた絵は保存し、印刷したりじぃじ、ばぁばへ見せることもできます。

搭載されている10種類のモード

  • おえかきモード・・・通常の絵が描ける
  • 動く絵モード・・・描いた絵が自由自在に動く
  • パラパラアニメモード・・・パラパラ漫画のように、自分が描いた絵をつなげて動いているように見える
  • パラパラ写真モード・・・撮った写真を連続で写すことによって、コマ送り動画で見れる
  • カメラモード・・・写真を撮って、自由に落書きができる
  • ぬりえモード・・・塗り絵ができる。
  • 漫画家モード・・・撮った写真が漫画風に表示され、その上から自分でなぞって絵をかけます。
  • メッセージモード・・・絵を描いている様子がそのまま再生できる。文字を書いたり絵を描いている様子がわかる。
  • なぞり絵モード・・・線の上をなぞる。まだペンを上手に使えない子供向け。
  • もじなぞりモード・・・あいうえおの50音をなぞって練習できる。書き順も教えてくれます。

おえかきアーティストを使ってみた感想

3ヶ月使った息子が、今一番はまっているのはやはり動く絵モードです。

背景の絵がいろいろ用意されているので、海の背景を選んで自分を魚を描いて動かしたり、公園の背景を選んで人を描いて動かしたり。

よく飽きないなぁと思うくらい描いています。

またひらがなを読めるようになった今は、もじなぞりモードでもよく遊んでいます。

書き順通りに書かないと花丸が出ないので、ちゃんと文字を正しく覚えれていいですね。

私が見ていて思うお絵かきアーティストのいいところ、わるいところはこんな感じです。

いいところ

  • よごれない
  • データが保存できる
  • 飽きない
  • 一人で楽しめる
  • 大人も楽しめる
  • 使える色が多い(96色)
  • 長く使えそう

いいところはこんなところでしょうか。

お絵描き好きの子供なら、たぶん小学生になっても全然遊べるおもちゃだと思います。

そしてデータが保存できるのも、とってもうれしい機能です。

保存ボタンが大きくわかりやすいので、子供も自分で上手にできたと思う絵は勝手に保存してくれています。

本体のギャラリーという画面で保存した絵は見れるので、長く使っていくとどんどん絵がうまくなっている様子が見れるかなと今から楽しみです。

スポンサーリンク

わるいところ

  • 電池だけだとすぐに交換が必要 (単2×3本)
  • 絵を描ける部分が小さめ (9インチ 縦11センチ×横20センチ)
  • 写真の画像が粗い
  • 本体が重い

ほかの口コミでもよく書かれていますが、もともとACアダプタが付属されておらず別売りなんです。

最初は車での利用をメインに考えていたので、電池で使おうと思ってアダプタは購入しませんでした。

けれど本当にあっという間に電池がなくなります。

1日1時間くらい使っていて3日で電池がなくなりました。

しかも使う電池が単2×3本なので、なかなか家にあるサイズじゃないんですよね。

1度電池を交換しましたが、これじゃあ不便だということであわててアダプタを購入しました。

 

あと写真の画像が粗くて反応が鈍いのも、もう少し改善してほしい点です。

画像は一昔前のガラケーの画像みたいな感じで、最近のスマホやタブレットに比べると粗いです。

それに本体の裏側にカメラがついているので、写真を撮るには本体自体を持ち上げて撮りたいものに向けて撮影します。

けれどカメラの感度が少し鈍いので、きちんとブレずに撮るにはしばらく動かさずに画面が追いつくのを待たなければいけません。

けっこう重い本体を4歳児が持ち上げて静止させる…かなり厳しいです。

実際私でも、片手だけではきちっと固定できないくらいの重さ。

なのでうまく写真が撮れないので、せっかくのカメラ機能はあまり息子は使っていません。

実際どれくらいあるのか本体だけで重さを量ってみたら1090グラムでした。

もう少し大きくなればうまく写真が撮れるようになると思いますが、4歳児には難しいです。

おえかきアーティスト うちではこう使っています

もともと車での移動時に使いたかったので、アダプタは純正のものも購入したのですがもうひとつ別のものも購入しました。

これだとシガーライターから電源がとれるので、車の中で使えるんです。

おえかきアーティスト本体にDC5.0V/2.0Aと書かれているので同じものを探しました。

あとプラグのサイズは外径4mm内径1.7mmなので、探してみるとこれがヒットしました。

純正品ではないのでどうかなと思ったのですが、今のとこと問題なさそうです。

おかげで遠出する時にもこのおえかきアーティストでいろんな絵を描いていたら、あっという間に目的地まで着くことができます。

息子がスマホやタブレットを貸してと言わなくなったのも、私としてはありがたいですね。

まとめ

おえかきアーティストは本当に今までで購入して、一番息子がハマったおもちゃになりました。

実は値段が2万円とおもちゃにしてはかなりいいお値段なので、購入をかなり迷いました。

けれど結果的には安いおもちゃですぐに飽きてしまうよりとってもお買い得でした。

これからクリスマスシーズンなので、ぜひクリスマスプレゼントを迷っているパパママにはこのおえかきアーティストも候補に入れてほしいなと思います。

この記事を書いている2017/11/3現在で、アマゾンでは 16,306円で販売されていますよ。

※追記:2018/4/4 15,330円で販売されています。(アマゾン・楽天ともに)