子連れで外食

平塚駅前のラオシャン(老郷)は子供と行ける!?4歳児子連れで行ってみました。

平塚のソウルフードとも言われている『平塚老郷 (ラオシャン)』のタンメン。

以前平塚に住んでいたときには、よく旦那と一緒に食べに行っていました。

そんな私が大好きなラオシャンも、現在引越しをして子供ができてからは1度も食べにいけておらず。

ふとした時に『ラオシャン行きたいなぁ~』って思っていたんですよね。

最近またテレビなどで紹介されているのをみて、「やっぱり食べたい!」と我慢できなくなったので、先日4歳の息子を連れてタンメンを食べに行ってきましたよ。

タンメンは子供でも食べれるのか?カウンターに座れるか?などいろいろ不安もありましたが、すべて行ってしまえば問題なくクリアできました。

もし1度子連れで行ってみたいなと思っている人がいれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

平塚ラオシャンって?

まずはラオシャンって何?って人に平塚のラオシャンの説明から。

平塚には有名なラーメン店がいくつかあるのですが、その中でもラオシャン系と呼ばれるくらいの平塚の地ラーメンなんです。

透き通ったスープはお酢がきいてさっぱりしているけど奥が深くてやみつきになる味、かん水を使っていない麺は白くて素麺のようにつるつる。

そして何より最大の特徴は、タンメンに乗っている具です。

大量のしゃきしゃきワカメにメンマ、そしてみじん切りの玉ねぎが乗っているんですよ。

これがまたなんともいえないさっぱり感をさらに増していて、本当に私が大好きなラーメンです。

好き嫌いは結構分かれるようですが、女性には特に食べてもらいたいラーメンですね。

 

そんなラオシャンには実は「老郷(ラオシャン)本店」と、「花水ラオシャン 本店」の2店舗があるんですね。

もともと老郷本店で修行をされた方が出されたのが花水ラオシャンだとか。

どちらも同じようにタンメンをメニューとしているのですが、2店舗で少し出しているメニューや具が異なります。

今回私が行ったのは「老郷(ラオシャン)本店」の方です。

こちらの方がメニューは少ないのですが、麺が花水ラオシャンより太めで具も多いので私の好みなんです。

お店は平塚駅西口から徒歩3分くらいの場所にあります。

老郷(ラオシャン)本店 店舗情報
  • 住所:神奈川県平塚市紅谷町17−24
  • 電話番号:0463-21-3658
  • 営業時間:11:00-23:00
  • 定休日:月曜
  • 駐車場:なし
  • HP http://raosyan.net/

 

スポンサーリンク

平塚老郷 本店へ子連れで行ってきました

息子が生まれる前まではよく行っていたラオシャンですが、小さい子供連れで来た人を見たことは今までにありませんでした。

確かにこのラーメン、ちょっと酸味があってただでさえ好き嫌いが分かれる味。

子供にとってはハードルが高いかもしれません。

それにカウンターのみの座席で、4歳の息子がちゃんと食べれるのかもちょっと心配。

けれどどうしてもあのタンメンが食べたい!!

夫婦で意見が一致したので、強行突破で4歳の息子を連れて行ってみることにしました。

 

これが「老郷(ラオシャン)本店」の概観。

 

行っていない5年の間に改装したようで、店内はとっても綺麗になっていました。

 

行ったのはGW最終日の日曜日の夜19時頃。

まさかのその日、平塚にあるShonan BMW スタジアム平塚で湘南ベルマーレの試合があったようで、応援サポーター達がたくさん帰りに食べにきていました。

店内はすでに満員で、待っているお客も2組くらいいました。

仕方ないので食券を買ったらカウンターの後ろに並びます。

 

平塚老郷のメニュー

平塚老郷のメニューなのですが、普通のタンメンとみそ麺のラーメン2種とギョウザしかありません。

みそ麺は長年通っていますが、食べたことはありません^^;

いつか食べてみたいとは思っているのですが、やっぱりここへ来たらあのタンメンを食べたくなるんですよね。

 

今回ももちろんタンメンとギョウザを頼みました。

タンメンはさっぱりしていますが麺の量は結構ボリュームがあるので、息子に取り分けるつもりで1杯だけ頼みました。

 

後は席が空くのを待つだけ・・・

息子がお腹空いてぐずり始める前に何とか席が空きました。

 

平塚老郷の座席

以前からカウンターにしか座ったことがなかったので、てっきりカウンターしかないお店だと思っていました。

が、なんと店内の一番奥にテーブル席がありました。

4人席が1つと2人席が1つ、今回はたまたま4人席が空いたのでそちらに通してもらえました♪

 

4人席から見た店内はこんな感じ。

カウンター席は全部で15席くらいカウンター席が並んでいます。

 

 

なんとテーブル席のある角に、子供用の椅子まで置いてあるのを発見!

今回はお借りしませんでしたが、これがあればもっと小さな子供でも来ることができそうですね。

 

子供用のセットもありました

席についてメニューを注文したら、子供用のお椀とフォークを出してもらえました。

これもあると思っていなかったので嬉しかったです。

 

これで後はタンメンが運ばれてくるのを待つだけです!

 

スポンサーリンク

いざタンメンを息子が実食!

待つこと数分。

タンメンが運ばれてきましたー。

これがタンメンです!

 

あの野菜がたっぷり乗っているタンメンを想像していると、「えっ!?」と一瞬止まってしまうかもしれません。

けれどこれがまさしく平塚タンメンなんですー♪

 

上に乗っている具はたっぷりワカメとたまねぎ、メンマととってもシンプル。

スープは透明に澄んでいてさっぱりなのですが、本当に奥が深いなんともいえない味です。

お酢がきいていてちょっと酸味があり、いくらでも食べれてしまうようなお味です。

 

ワカメはしゃきしゃきなのですが、麺と一緒に持ち上げるとこんなに長いんですよ。

 

 

早速息子に取り分けて、フーフーして食べてもらいました。

もしかしたらおいしくないって言うかもなぁ・・・とちょっと不安だったのですが、一言目には「おいしい!!」

思いのほかガツガツと食べていました。

たまねぎも特に気にならない様子で、メンマもワカメも全部食べました。

麺も硬すぎず、うどんとそうめんの間ぐらいの感じなので、麺好きの息子はラーメンより好きな様子。

もともともずく酢とか酢の物などのすっぱい系が得意なのもあって、酸味のあるスープもとっても気に入ってくれたようです。

 

息子に取り分けをしたら、あとは私の好きなようにちょっと調味料をプラスします。

テーブルに置いてあるこの2つで、またさらにおいしいタンメンに変化を加えるんです。

 

右側のボトルはお酢、左側は自家製ラー油です。

ふたを開けるとごま油のいい香りです。

 

そこには唐辛子がたっぷり。

これがまたタンメンにコクと深みを与えてくれるんですよね。

 

そのままのタンメンを味わったら、少しずつラー油とお酢を足して味を引き締めます。

1杯で2度楽しめるので、途中から加えるのがおすすめです。

 

ラー油は結構辛いので、かけすぎには注意してくださいね。

特に唐辛子をたくさん入れてしまうと辛くなるので、辛いのが苦手な方は上のごま油の部分だけをかけてもいいかもしれませんね。

 

この後息子がスープ飲みたい!と言い出したので、もうちょっとスープも取り分けておけばよかったと反省。

息子もラーメン1杯食べれるかも?と思うくらいの勢いで食べてくれたので、次回来たときには息子用にも1杯タンメンを頼もうかなと思います。

 

続いてギョウザ、こちらは大ぶりのものが6つ入っています。

 

このギョウザも息子はかなり気に入ってました。

皮はパリパリもっちりですが、中の餡はニンニクやニラがあまりきいておらずさっぱり味。

子供にも食べやすい味なんですよね。

大人はこのギョウザダレにラー油を足して食べるのがおすすめ。

ギョウザは結局タンメンの量が足りなかった息子がたくさん食べたので、1皿追加で頼みました^^;

 

まとめ

そんなわけで久々に入った平塚の「老郷(ラオシャン)本店」

子連れでは初めてだったので緊張しながら行ったのですが、案外子供が行っても大丈夫でしたよ。

お店のおばさんも息子のことを気にかけてくれて、「美味しい?いっぱい食べてね。」と声をかけてくれたり、途中でギョウザ用のとり皿も持ってきてくれたりしました。

 

メニューは3品しかないので、もちろん子供用のメニューなどはありません。

酢っぱいのが苦手な子供だと、タンメンが口に合わなければ食べるものがなくって厳しいかもしれないですね。

けれど案外子供も好きな味だと思うので、ぜひ子連れでもラオシャンへ行ってもらいたいなと思いました。

 

ただひとつ、子連れでいく場合に気をつけたいのは混んでいる時間を避けることですかね。

特に湘南ベルマーレの試合がある日には、試合が終わった後にお客さんがどっと増えるので注意が必要です。

気になる方はこちらのページで試合のスケジュールをチェックしてから向かってくださいね。

http://www.bellmare.co.jp/

 

平塚のラオシャンに、子連れで行けるかどうか気になっている方の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク