車・カングー

ヤフオクで中古車を買いました。廃車済みを自分で登録までした話。

我が家が今まで持っていた車は2台。

1台は中古で12万キロで購入して、現在23万キロといつ壊れてもおかしくない軽バン。

そしてもう1台は、大人7人が寝れるというかなり大き目のキャンピングカー。

極端な2台を持っているため、ちょっとそこまでお出かけといった時に使える普通の車がずっとほしかったんです。

 

今回ちょっと臨時収入があったこともあり、ずっとずっとほしいと思っていたルノーのカングーを購入しました!

しかも安いものを探してたどり着いた、ヤフオクを使って個人売買というなんともチャレンジャーなことをしてしまいました^^;

しかも廃車済みの車を購入したもんだから、登録などもすべて自分で行わなければいけないという…

買ってからちょっと後悔したのは、言うまでもありませんね(笑)

けれど結果的には、中古をお安く購入して登録なども自分で行ったおかげで、相場よりも50万円くらいはお安く購入することができましたよ^^

 

今回はそんな、車の事を何にも知らない主婦がヤフオクで中古車を登録し、自分で車庫証明をとったり、陸運局へ行って車の登録までしてみた一連の流れをまとめたいと思います。

あんまりそんな人もいないとは思うのですが、どなたかの役に立てば嬉しいです。

車のことは素人だけど、ヤフオクで中古車を買ってしまって困っている…なんて人は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

我が家がヤフオクで購入した中古車の状況

まずは今回私がヤフオクで購入した中古車の状況からお伝えしますね。

状況が異なると、この後の手続きや費用なども変わってくると思うのでご注意ください。

  • 車種名:ルノー カングー
  • 状況:廃車済み
  • 2年の予備車検付き
  • 他県からオークション経由での購入
  • 現車は確認済み
  • 陸送にて陸運局まで直接運んでくれる

もともと前使用車の人が廃車手続き(一時抹消)をされていました。

その為新たに購入した人が、新規登録をしなければナンバーもないので走ることもできません。

また車検については予備車検をしてくれていたため、登録をしたらその日から2年間の車検が開始されるということ。

車検を自分で通さなければいけないとなると、さらにハードルが上がってしまっていたと思いますが、その点はかなりラッキーでした。(というか、それがわかっていたので購入しました^^)

 

オークションで購入はしたものの、やっぱり現車の確認はしないと怖いですよね。

実は我が家は神奈川で、出品者の方は京都とかなりの遠方。

けれどたまたまGWに関西の実家へ帰省するタイミングだったので、その途中で現車確認をさせてもらいました。

実家と30分くらいしか離れていない場所だったので、それも購入の決め手となりました。

現車確認をして、エンジンの調子やその他もろもろも特に問題なさそうだったので一安心。

まだお金は振り込む前なのでキャンセルも可能でしたが、ここまではちょっとドキドキでしたね。

私よりは車に詳しい旦那にも、そこはきちっと確認してもらってOKが出たので購入を決定。

すぐにお金を振り込み、必要書類を送ってもらいました。

 

オークションで購入するとしても、やっぱり現車確認は必ずしたほうがいいなと思います。

中古車ショップなどが出品しているならまだしも、個人で出品している場合などには特に確認したほうが安心です。

どうしても写真だけだと都合の悪いところは撮っていなかったり、文字だけだと見落とす可能性もあります。

実際に目で見てみると、やっぱりいろいろと写真に写っていなかった部分が見れたり、また場合によっては試乗して乗り心地などの確認もできますよね。

今回は廃車済みだったため試乗はできませんでしたが、エンジンをかけて少し確認はさせてもらいましたよ。

 

あともう1つよかったのが、陸送で陸運局まで直接運んでもらえたことです。

今回購入した車は廃車済みなので、ナンバープレートもなければもちろん公道を走ることはできません。

もし自宅へ車を運んでもらうと、そこから陸運局まで動かすために仮ナンバーをとる必要があるんですよね。

それはちょっと面倒だなと思っていたら、直接陸送時に陸運局まで持ってきてくれるとの事。

おかげで仮ナンバーをとる手間が省けて楽でしたよ。

 

もちろん配送当日、陸送業者の方では仮ナンバーをつけて陸運局まで持ってきてくれました。

そして陸運局の駐車場まで運んでくれたら、そのまま仮ナンバーを外して帰って行かれました。

そのあとは私が登録をして、新しいナンバープレートをもらってつければいいだけです。

今回は予備車検済み、カリナンバー不要といろいろと助かることが多かったです。

スポンサーリンク

廃車済みの中古車を購入して、登録までの流れ

では実際に私が今回、ヤフオクで購入してから登録をするまでに行った手順と流れをお伝えしますね。

  • ヤフオクにて中古車を落札
  • ⇒現車確認
  • ⇒入金
  • ⇒必要書類を送ってもらう
  • ⇒車庫証明をとっておく
  • ⇒印鑑証明をとっておく
  • ⇒陸送の日を決める
  • ⇒陸送の日に合わせて陸運局へ行く
  • ⇒陸運局にて移転登録(自賠責・自動車税・重量税の支払いも)

このような流れで行いました。

間にGWを挟んでしまったので、最初にオークションで落札をした日からは3週間くらいかかっての受け取りになりました。

通常中古車販売店で購入しても、納車までには最低でもそれくらいかかるので同じくらいかなと思います。

もちろん現車確認しなかったり、廃車済みではない車などであればもっと早く納車も可能ですよ。

 

1番最初に戸惑ったのは、車庫証明の取り方。

地図をどうやって書けばいいの?といろいろと考えてしまったのですが、案外簡単にとることができましたよ。

普段警察所へ行くことなんてないので、足を踏み入れるだけでちょっとドキドキしてしまいましたが、きちんと係の方が丁寧に教えてくれたので大丈夫でした(笑)

 

車庫証明の地図は、【車庫証明をWEB印刷】というサイトを利用したら、自分で書かなくても住所を入れて印刷するだけでとっても便利でした。

利用するのにユーザー登録が必要ですが、無料トライアルで十分使えます。

絵を書くのが苦手、家の周りが入り組んでて地図が書けないなんて人は、ぜひ利用してみたらいいと思いますよ。

【車庫証明をWEB印刷】はこちら

スポンサーリンク

陸運局での登録の流れ

車庫証明をとって、印鑑証明も用意したら、後は陸送業者が陸運局へ車を運んでくれる日を待つだけです。

万が一忘れ物があったりして登録できないと、車を持って帰ってこれないことになってしまいます。

そんなことがないように、前もって最寄りの陸運局へ連絡して必要な書類を確認しておきましたよ。

丁寧に1つずつ教えてくれたので、とっても助かりました^^

それぞれ購入した中古車の状態や、車検の有無などによっても必要なものや準備が変わってくると思います。

1発できちんと登録できるように、前もって陸運局へ必要なものを確認しておくのがおすすめです。

 

廃車済みの中古車を登録する際に必要な持ち物

で、今回私が陸運局へ持って行ったものは以下の通りです。

陸運局へ持って行ったもの

  • 登録識別情報等通知書
  • 自動車予備車検証
  • 譲渡証明書
  • 車庫証明
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 現金10万円

きちんと確認しておいたので、忘れ物もなく持っていけましたよ。

特に注意したいのが、きちんと現金を用意しておくこと。

登録時には重量税や自動車税などの支払いも必要なので、多めに現金を持っていくのがおすすめです。

 

廃車済みの中古車を登録した手順

陸送業者が13時ごろに陸運局へ着くというので、それに合わせて旦那と2人で陸運局へ向かいます。

帰りには2台になるので、今回ノータッチの旦那にもついてきてもらいました。

向かった先は、我が家の管轄陸運局の相模陸運局。

 

着いてしばらくすると、待ちに待った我が家の子になるカングーがやってきました^^

配送業者さんに鍵を渡してもらって、受け取りのサインをします。

もう少し登録の事なんかも教えてくれるのかなと思ったのですが、あくまで配送してきただけとのことで、何にも教えてもらえず…

仮ナンバーを外して、さっさと帰ってしまわれました^^;

 

仕方ないので、とりあえず何をすればいいかもわからなかったため近くの建物に入ります。

窓口がたくさんあるのですが、1番の登録関係受付にはズラッと人が並んでいる状態。

 

他の窓口には、ほとんど人が並んでいませんでした。

 

さすがに何もわからない私でも、1番の登録に並ばなければいけないことくらいはわかります(笑)

けれどまずは、いったい何の書類を書いたらいいのかもわからず、手順も全く不明です。

仕方ないので人が並んでいない窓口のおじさんに、

『すいません…中古車を購入して登録したいんですけど、どうすればいいですか?』

と聞いてみました。

すると持ってきた書面を全部出すように言われ、それを見て

『これとこれを書いて、後は隣の建物で手数料と自賠責払ってから1番に並んでください』

とのこと。

紙を3枚渡されて、とりあえず書くように言われました。

その書類がこちら。

  • 申請書 第1号様式
  • 手数料納付書
  • 自動車重量税納付書

言われるがままに受け取り、とりあえず隣の建物へ行ってみました。

そこでまずは、検査登録の印紙(700円)と重量税の印紙(24,600円)を購入して先ほどもらった用紙に貼ります。

 

あとは隣接していた自賠責保険の窓口で、25か月の自賠責保険に加入しました。

 

そして先ほどの建物に戻って、もらった紙をすべて書きます。

1番迷ったのが、こちらの申請書 第1号様式。

 

鉛筆書きでいいとの事なのですが、どこに何を書いたらいいのやら…

と悩んでいたら、きちんと見本があることを発見!

それでもわからないところは空けておきつつ、とりあえずわかるところは全部埋めてようやく1番の登録窓口の列に並びました。

スポンサーリンク

ようやく自分の番が来たので、持っているものをすべて窓口のお兄さんに渡しました。

すると必要なところをパパパーっとみて、書き忘れがあるところなどを教えてくれたのでその場で修正・追記。

お呼びするので座って待ってて下さいとのことで、しばし椅子に座って待ちます。

 

5分ほどすると、2番の交付窓口から名前を呼ばれました。

もう少し追記するところがあったので、そこに追記をしたら書面をすべて返されました。

そして次はまた別の建物へ行って、自動車税を払ってからナンバーを受け取ってくださいとのこと。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり、よくわからないのですがとりあえず言われたとおりに動きます^^;

この時点で、もはや自分が何をしているのかもわかっていません(笑)

 

指示された建物に入ったら、また手元の書類を見せると必要な書類を渡され書くように言われます。

それがこちらの自動車税申告書。

 

書く欄を教えてくれたので、必要な部分だけ書いてまた窓口へ渡しました。

すると今度は、自動車税を隣の窓口で支払うようにとのこと。

 

隣に銀行の小さな窓口があったので、そちらで今度は自動車税を支払います。

どんどん現金が出ていきますね^^;

けれどここまで来たら、あと一息。

隣の建物にあった、ナンバー交付の窓口に手元の書面を渡すと、ナンバープレートを用意してくれました。

ナンバープレートと一緒に、プラスドライバーとビスなどももらいます。

これを新しい車に自分でつけるということですね。

早速駐車場へ行って、取り付けをしてみます。

 

最初に渡された長いビスだと、車のバンパーに当たってしまう様子。

もう一度ナンバー交付の窓口へ行くと短いビスももらえましたよ。

封印と呼ばれる大きなビスのようなものは、後ろのナンバープレートの左の穴に取り付けるようです。

 

プレートの取り付けも完了し、ドライバーを返却。

あとは駐車場内を回っておられる係の方が、車に来てくれるのを待ちます。

車検証と相違がないか車体番号を確認したら、封印を取り付けてもらって完了です。

車検証もその場で渡してもらい、登録作業が完了しました。

 

ここまでの所要時間が、約1時間20分くらいでしたね。

もっと時間がかかるかと思ったのですが、案外早く終わってびっくりです。

もちろん仮車検済みだったので早く終わったということもありますが、それにしてももっと待たされたりすると思っていました。

 

結果的に本当に陸運局の方に支持されるとおりに動いただけでしたが、スムーズに登録ができてよかったです。

こんな何にもわかっていない主婦でも、やってみればできるんだなぁとちょっと嬉しくなってしまいました。

もちろんきちんとした車屋さんや中古屋さんで購入した時には、こんな作業を自分ですることはないと思います。

けれど1度やってみると、面倒ではありますが案外簡単だったので、また乗り換えの時もお安くヤフオクで車を買うのもありかなーなんて思ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

自分で中古車を登録するのにかかった費用

今回自分で陸運局で登録をするときに、支払った金額をまとめてみました。

  • 検査登録印紙…700円
  • 重量税印紙…24,600円
  • 自動車税…32,900円
  • 自賠責保険(25か月)…26,680円
  • ナンバープレート代(ペイント)…1,440円

     計86,320円

10万円持っていけば余裕で大丈夫だろうと思って持って行ったのですが、案外たくさんかかりましたね^^;

陸運局ではカードなどでの支払いはできないので、すべて現金での用意が必要です。

中古車販売店で購入すると、ここにたぶん点検を加えてプラス10~15万円ほど取られているんですかね?(よく知りませんが^^;)

今回はもちろん現状の状態で納車なので点検などはありませんが、車体価格以外としてはかなり安く済んだかなと思います。

としても、やっぱり廃車済みの車を購入すると車体が安い分、登録料やこういった費用にお金がかかるので、その分も含めた予算で購入するほうがいいですね。

 

終わりに…

今回ヤフオクでカングーを購入してみて、初めてこんなに車に関する手続きを自分で行いました。

けれど結果的には、やってみればどうにかなるなーと感じましたね(笑)

 

今回私はヤフオクで落札してから、初めていろいろと必要な手続きがあることを知りました。

っていうか、それを知っているなら教えてくれよ!旦那!って感じなのですが、今回は私が欲しくって購入することを決めたため、旦那はノータッチ。

オークションで安いのがあるんだーと言ったら、『いいんじゃない?』の一言(笑)

車の中古販売店で買わずにヤフオクで車を買うということが、どういうことかもわかっていない私は、オークションで競ってしまったこともあって、つい勢いで買ってしまいました^^;

買ってから、

『車庫証明?なんじゃそれ?』

『車の登録?どこへ行けばいいの?』

という疑問を1つずつ調べてクリアしたのですが、なんとか無事にすべての事を終えることができました。

そして晴れて昨日、ようやくヤフオクで購入した車が我が家の車となりましたよ。

 

自分で苦労していろいろ手続きしただけに、車に対する思いは一段と強くなりましたね(笑)

今まで車なんて乗れればいい!って思っていたのですが、今回のカングーだけは『私の愛車』として末永く付き合っていきたいと思います。

いろいろわからないことだらけでしたが、とにかく1から調べていろいろと手続きができました。

素人がヤフオクなどで車を購入することを、胸を張っておすすめはできません。

ハズレも多いと聞きますし、最低限現車確認や出品者と連絡を取ってみての確認は必須です。

けれどもし、どうしても欲しい車がオークションで手に入ったなら、私の様にちょっと面倒な手続きをやってみるのも楽しいですよ。

私はもう2度とすることはないかもしれませんが、いい体験になったなーと思っています。

ぜひ私と同じような状況の人は、参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク