おもちゃ・知育

アンパンマンことばずかんDXとスーパーDXの違いは?1歳2歳のプレゼントに!

1頃から突然息子がはまったアンパンマン!

子供って本当にアンパンマンが大好きですよね。

少しずつおしゃべりも始めた頃だったので、ちょうど1歳半だったクリスマスに『アンパンマンおしゃべりいっぱい!NEWことばずかんDX』をプレゼントしてあげました。

すると自分であっちのページ、こっちのページとペンを持って気になる絵をタッチし、いろんな言葉を覚えてくれました。

4歳の今、息子はとってもおしゃべりなのですが、そのきっかけはこのプレゼントかもしれません。

1歳、2歳のたくさんの言葉を吸収する時期のプレゼントにぴったりでした。

そんなお勧めのおもちゃなのですが、現在は新しくバージョンアップした『アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX』が発売されています。

我が家が使用している従来のものとの違いと、そして使ってみた感想やお値段なんかを紹介したいと思います。

1歳2歳クリスマスや誕生日プレゼントにあげたい知育玩具&おもちゃ10選!子供が生まれると楽しみなのが、クリスマスや誕生日のプレゼントを選ぶこと。 特に1歳2歳の小さな赤ちゃんや子供へのプレゼントは、まだ子供...
スポンサーリンク

「アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんDX」と「アンパンマン おしゃべりいっぱい! ことばずかんSuperDX」との違い

アンパンマンのことばずかんシリーズは、シリーズ累計110万台以上が販売されている大人気商品なんです。

『ことばずかんDX』が販売されたのは2010年、『ことばずかんSuperDX』は2017年に『ことばずかんDX』の新バージョンとして発売されました。

この2つ、新バージョンといえども実際は中身がけっこう違うようです。

 ことばずかんDXことばずかんSuperDX
日本語800語以上1400語以上
英単語700語以上800語以上
効果音150種類以上記載なし
2語文モードなしあり(350以上)
ページ数47ページ53ページ

まずは日本語の語彙数が圧倒的に増えていますよね。

ことばずかんDXを使用していても十分なくらいの単語が出てくるのに、その倍近くの1400語となるといったいどんな言葉までのっているんだろうって不思議なくらいです。

ページ数も6ページ増えていますが、世界のあいさつや季節の行事、また「かして」「ちょっと待って」「ありがとう」など普段の生活で使う言葉のやりとりも学べるページが増えました。

あとは2語文モードが追加されたので、「おちゃを のむ」とか「じてんしゃに のる」など自分で言葉を組み合わせて2語文を作れるページも増えています。

間違った言葉を選択するとアンパンマンが教えてくれるので、2語文を話し始める2歳くらいからにぴったりですよね。

 

またタッチすると話してくれるキャラクターの声もSuperDXでは追加されています

メロンパンナちゃん、クリームパンダちゃん、ジャムおじさん、バタコさん、コキンちゃん、かびるんるんなどDXには出てこなかったキャラクターの声も聞けるとか。

ますます子供が集中して遊んでくれそうですね。

今更ですが、SuperDXを買い直したくなっちゃいました^^;

アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんDX 使ってみた感想

1歳半の購入時から3年以上たった現在。

途中でペンの電池は何度も交換していますが、特に問題なく今でも遊べています。

これが我が家の『アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんDX』です。

 

持ち運びしやすいように持ち手がついていて、ペンもきちんと収納できるようになっています。

ペンを入れてからパタンと閉じるので、持ち運びするときにペンだけ落ちるという心配がなくていいですね。

3年使っているので、ちょっと表紙のアンパンマンがはげてきました^^;

 

あとはアンパンマンのペンのほうもちょっとはげてます。

 

ペンの脇、アンパンマンの横側にあるのが主電源です。

子供にはちょっと固いかも。

その下に日本語と英語の切り替えボタンがあります。

正面の赤いボタンはスリープモードを解除するボタンです。

アンパンマンの脇の主電源が入っていないと、押しても電源はつきません。

 

主電源を入れたままにしていても、一定時間(3~4分くらい)がたつと自動的に電源が切れOFFになります。(スリープモードの状態)

その状態で赤いボタンを押すと、すぐにONになって遊ぶことができます。

小さいうちは息子が使いたいときにすぐにボタンを押して遊べるように、基本的には主電源を入れた状態のままにしていることが多かったです。

それでも自動的にスリープモードになってくれるので、すぐに電池がなくなるってこともなかったです。

ちなみに赤いボタンを押してもスイッチOFFにすることはできないです。

 

ペンの電池は単4×2本(別売り)が必要です。

どれくらいでなくなるかを調べたことはないですが、使っていてもそこまで頻繁になくなるという印象はないです。

けれど本体購入したときには電池はついてこないので、かならずプレゼントにするのであれば電池を一緒に購入しておいてくださいね。

 

実はこの表紙の部分のイラストもタッチすると「ジャムおじさん」とか「やま」「くも」って反応するんですよ。

初めて発見したときはちょっと嬉しくなってしまいました(笑)

細かいところまでこだわってますよね。

 

こちらが見開き1ページ目。

遊び方が書かれており、下の部分ではペンのボリュームの調整ができます。

ペン自体にはボリュームボタンはないので、このページで音量の調整します。

 

スポンサーリンク

こちらは目次。

目次も全部ペンでタッチすると読んでくれますよ。

 

もちろんインデックス部分もきちんと教えてくれます。

そして周りにいるキャラクターも全て、しゃべったり名前を教えてくれたりしますよ。

ほんとどこをタッチしても反応してくれるので、子供が飽きないです。

 

ちなみにSuperDXではインデックスがなくなったと書かれていたので、この右側のインデックス部分がないようです

ページ数が多いのでインデックスがあると、開きたいページがわかりやすくてよかったんですけどね。

子供が「○○のページしたい!」って言ったときには、大人はここを見て開くので便利でした。

無くしてしまったのはちょっと残念。

 

1日の生活やあいさつのページ

 

男の子が好きな虫のページ。鳴く虫は鳴き声も教えてくれます。

 

各ページにこういったクイズがあります。

「メロンパンナちゃんはどこにいるかな?」

「デパートはどこかな?」

とランダムにアンパンマンがクイズを出してくれます。

正解したときにはたくさんのキャラクターの声で「すごーい!!」と言ってくれるので、息子はほめられてとってもうれしそうにしています(笑)

 

ちなみに新しい「SuperDX」では、クイズ以外に2語文モードがあります。

「にごぶん」と書かれたところをタッチしてからイラストをタッチすると「ジュースを のむ」とか「せんめんだいで てを あらう」とやっていることを教えてくれます。

これは本当に言葉を覚え始めたときにはとってもいいですよね。

 

こちらは息子が好きなコンビニのページ

 

パン工場のページもお気に入りです。

パン屋さんで突然「あ!デニッシュパンだ!!ベーグルだ!!」なんて言い出したのでどこで覚えたのかと思ったら、全部このページで覚えてました(笑)

 

あとはあいうえお表もすべてアンパンマンのキャラクターです。

知らないキャラクターもたくさんいて勉強になります。

 

いろ、かたち、数字のページ

 

アルファベットのページは、とってもいい発音で教えてくれます。

けれどこのページだけはキャラクターの声ではないです。

どのページもイラストによって違うキャラクターの声になっているので、子供と「誰の声だった?」とキャラクターあてクイズをするのも面白いですよ。

 

英語モード切り替え

ペン横にある日本語⇔英語切り替えボタンで英語に切り替えると、イラストをタッチしたときに英語で教えてくれます。

けれどアンパンマンやバイキンマンなどキャラクターのイラストだけは、タッチしても英語はしゃべらずに日本語のままです(笑)

そして英語モードは全部同じ声(アルファベットのページと同じ声)です。

英語もキャラクターの声だったらもっと子供が興味を持ちそうなんですが、やっぱり難しいんですかね^^; 

発音はとってもいいので、子供のリスニングの耳を作るにはいいなと思います。

 

ただ虫の名前や日用品の名前など、英語で言われても私が聞き取れないものが多数あります。

というか、もともとなんて言うのか知らないので、発音よく言われてもまったくわからず・・・

なので息子に「今何て言ったの?」って聞かれても、答えられないことも多々あります(笑)

できれば英単語も小さくイラストと一緒に書かれていたり、もしくは英単語一覧表などがあればいいのになと思います。

 

何歳から遊べる?

メーカー記載の対象年齢は3歳からとなっていますが、実際は言葉を覚え始める1~2歳から遊ばせることがお勧めです。

ペンで絵をタッチするだけなので、1歳でも十分遊べますよ。

3歳になると逆におませさんな子は、「アンパンマンは赤ちゃんのだし~」なんて言う子も出てきちゃいますしね(笑)

せっかくなので一番アンパンマンにはまっている1~2歳から遊んで、大好きなキャラクターの声でたくさんの言葉のシャワーを浴びさせてあげることに意味があるんじゃないかなって思います。

長く使えれば小学校へ上がる前くらいまでは遊べるんじゃないかな。

我が家の息子は4歳半の現在も、たまにおもちゃ箱から引っ張り出してきてこのおもちゃで遊んでいます。

クイズなどたくさんありますし、英語モードにも最近は興味が出てきたようです。

そういった意味ではかなり長く使えるおもちゃだと思います。

 

1.2歳のクリスマスや誕生日プレゼントにおすすめ!

普段何もないのに購入するにはちょっとお高いおもちゃなので、1歳か2歳のクリスマスや誕生日プレゼントにするのが一番いいかなと思います。

じじばばからのプレゼントにおねだりしてみても、孫が楽しんで遊んでくれる様子が見れるのでとってもいいと思いますよ。

我が家も実は、じじばばからのクリスマスプレゼントにリクエストしました。

そしてしばらくは会うときに必ず持参し、じじばばの膝に乗せてこのことばずかんで一緒に遊んでもらっていました。

なんだかその姿がとってもほほえましかったですよ。

ばぁばが知らないキャラクターもいっぱいいるので、息子が自慢げに教えてあげたりしてました。

すぐに飽きてしまうようなおもちゃをプレゼントしてもらうより、よっぽどよかったと思います。

スポンサーリンク

アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXをお安く購入するには?

こんなに機能がいっぱいで楽しめることばずかん、お安く購入できるのはどこでしょうか?

もちろんトイザラスや赤ちゃん本舗などのおもちゃ屋さんでも購入はできますが、セールなどを行っていない限りはネットショップのほうがお得に購入できます。

現時点ではAmazonが6,399円で最安値だと思います。

楽天でも7,000円以内では購入できますよ。

ちなみに旧バージョンの「ことばずかんDX」の方は現在はほとんど販売されていませんが、Amazonでは在庫が少ないからなのか1万円オーバーの高値になっています^^;

値段が高いから内容がいいというわけではないので、今から購入する人は絶対に「SuperDX」のほうを購入してくださいね。

公式の動画が泣ける!

今回調べていて気になったのが、販売元のセガのHPに載っている動画。

3分弱の短い動画なんですが、とってもおすすめです。

 

息子が小さい時を思い出して、思わず泣いてしまいました。

母になってからは、こういう動画見ると涙腺が緩んで仕方ないです。

けれど怒ってばっかりの毎日、もっと息子の言葉も聞いてあげないとなって反省しました。

ぜひ時間があるときに見てみてくださいね。

まとめ

そんなわけで『アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんDX』は、1、2歳のプレゼントに本当におすすめのおもちゃです。

我が家が1歳のときに購入し、3年間使った今でもまだまだ現役で遊べています。

長く楽しんでくれるのが、プレゼントした親としてもうれしいですよね。

けっこう雑に扱っていますが全然問題ないので、耐久性はお墨付きですよ。

車や電車で長時間お出かけするときなどにも重宝します。

ぜひ1歳、2歳のお子さんへのプレゼントを検討している方は参考にしてくださいね。

アンパンマンクラブって何?ガストやバーミヤン、夢庵でお得に景品をもらおう!子供がみんな大好きなアンパンマン! 息子も保育園へ行き始めた1歳からドはまりして、現在4歳半なのにまだまだアンパンマン大好きっ子です。...
スポンサーリンク