公園・遊園地・遊び場

アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんに会う方法【2018】

先日アドベンチャーワールドへ行ってきました。

2018年8月14日に生まれたパンダの赤ちゃんにも、ちゃんと会ってきましたよ。

ちらっと見えた真っ白な赤ちゃんは、とっても可愛かったです。

またお母さんパンダが大切そうにずっと赤ちゃんを抱えている様子が、とっても印象的でした。

今回はそんなアドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんに会ってきた流れを、まとめて書きたいと思います。

知っておかないと逆に赤ちゃんを見るチャンスを逃してしまうようなこともあったので、ぜひこれから赤ちゃんパンダを見に行く前には目を通してもらいたいです。

今しか見れないアドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダを、ぜひ一度見に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

アドベンチャーワールド パンダの赤ちゃん公開時間

2018年8月14日に生まれた赤ちゃんパンダの公開は、9月13日から始まりました。

まだまだ体重1キロくらいの小さな赤ちゃんのため、公開時間はとっても短くなっています。

私が行った9月20時点での赤ちゃんパンダの公開時間は以下の通り。

パンダの公開時間

  • 午前10時15分から10時35分
  • 午後2時40分から3時00分

 

1日2回、それぞれ20分ずつの公開とHPには書かれていました。

えっ?20分しか見れないなら、絶対にその時間に行かないと!!

そう思って、我が家は開園直後の10時15分からの回で会いに行くことにしました。

2018/11/1からは、以下に時間が延びました。

午前10時15分〜11時00分 / 午後2時30分〜3時00分

 

アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんに会う方法

赤ちゃんパンダは園内の一番左奥のほうにある、ブリーディングセンターにお母さんパンダの良浜と一緒に過ごしています。

赤ちゃんパンダに会う2回のうち、午前中の10時15分からの回はアドベンチャーワールドがオープンする10時の直後になるため、開園と同時に列を作ることになります。

今回9時45分くらいにアドベンチャーワールドに着いたのですが、すでにこれくらいの人が並んでいました。

 

横に10列くらい並んでいて、一番チケット売り場から近い左側に並んでみました。

並んでから気づいたのが、ゲートに入った前に有料オプションツアーのカウンターがあったということ。

1番はドルフィンフィーディング

2番はアニマルアクションふれあいツアー

そして一番右の3番がパンダの赤ちゃんに会いに行く列でした。

3番から一番遠いところに並んでしまったので、『あぁ~やっちゃったな><』とちょっと後悔。

けれどすでに後ろにも続々と列が続いているため、並びなおすよりはこのまま一番端の列に居た方が早く中に入れそうでした。

なのでちょっと3番からは遠いけれど、このまま一番左の列に並んで待つことに。

 

そうこうしているうちに、前の画面で赤ちゃんパンダのクイズなどが始まりました。

赤ちゃんパンダが生まれた時の体重のクイズなどがあり、楽しむことができました。

そしていよいよ10時ちょうどになったので、一斉に開園です。

順番にチケットのバーコードにピッとしてもらって、中に入ります。

1番2番のカウンターにももっと人が行くかなと思ったのですが、数組しか行かずにみんな一斉に3番のカウンター目指して進みます。

右の列がパンダの赤ちゃんに会う列です。

そのまま列を誘導してくれるので、走ったりする人もおらずにみんな順番に並んだまま進みます。

そのまま列についていくと、アドベンチャーワールドの園内をどんどん進んでいきます。

途中アニマルランドの中を通ったり、マリンウェーブの中を通ったりとかなりいろいろな場所を経由して進みます。

雨が降っていたからか、ずっと屋根のある場所を歩いてくれたため傘をさすことも1度もなく、無事にブリーディングセンターまでたどり着きましたよ。

 

ブリーディングセンターに着いたのが、10時10分くらい。

約7~8分とけっこうな距離を歩きましたね。

けれど雨に一度もぬれずにたどり着けたことにびっくりでした。

ちゃんと雨が降った時のことも考えられているんですね。

スポンサーリンク

パンダの赤ちゃん公開の様子

パンダの赤ちゃんに会えるブリーディングセンターは、こんな感じで列を作って順番待ちをします。

 

この写真の一番右手前の、カーテンが下がっている場所の向こう側にお母さんパンダの良浜と赤ちゃんパンダがいます。

列の作り方はこんな感じで、一番最初に並んだ人がカーテンオープンの時に赤ちゃんパンダの前にいれるようになっています。

4列目以降はちょっとさすがに遠くて見えにくいですが、3列目くらいからであればなんとか見えそうな感じです。

なので実際は、3列目以降に並べば3回くらいは赤ちゃんパンダを見れるチャンスがあるということですね。

我が家はちょっと出遅れたため、ちょうど並んだのが3列目の真ん中くらいでした。

 

列を詰めた状態で、カーテンが開くまで時間を待ちます。

赤ちゃんパンダ公開時間は10:15~10:35のため、着いてから5分ほどはその場で進まずに待つ時間がありました。

その間は、上にかかっているモニターで赤ちゃんパンダが生まれたときの映像などが流されていましたよ。

 

そしていよいよ10:15になり、カーテンが開けられました。

3列目でも、人の間からはのぞくことができるので赤ちゃんパンダを見ようと背伸びしてみたのですが・・・

その時点では良浜がしっかりとこちらに背中を向けてしまっていて、しっかり抱かれた赤ちゃんはまったく見えず><

間からチラッとしか見えなかったので写真もないのですが、完全にママパンダの良浜の背中とお尻しか見ることができませんでした。

モニターでもこんな感じで、良浜の顔しか見えずに完全に隠れてしまっています。

 

もちろん見えないからといって、見えるまで待てるわけではありません。

一番先頭に並んでいた人たちはしばらく粘っていましたが、結局係りの人に誘導されてしぶしぶその場から進んで出口へ向かっていました。

せっかく一番に並んだのに、逆にタイミングが悪いとこんなことにもなっちゃうんですね。

 

私たちはまだ赤ちゃんパンダの前に行くまでに時間があるので、それまでに良浜の体勢が変わってくれるように祈るような気持ちで列を進みます。

途中にあるモニターでは、別の角度からの赤ちゃんパンダの様子を流してくれていました。

たまにちらっと赤ちゃんパンダが見え隠れするたびに、周りからは歓声があがります(笑)

 

先ほどのイラストにも描いたとおり、ブリーディングセンターでは赤ちゃんパンダのブース以外にも、真ん中は遊び場のようなスペース、そして一番左にはお父さんパンダの永明がいます。

真ん中のスペースは、赤ちゃんパンダが少し大きくなったら遊んだりするようなのですが、今はパンダのぬいぐるみが置かれていました。

しかもちっちゃな赤ちゃんつき(笑)

赤ちゃんがウーパールーパーのようで笑えました。

 

そして一番奥のブースには、お父さんパンダの永明がお出迎えしてくれます。

といっても、こんな感じでまったくやる気なし~な感じ^^;

 

まったく動かないんですが、たまに伸ばしている足がピョコッと動いたりするのが可愛かったです。

できれば笹を食べてるところとかを見たかったのですが、朝はおねむなんですかね。

私たちが見ている間は、ずーっとこの体勢でした。

お尻からだと、貫禄と哀愁が漂っていますね(笑)

 

そしてゆっくりと進むこと、並び始めてから約15分ほど。

だんだんと赤ちゃんパンダが近づいてきました。

運よく並んでいる間に赤ちゃんが動き出してくれたので、ママパンダの良浜も体勢が変わっていました。

モニターで見る限りだと、たまに赤ちゃんがたまに顔を出しているので見えそうな感じです。

そのまま何とかいてくれーと願うような気持ちで、赤ちゃんパンダの前に向かいます。

そしてついに!赤ちゃんパンダの前まで来て、ご対面です~!!

 

遠いのでちょっとわかりにくいですが、良浜の腕の中からひょっこり顔を出している赤ちゃんパンダが見ることができました。

真っ白なので、離れていてもよくわかります。

きちんとお目目の周りは黒くって、しっかりパンダのお顔ですね^^

カメラでも撮って、肉眼でもしっかりと見ることができて良かったです。

 

赤ちゃんパンダの前も流れるような感じで進まなければいけないのですが、実際はカメラを向けたり少し立ち止まることはできるので、1分くらいは居ることができました。

もちろんあまり長く居座ってしまうと係りの人に注意されてしまいますが、そこまで厳しく監視しているようには感じませんでしたね。

ブリーディングセンターを出たのが10:35頃だったので、結果的に20分ほど並んで見ることができました。

並んでいる間もお父さんパンダを見たり、上にあるモニターで赤ちゃんの様子を見れるのでそこまで飽きることもなかったですよ。

私たちが出た時点では、こんな感じでブリーディングセンターの外にも、ズラーっと行列が続いていました。

ここからだと赤ちゃんパンダの前までに、40~50分はかかってしまうと思います。

やっぱり開演前から早めに並んでおかないと、開園後の1時間半くらいはこの行列に時間を使うことになってしまいそうですね^^;

スポンサーリンク

パンダの赤ちゃんの公開時間は20分しかないの?

なるべく3列目以降に並べる方がいいと書きましたが、パンダの赤ちゃんの公開時間は午前午後それぞれ20分ずつしかありません。

20分間を過ぎると見れなくなってしまうのでは?って思ったら、やっぱり早めに行ったほうがいいって思いますよね。

 

けれど安心してください。

係りの人にも聞いたのですが、パンダの赤ちゃん公開時間内に列に並びさえすれば、きちんと赤ちゃんパンダに会わせてくれるそうです。

なので遅くても午前は10:35までに、午後は15:00までにブリーディングセンター前の列に並べば大丈夫です。

なので結局公開時間は20分となっていても、その間に並んだ人全員が見終わる1時間半くらいは公開時間があるということですね。

ただしこういった最後尾のプラカード持った係りの人がいるので、時間を過ぎてしまうと並ぶことはできないので注意してくださいね。

 

午後の公開時間中の14:45頃にもちょうどブリーディングセンター前を通ったのですが、列はブリーディングセンターの外まで並んでいて最後尾で45分待ちとなっていました

やはり長い時間並ばなければいけなくなってしまうので、どちらかというとオープン直後にそのままブリーディングセンターへ直行した方が待ち時間は短くてすみそうですね。

もしくは午後の公開に備えて、ブリーディングセンター前で14時過ぎから並んでみてもいいと思います。

 

また赤ちゃんパンダの成長に伴い、公開時間は長くなってきます。

生後1ヶ月の今の時点ではまだ午前午後ともに20分ずつとなっていますが、歩いたりできるようになってくると少しずつ公開時間が延びるようです。

確実にパンダの赤ちゃんの姿を見たいというのであれば、歩き出してからの方がいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

結局いつ並ぶのがいい?

我が家が行ったのは平日の雨の日なので、一番空いていると思われる日でした。

開園15分前に着いて開園まで並び、そのままブリーディングセンターへ行って20分待ち。

おそらく土日だとこの比にならないくらい混むことが予想されます。

とりあえず時間内に並べば確実に赤ちゃんパンダに会うことはできますが、後ろの方になってしまうと並ぶ時間は1時間以上になってしまうと思います。

なので土日はなるべく、開園1時間くらい前に現地に着いてオープンと同時にブリーディングセンターへ向かう列に並ぶことがおすすめです。

平日も開園後に入場するようであれば、30分以上は確実に並ぶと思うので時間には余裕を持ってくださいね。

ただし並んでいる間も屋根や扇風機はあるので、雨や日差しからは逃れることができます。

また待っている間にお父さんパンダの永明を見れたり、モニターから赤ちゃんパンダの様子が見れるので、そこまで退屈したりすることはないですよ。

 

また結果的に私たちは並んだ列があまり前の方ではなかったので、並んでいる間に体勢が変わって自分たちの番が来たときには赤ちゃんパンダを見ることができました。

逆に列の一番前だった人たちは、せっかく1番に並んだにも関わらずカーテンが開いたタイミングでは赤ちゃんパンダを見ることができていませんでした。

これを考えると、なるべく赤ちゃんパンダをたくさん見れるチャンスを作るためにも、あまり列の前の方に並ばない方がいいなと感じました。

もちろん逆の場合も考えられますが、少なくとも3列目以降に並んでいれば3回赤ちゃんパンダが見えるチャンスがあるので、少し遠くても見れる可能性が高いです。

上の2番目の星より前に並んでしまうと、チャンスは1回しかないのでもったいないですよ。

最低でも20~30分くらいは並ぶことになりますが、3列目以降になるくらいがお勧めです。

 

HPでも赤ちゃんパンダの様子が見れます

実は赤ちゃんパンダの公開時間には、アドベンチャーワールドのHPでも赤ちゃんパンダの様子が見れるんですよ。

実際に現地で上のモニターに映っている映像と同じ映像を見ることができます。

せっかくだから赤ちゃんパンダを生で見るのもいいですが、土日だと並ぶ時間がかなり長くなってしまうので子供が飽きてしまう可能性もあります。

それに並んだからといって、必ず赤ちゃんパンダの姿が見れるかどうかはわかりません。

時間がもったいないなと思うようであれば、アドベンチャーワールドでは赤ちゃんパンダを水に改めてHPで見るのもいいかもしれませんね。

https://aws-panda-live.com/

 

まとめ

2年に1回くらいの頻度で赤ちゃんパンダが生まれるアドベンチャーワールド。

生まれたてのまだ1キロくらいしかない赤ちゃんパンダは、本当に小さくて真っ白でとっても可愛かったです。

けれどまだお母さんパンダの良浜に抱っこされているだけなので、会いに行っても確実に姿が見れるかどうかはわかりません。

かなり運次第ではありますが、運がよければしっかりと赤ちゃんパンダの黒白の模様を見ることができますよ。

また、確実に赤ちゃんパンダの姿が見たいという場合は、よちよち歩きができるようになる生後3ヶ月以降のタイミングを狙ってみるのもいいかもしれませんね。

そうすればお母さんにじゃれる可愛い姿を見ることができるはずです。

赤ちゃんパンダに会える時期は限られているので、ぜひ一度見に行ってみてくださいね。

これから赤ちゃんパンダに会いにアドベンチャーワールドへ行こうと思っている方の、参考になればうれしいです。

アドベンチャーワールドのイルカショーとアニマルアクションははずせない!先日初めて和歌山県にある、南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました。 行く前から必ず見たかったのが、日本で一番すごいとも言われて...
アドベンチャーワールドは雨でも最高!雨の日の注意点と持ち物まとめ先日関西への帰省時に、前もって予定していた1泊2日の南紀白浜旅行。 メインイベントはもちろん和歌山県のアドベンチャーワールドです! ...
スポンサーリンク