おもちゃ・知育

4歳児に習い事は必要?まだ早い?幼児に習い事をさせるメリットと選び方

https://mainichi-rainbow.com/shimajirou-talk息子は現在4歳3ヶ月で、幼稚園で言うと年少さんです。

そろそろ周りの同学年のママ友の話を聞いていると、習い事を始めているようです。

調べてみると、4歳までに習い事を始めている子が全体の70%を越えるんだとか。

え?我が家は出遅れた?なんて少し焦ってしまいました。

けれど習い事ってなかなか決めるのが難しいですよね。

まだ4歳の子供が興味本位でやりたい!って言うことが、長続きするかもわからないし。

お金だって安くても月5000円くらいはします。

年中さんになったら何か始めようかなぁとのんびり構えていたのですが、これを機に少し下調べをしたので書きたいと思います。

しまじろうトークってどう?4ヶ月続けてみて感じた口コミ体験談。もうすぐ5歳になる年中の息子は、1歳のときからこどもチャレンジEnglishを続けています。 本人もなんとなく英語に興味はあるものの、...
スポンサーリンク

幼児の習い事はいつから始めるのがベスト?

習い事と言っても、ベビースイミングやリトミックなどのお母さんと一緒に参加するものから、英会話、ピアノなどのお母さんと離れてレッスンを受けるものまでさまざまです。

まずはお母さんと一定時間離れていられるかどうかで、習い事の種類が変わってきます。

幼稚園や保育園へ行っているお子さんならお母さんと離れることにも慣れているので、選択肢の幅も広がりますよね。

逆にまだ幼稚園などに行っていないというお子さんには、ママと離れる練習のためにも習い事はいいかもしれません。

ただまだママと一緒にいたい!というお子さんには、親子で参加できる習い事がお勧めです。

毎回泣きながらお別れするのも辛いですもんね。

親子で参加できる音楽教室やスイミング、英会話教室やダンスなどもあるようなので一度近くにないか探してみるといいかもしれません。

 

ちなみ私の友達はヤマハの音楽教室に通っているそうなのですが、レッスン時は必ずお母さんも一緒なんだそうです。

そして上のお姉ちゃん(5歳)のレッスンの時に弟くん(1歳)も一緒に抱っこで参加しているとか。

弟くんも音楽が大好きみたいで、レッスンの間は楽しそうにしているそうです。

これならお姉ちゃんの習い事で弟くんまで楽しめて、一石二鳥ですよね。

 

息子は0歳から保育園へ行っているので、私と離れることに関しては特に心配はしていません。

ただやはり子供でも知らない場所で突然ママと離れ離れにされると泣き出してしまうこともあると思います。

初めて習い事に行く前には、必ずどこへ行ってどういうことをするかなど説明してあげましょうね。

習い事をはじめるのに早すぎる、遅すぎるということはないと思います。

ただし4歳にもなるとおしゃべりもある程度できますし、自我もしっかりしてきます。

親の一方的な希望ではなく、子供がきちんと興味をもってやりたいというタイミングが一番いいですよね。

スポンサーリンク

幼児の習い事を選ぶ時に重要なのは?

習い事を選ぶ時に気をつける点がいくつかあります。

選択を間違ってしまうと、せっかくはじめた習い事が楽しくないものになってしまったり、また続けたいのに続けることができなくなってしまったりします。

まずはこの3つに気をつけて選ぶといいと思います。

親の希望ではなく、子供自身が興味をもっていること

「体を動かすのが苦手みたいだから、体操を習わせて体を動かすことを好きになってほしい。」

「落ち着きがないから絵や習字を習わせて、すこしじっとしているようになってほしい。」

「お友達とのコミュニケーションが苦手だから、チームプレーの習い事でお友達とうまく接することができるようになってほしい。」

こんな理由で習い事をはじめようとしていませんか?

確かに子供のことを心配して、少しでも苦手なことを減らしてあげたいと思うのが親心です。

けれどこのような決め方は親の希望でしかないですよね?

親の希望だけで習い事を選んでしまうと、きっと子供にとって習い事は苦痛にしかならないと思います。

3、4歳くらいの子供はまだ自分が何が好きなのか?何が得意なのか自分では判断できません。

目の前に新しいおもちゃを用意されるとすぐに遊び始めるのと同じで、新しい習い事は最初はとても魅力的に感じるはずです。

なので親がやってほしい習い事をやってみる?と聞いたら「やりたい!」と言うかもしれません。

けれど本当に子供にむいているかは、親がきちんと判断をしてあげる必要があります。

まずは本人が興味を持っていてやりたいと思っていることが第1条件。

そして普段の様子や性格も考えて、本当に子供がやりたいことなのか、続けれる習い事なのか親が見極めてからはじめるといいですよね。

 

習い事の場所や時間が大切

習い事を長く続けるためには、場所や時間がとても重要です。

4歳だともちろん送り迎えが必ず必要ですが、近い場所の習い事なら小学生くらいになれば自分で自転車や歩いて通うことができるようになります。

けれどそれが難しいような遠い場所の習い事だと、いつまでたっても送り迎えが必要です。

たかが週1回の習い事でも、3年、5年と続けることを考えると、親にとっても負担が少ないほうがいいですよね。

また開始時間や曜日も気にするようにしましょう。

4歳児から参加できる習い事だと、けっこう平日の3時や4時くらいから開始のものが多かったりします。

幼稚園から帰ってきてすぐの習い事だと、お昼寝をしておらずちょうど眠くなってしまう時間だったり、疲れていてあまり集中できない可能性もあります。

それであれば土日に習いごとをするほうがいいかもしれません。

せっかくはじめるのであれば、毎回子供がきちんと集中できる環境を作ってあげたほうが身につきますし楽しめます。

また土日の習い事だと、せっかくのお休みが習い事のために1日潰れてしまうことになりかねないです。

土日の場合は午前中や夕方からの習い事にしたほうが、それ以外の時間を有意義に使えます。

習い事が終わったらいつも行かないちょっと遠い公園へ行こう!なんてこともできますよね。

普段の生活に組み込んでも無理なく参加できる習い事を選びたいですね。

 

家計に響かない程度に

習い事を決める時にやはり一番重要なのは、いくらかかるかってことではないでしょうか?

安いものでも月4000円くらい、高いものだと1万円を超えるような習い事もあります。

また習い事の内容によっては、毎月の月謝以外にも以下のようなものがかかります。

  • 学習塾、英会話・・・教材費やテスト代
  • バレエ、ダンス、ピアノ・・・発表会の衣装代
  • テニス、スイミング、サッカー、野球・・・ユニフォームや道具代、遠征の交通費、合宿費

案外月謝以外のお金がかかるのも習い事です。

習い事によっては毎月いろんなお金がかかってきます。

長く続けるためにも、どれくらいの費用が月謝以外に必要なのかも前もって調べておいたほうが安心ですね。

 

スポンサーリンク

まずは体験教室から参加してみよう。

子供が興味を持っていることを見つけたら、すぐに習わせたい!と思うのが親心。

けれどまずは本当にその子に合っているのか、そして先生や教室の雰囲気を知るためにも体験教室に申し込んでみましょう。

息子も実は以前、公文の体験教室に参加したことがあるのですが、最初は楽しそうに通っていたのに4回目でもう行かない!となってしまいました。

公文の体験教室へ3歳で行ってみた結果。【体験レポ】1年に何回かTVで見る「くもんの体験教室」のCM。 私自身が小学生の頃くもんへ通っていて、算数の暗算がとても得意になったこともありくも...

 

本当は体験2回目くらいでもう申し込んでいいかなと思っていたのですが、結果的には続けることができませんでした。

公文のように4回も無料で体験できるような習い事は少ないかと思いますが、1回でも体験して感じることは多いと思います。

同じスイミング、英会話などでもたくさん教室があるので、一番お子さんに合ったところを選びたいですね。

 

幼児が習い事を始めるにあたっての心構え

私は習い事をする前に、ひとつこれだけはきちんと息子に教えたいなと思っていることがあります。

それは「習い事はタダじゃない。だからすぐにやめたいって言わない。」ってこと。

 

4歳の子供にそんなことを言っても伝わらないって思われてしまうかもしれませんが、これって絶対に大事だと思うんですよね。

「習い事はママやパパが一生懸命働いたお金をつかってできることなんだよ。だからイヤになったからってすぐにあきらめたりやめたいって言わないでね。」

これを約束してから習い事を始めようと思っています。

やりたいことは何でもやらせてあげたいとは思うのですが、だからといって面白くないから次っ!といろんな習い事を始めたところで、結局身に付かないと思うんですよね。

 

それは実際に私自身の経験でもあるんです。

私は一人っ子だったので幼稚園の頃からいろんな習い事をさせてもらってきました。

体操、スイミング、習字、公文、ピアノ、英語、そろばん・・・

けれど当時の私はなかなかうまくならなかったり、飽きたりするだけですぐにやめたい!と言ってました。

そして両親も止めずにやめさせてくれました。

その結果、また次の興味があるものを始める。。。と習い事の繰り返し。

もちろんどれもたいして身についていないんですよね。

確かに多少は泳げるようになったし、公文とそろばんで暗算は得意になりました。

ピアノだけは10年くらい続けれたので楽譜は読めるし多少は弾けます。

けれどどれも自身をもってできる!と言えるほどではありません。

しかも大人になっても長く我慢して続けるということが苦手で、仕事も5年以上続かない(笑)

とりあえずやってみればそこそこできるけど極めることはできないっていう、よくいう器用貧乏になってしまいました^^;

 

もちろんたくさんの経験をさせてくれた両親には感謝しています。

けれど

私がやめたいって言ったときに、叱ってでも続けなさい!って言ってほしかったな。

何かひとつでも自身が持てることがほしかったな

なんて少し思っているのも事実です。

 

そんなこともあって、息子にはいろんなことを体験させてあげて選択肢の幅を広げてあげたいとは思うのですが、その反面1度始めたらすぐに諦めることだけはさせたくないなと思っているんですよね。

4歳児にどこまで伝わるかはわからないですが、これだけは習い事を始める前に約束したいと思っています。

そしてもしはじめてから「やめたい」と言ったとしても、その理由が納得できるものでない限りは「自分でやるって決めたことなんだから、頑張りなさい」と背中を押し続けようと思っています。

 

まとめ

いかがでしたか?

幼稚園や学校と違い、一度はじめても違うと思ったらすぐにやめれるのが習い事。

だからといって次々にいろんなことにチャレンジしていると、子供も何が楽しいのかわからなくなってしまいます。

そして「いやになったらすぐにやめればいい」という考え方が出来上がってしまいます。

たかが習い事、されど習い事。

せっかくお金を払ってはじめるのですから、子供が楽しんで長く続けられるものを選びたいですよね。

 

うちの場合は今回いろいろ考えた結果、今習い事をはじめるのは見送りました。

来年4月の年中さんから、本人がとても興味を持っている絵画教室に通わせようと思います。

月曜から金曜まで毎日保育園で10時間近く過ごしている息子。

平日はなかなか習い事に通うことはできないので、結果的に土日の習い事を選択することになります。

せっかくの土日に習い事を入れてしまうと、家族で過ごす時間が少なくなることが私も旦那も嫌だなと思ってしまいました。

それより今はまだ家族でいろいろな場所へ出かけて、たくさん体を動かして、様々な経験をさせてあげたほうが本人のためにもいいのでは?

夫婦で話し合いをした結果、そんな結論になりました。

それぞれの子供や家庭にあったタイミングで習い事をはじめてくださいね。

ドラえもんステップアップパソコンの口コミ。5歳の誕生日プレゼントにぴったりでした。子供が大好きなドラえもん。 我が家の息子も1歳頃からアンパンマン一筋だったのが、4歳を過ぎたくらいから突然ドラえもん好きに変身しました...
スポンサーリンク