アウトドア

鳶尾山は神奈川で子供とハイキングするのにおすすめ!3歳幼児からでもOK!

私が住んでいる神奈川県厚木市の近くには、たくさんの山登りやハイキングコースがあります。

丹沢の代表といわれる大山をはじめ、仏果山、高取山など、ある程度山登り装備が必要なコースが多い中、3歳の幼児でも歩けて、しかも見晴らしがとってもいいお勧めのハイキングコースがあるんです。

それが今回紹介する鳶尾山!!

山登りが好きな人にとっては、子供がしっかり歩けるようになる3歳くらいからは、少しずつ山登りやハイキングをさせて慣れさせていきたいですよね。

我が家もいつか一緒に富士山に登りたいと思っているので、山登りは小さいうちからさせたいなと思っています。

けれどあまりハードなコースを選んでしまうと、結局子供は歩けずにすぐに抱っこ!となってしまいます。

背負子を持っていったとしても、下手したら10キロ以上の子供をずっと担ぐ羽目に・・・

けれど鳶尾山は適度に山登りも体験でき、景色もいいので自然と子供が歩いてくれますよ。

山登りというと少し物足りなく感じるかもしれませんが、3~4歳にはいろいろな発見や楽しみを見つけながら自然と触れ合える、とってもいいコースです。

我が家に一番近い山でもあるので、今まで子供が生まれてから10回以上登っています。

もちろんはじめは背負子に乗せてでしたが、4歳の今は自分でしっかり行きも帰りも歩いてくれるようになりましたよ。

今回はそんな山登りにお勧めの鳶尾山をご紹介したいと思います。

3歳幼児と高尾山ハイキング。ケーブルカーなしで登るおすすめコースとポイント。ベビーカーでも登れる山としても有名な高尾山。 都内や首都圏からのアクセスもよく、子連れで登れる山としても人気がありますよね。 そんな...
スポンサーリンク

鳶尾山とは?

鳶尾山は中津川と荻野川の間に位置し、標高234.1mとあまり高くはない山です。

けれどとっても見晴らしがよく、また日本で最初の一等三角点が置かれた山としても有名だそうです。

近所のお年寄りが散歩がてら毎日歩いていたり、また近くの幼稚園や保育園の遠足としても利用されたりしている、地域に愛された山です。

あまり有名ではありませんが、一度登るとついついまたきてしまいたくなるそんな山なんです。

鳶尾山お勧めのコースは?

鳶尾山には山頂と展望台が別の場所にあり、上り口も2ヶ所あります。

どちらの上り口もバスで行けるのですが、展望台や山頂で引き返して同じバス停に戻ることも可能なので、その時の体調やペースに合わせてコースを選ぶことができます。

ちなみに展望台が近いコースは、鳶尾団地バス停→天覧台公園→展望台→鳶尾山山頂

山頂が近いコースは、まつかげ台バス停→鳶尾山山頂→展望台になります。

けれどまつかげ台バス停からだと、住宅街からしばらくコンクリートの山道を歩く必要があります。

この道は特に眺めもよくなく、木が生い茂っていてあまり歩きたいと思える道ではありません。

私も何度かこのコースで登ったこともありますが、舗装されている分歩きやすいのですが、あまり楽しくありませんでした。

なので小さいお子さんがいる場合は、鳶尾団地バス停から天覧台公園→展望台→鳶尾山山頂で折り返して、またもと来た道を戻るのが一番いいかなと思います。

ちなみに車で来て登りたい場合は、一番近い八菅山いこいの森駐車場(無料)に車を停めて、そこから歩くことも可能です。

 

ただ八菅山いこいの森駐車場からも、登山口入り口まではしばらくコンクリートの峠道が続きます。

子供が歩くには少し不向きなので、できれば背負子を持ってきて山道に入るまでは背負ってあげたほうがいいかなと思います。

4~5歳くらいであれば駐車場から歩くことも可能かとは思いますが、3歳だと最初の坂道で飽きてしまう可能性大です。

万が一の時のために、背負子はあったほうがいいかなと思います。

また登り口の近くには有料のパーキングはないので、車で来るときには注意してくださいね。

スポンサーリンク

3歳でも歩けるお勧めハイキングコース紹介

そんなわけで、今回は私のお勧めの鳶尾団地→天覧台公園→展望台→鳶尾山山頂のコースをご紹介したいと思います。

まずは本厚木駅から鳶尾団地バス停までは、バスで約30分ほどです。

鳶尾団地バス停を降りると、バスロータリーになっています。

 

ロータリーをスルガ銀行側へ曲がり、そのまままっすぐ進みます。

 

信号を1つ過ぎて少しすると、右手に天覧台公園が見えてきます。

バス停から約300m、時間にして4分くらいで天覧台公園に到着です。

 

こんな感じでハイキングコースがわかりやすく表示されているので、すぐに気づくと思います。

手前には小さな公園で遊具もあるので、バスが長くて少し飽きてきた場合はここで少し子供を遊ばせるのもいいと思います。

 

ハイキングコースの全体はこんな感じです。

天覧台公園から鳶尾山山頂までは、大人の足で約50分ほど、子供がいるとだいたい1時間10分くらいかなという感じです。

 

まずは最初の難関、階段がしばらく続きます。

ここは大変そうであれば背負子に乗せてあげるのが無難かもしれないですね。

ここで疲れてしまうとせっかくの山道を頑張って歩けなくなってしまうので、パパの頑張りどころです。

 

階段を登ると鳥居があり、そこから山道の始まりです。(鳥居の写真忘れました^^;)

ここからは子供のペースを見ながら、ゆっくり一緒に歩いていきましょう。

結構のぼりがきつかったり、気の根っこや段差があったりする場所もありますが、最低限手を貸してあげて後は様子を見てあげてください。

案外こういう道って子供が大好きなので、一人で頑張って歩いてくれると思いますよ。

 

こんな段差も一人で上っていきます。

 

しばらく歩くと現れるのが、第1の目的地の展望台です。

螺旋階段で間があいており、向こう側が見えるので子供は怖がるかもしれません。

うちの子供は何度も登っていますが、いまだにこの階段は苦手なようです(笑)

 

くるくると階段を登っていくと、展望台の上から絶景が望めます。

 

畑の先には新宿の高層ビル郡まで見えます。

天気がいい日は東京タワーやスカイツリーまで見えますよ。

 

南には江ノ島や大島。

 

そして西側には大山をはじめとする丹沢の山々が望めます。

この景色がこんな低い山から見えるなんてすごいですよね。

実はこの展望台から見る夜景や日の出もとっても綺麗みたいなんです。

もちろんそこまでは真っ暗の道を進まなければいけないのですが、もう少し息子が大きくなったら初日の出なんかをここで見るのもいいかなぁなんて思っています。

朝早く暗いうちから山を登り、初日の出を見るなんてなかなかできない体験ですよね。

息子が小学生になったらやってみようと考えています。

 

展望台で少し休憩をしたら、次は鳶尾山山頂を目指します。

ちなみに展望台の下にはベンチがいくつかありますが、ベンチからだとそこまで眺めはよくないです。

なのでお弁当を食べるのは展望台より山頂のほうがお勧めです。

が、山頂といっても一度展望台からは下って、その後また山頂までのぼりが続きます。

階段があったり急な下りや少し険しい場所もありますが、3~4歳の子であれば頑張ったら歩けると思います。

息子も4歳の今では特に手を貸すこともほとんどなく、自分で歩いてくれるようになりました。

 

枯葉が多いところは滑るので、下りだけは手をつなぐようにしています。

 

こんな階段も自分で手すりを持って登っていきます。

 

途中ススキがたくさんある平坦な場所もあるのですが、息子はここがお気に入り。

 

冬以外にはコスモスやいろいろな花が咲いていたりもするので、いつもこの場所では花を摘んだりススキをとったりでなかなか前に進みません(笑)

今回はここでこんなきのこがいっぱい生えた木を見つけて大興奮!

 

「毒キノコだ!!」なんて大騒ぎしてました^^

あとは落ちていた大きい葉っぱをお面にしたり

 

どんぐりを拾ったりと、いろんな植物や自然に触れることができるのも山登りのいいところ。

ただ歩くだけでなくて、上や下などいろんな場所に楽しみを見つけながら歩くと、子供もいつの間にかたくさん歩いてくれますよ。

 

そんなこんなで歩くこと展望台から約40分ほど。

ようやく鳶尾山山頂に到着です。

 

山頂も展望台と同じく景色がとってもいいです。

またベンチがいくつかあり、平らになっているのでシートを広げてお弁当なんかにもぴったりです。

 

実はこの山頂に生えている木は全部桜の木なんです。

なので春は桜満開の中でお弁当を食べたりもできますよ。

眺めのいい景色を桜を堪能しながらお花見できるなんて最高ですよね。

普段そこまで混んでいない鳶尾山ですが、桜の時期だけはけっこうたくさんの人がお花見に来ていたりします。

我が家も毎年桜の時期には1度は来ています。

以前は山の上なので少し遅めのほうがいいかなと思って、少しタイミングをずらして登ってみたのですが、実際は鳶尾山はそこまで高い山ではないので桜の時期にそこまで差はありませんでした。

なので厚木市の桜が咲いている時期と同じ位には、鳶尾山の桜も満開になっていると思いますよ。

ぜひ一度桜の季節の鳶尾山へも足を運んでみてくださいね。

 

ちなみに山頂からもう少し先へおりた場所には、こんな桜並木になるような場所もあります。

ここもとっても眺めがいいので、桜の時期にはお勧めです。

もし桜を目当てに鳶尾山へ行くのであれば、今回紹介した鳶尾団地バス停からのルートではなく、まつかげ台バス停から歩いたほうが近いです。

少し坂がきついコンクリートの道を登らなければいけませんが、その後の桜は絶景ですのでぜひ一度見に行ってみてくださいね。

 

ちなみにこちらはまつかげ台バス停からのハイキングコースになります。

最初にご紹介した鳶尾団地からのルートとは反対コース。

上りと下りがある分、若干時間が異なるので参考にしてくださいね。

 

まとめ

そんなわけで私が大好きなハイキングコース、鳶尾山をご紹介しました。

山登りっていうほどハードではないですが、小さい山ながらも多少の起伏に富んだ山道なので、小さい子供には本当にぴったりだと思います。

これから一緒に親子登山を始めたいなって思っている人には、ぜひ練習がてらに登ってみてほしいです。

幼児でも楽しめるようなハイキングコースを探している方の参考になればうれしいです。

 

遊具でも遊びたいときには、近くにある荻野運動公園やあつぎこどもの森公園がおすすめ。

帰りに寄ることもできるので、山登りだけじゃ足りないときにはぜひ行ってみてくださいね。

厚木近辺の情報

愛川町のステーキレストラン STUMP(スタンプ)がおすすめ!子供もOK!ガッツリお肉食べれます。神奈川県愛川町にある、ステーキレストランSTUMPへ行ってきました。 観光スポットのあいかわ公園や服部牧場の近くにあり、「え?こんなと...
鳶尾山は神奈川で子供とハイキングするのにおすすめ!3歳幼児からでもOK!私が住んでいる神奈川県厚木市の近くには、たくさんの山登りやハイキングコースがあります。 丹沢の代表といわれる大山をはじめ、仏果山、高取...
あつぎ(厚木)こどもの森公園へ行ってきた!ヒルに要注意!今日は3連休の3日目。 お天気はいまいちだけど、気温も涼しくて公園日和でした。 そういえば近くに行ったことがない公園があるなと思い立...
田代運動公園が最高!無料でキャンプができて、プールや川遊びまでできるんです。最近アウトドア&キャンプブームで、土日を利用していろいろなキャンプ場へ出かける家族が増えていますよね。 我が家はキャンピングカーなので...
必見!神奈川で人気の県立あいかわ公園の詳細まとめ。我が家が大好きなあいかわ公園。 本当に魅力たっぷりの、いろいろな遊びができる公園なんですよ。 今まであいかわ公園についてたくさんの記...

スポンサーリンク