DOG

愛犬家向けアプリの『いぬノート』って何?どんな機能があるの?を調べてみました。

2017年12月7日にリリース予定の愛犬管理アプリ『いぬノート』

まだサービスは開始されていませんが、犬を飼っている愛犬家としてはどんなアプリなのか気になるところ。

現時点で発表されている『いぬノート』でできることやしてみたいことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

いぬノートって何?

『いぬノート』は簡単に言うと、入力された愛犬のデータをもとに、さまざまな情報を無料で受け取ることができるアプリです。

たとえば犬種、年齢などによっても犬に対しての悩みって違うと思います。

犬種によって犬本来の持っている性質やよく起こる病気なども違いますし、しつけに関しても犬の年齢によってさまざまな悩みが出てきます。

そういった悩みに対して最適化されたプロのドッグトレーナーのアドバイスを配信してくれるのが『いぬノート』

犬との生活で飼い主が困ってしまう「飼い主ブルー」を解決に導く機能を持った、愛犬家のためのアプリです。

 

どんな機能があるの?

2017年12月2日時点で発表されているのは以下の機能です。

プロのドッグトレーナーのアドバイスが受けられる

愛犬との関係やしつけについて悩んでも、プロのトレーナーさんや犬のスクールに通うというのは少しハードルが高いもの。

実際にそういったところへ通っている犬の飼い主というのは多くはありません。

けれど『いぬノート』なら、自分の悩みを解決できるプロのトレーナーからアドバイスが受け取れるそうです。

具体的には愛犬の犬種、年齢、しつけの状態などを飼い主が選択することで、アドバイスのデータベースより条件にあった犬に自動で配信が行われます。

飼い主とドッグトレーナーが直接やりとりをするという機能ではないです。

 

愛犬の健康管理を兼ねたアルバム機能

愛犬の日々を写真を記録しておくだけで、自動的にアプリ上にアルバムを作ってくれます。

なかなか犬の写真ってまとめることもないので便利ですよね。

その他にもフィラリアの予防注射をした日やトリミングした日、保険証、持病などの各種管理もこのアプリでできます。

多頭飼いをして一匹ずつの管理が難しかったり、愛犬が持病を抱えていて細かな体調管理が必要という飼い主にとっても便利な機能です。

私も「あれ?この前フィラリアの薬あげたのっていつだっけ?」とか、「この前健康診断で言われた少し数値が高かった値ってなんだっけ?」とよくなります^^;

そういった人にはとっても便利な機能ですよね。

 

同犬種の飼い主同士がつながれるSNS機能

愛犬と同じ犬種を飼っている人同士でつながることができる機能です。

なかなか近所には同じ犬種がいない、この犬種に関しての悩みを話せる友達がほしい、そんな人にいいですよね。

よくあるSNSの機能と同じで、他の犬の投稿に対して「いいね」や「コメント」をすることもできるようです。

気に入った犬に対しては「フォロー」することができるので、お気に入りのワンコの情報は逃さずチェックできますね。

 

マップ機能

ペットショップ・トリミングサロン・動物病院・ドッグカフェなどの情報を検索することができる機能です。

たとえば営業時間であったり、駐車場の有無、クレジットカードが使えるかどうかなどまで表示されるようなので、旅行先や急用のときなどにもつかえますよね。

我が家もよく旅行へ愛犬を連れて行くので、そういったときに何かが起こった場合には活用させていただくことになりそうです。

 

スポンサーリンク

いぬノートができた理由

調べてみると、この『いぬノート』が開発された背景には、開発者の方の今までの犬に対する気持ちが込められているみたいです。

幼少の頃から犬をずっと飼ってきたそうなのですが、昔は犬に対するしつけや健康管理の概念がほとんどありませんでした。

そのためいろいろな病気で愛犬を亡くしてしまい、後になってその理由が与えていた食べ物や飼い方だったことに気づきとても後悔されたそうです。

「もっとこうしてあげればよかった。」「こんなことするんじゃなかった。」

そんな後悔をする人を増やしたくない、そんな思いで『いぬノート』を開発することに決めたそうです。

 

実際私も子供の頃に犬を何度か飼っていましたが、今では考えられないようなことをしていたなと思います。

もちろん外飼いですし、ご飯は人間の残りご飯に味噌汁をかけたものを与えていました。

フィラリアが原因でなくなった子もいます。

私は一人っ子だったので、犬たちがいい相棒になってくれていたのですが、今から考えると「もっと長生きさせてあげられたんじゃないか?」なんて思ってしまいます。

今飼っている愛犬2匹には、かなり愛情を注いでいるつもりです。

けれど確かに飼い始めの頃には、いろいろしつけやフード、病気に関して悩み、たくさんの情報を調べました。

特にボーダーコリーという犬種のため、「頭がいいのでしつけをきちんとしないと大変になる」と思いかなりしつけには厳しくしました。

今から考えるとちょっと厳しすぎたかなと思う部分もあるのですが、それでも結果的に今ではどこへでも連れて行けるいい子達になってくれているので間違いではなかったかなと思っています。

愛犬のしつけって、本当に大事だと思います。

しつけをしなければいけないのは一番かわいい1歳までの時期なので、「かわいそう」「これくらい今はいいんじゃない?」なんて思いがちです。

けれどその生後1歳くらいまでの時期、できれば特に6ヶ月くらいまでにきちんとしつけをすることで、その後の10年以上の犬との生活が決まってしまいます。

  • 人に対して吠えてしまう
  • 引っ張り癖がある
  • ほかの犬と仲良くできない
  • 噛み癖がある

そんな悩みって、しつけの方法で改善できるかもしれません。

今からでも遅くないので、ぜひ楽しい愛犬生活を過ごすためにもしつけをきちんとしてみてほしいなって思います。

そんな人にとって、この『いぬノート』アプリが役に立つんじゃないかな。というか役立つアプリであってほしいなと思っています。

 

まとめ

実際にはまだリリースされていないので、どれくらい便利なのかはわからない『いぬノート』

12月7日にはios版がリリースされるようなので、使ってみたらまた記事を追加したいと思っています。

愛犬家にとってきっと便利で役立つアプリだと思うので、さらにいい機能なども増えてくれたらいいですね。

たとえばドッグフードの一覧や、それに対する評価や口コミなんかが見れたら便利だなと思います。

最近シニアの年齢に近づいてきた愛犬のフード選びに迷っているので、そういう機能があれば参考にしたいです。

あとは『いぬノート』を利用することで、ドッグカフェやドッグランなどで割引などが受けられたりしたら嬉しいですよね。

まずは12月7日のリリースまで楽しみに待ちたいと思います。

現時点では公式HPと、Facebook/Twitterの公式アカウントが公表されています。

今のうちにフォロー/友達登録をしておけば、新しい情報も見逃さずにチェックできるかもしれませんよ。

いぬノート公式HP https://inunote.co/

Facebook: https://www.facebook.com/inunote/

Twitter: https://twitter.com/inunote_app

 

追記:12月7日にリリースされました。

早速ダウンロードして使用していますが、たくさんの同じ犬種の飼い主さんと繋がれたり、近くにあるペットショップやドッグカフェを検索できたり便利な機能があって使いやすいです。

 

愛犬の親戚探しにはPEDIがお勧め!

こちらの記事も読んでみてくださいね。

スポンサーリンク