おでかけ

江の島イルミネーション平日の混雑状況は?行き方や駐車場情報も!

神奈川のイルミネーションでベスト3に入る江の島のイルミネーション。

もともとデートスポットとしても有名な江の島なので、イルミネーションが始まるととっても混雑します。

特にクリスマスやバレンタインのシーズンは、カップル達で混みあうこと必須。

子連れでそんなタイミングに行ってしまうと、いい雰囲気を壊してしまいそうでなかなか行けないですよね^^;

なので今回はイルミネーション期間中ど真ん中の平日【1月18日(木)】に、江の島イルミネーションへ行ってきました。

そのときの様子を、イルミネーション会場への行き方や駐車場情報とともにお伝えしたいと思います。

平日の会社帰りなどに江の島イルミネーションへ行こうと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

江の島平日の駐車場混雑具合

車で行った場合、まずは気になるのが駐車場の混雑ですよね。

江の島の島内には駐車場が3つありますが、イルミネーション期間の土日はどこも混雑してなかなか入れないようです。

特に夕方からイルミネーションの為に行こうと思うと、日中から停めている人がイルミネーションを見てから帰るためになかなか空きません。

 

ですが、我が家が行った平日は駐車場はまったく混んでいませんでした。

ちょうど江の島に着いたのが夕方5時のイルミネーションが点灯された直後のタイミングだったのですが、その時点でも一番近い『江の島なぎさ駐車場』に入れました。

なぎさ駐車場

◆収容台数:327台
◆住所:藤沢市江の島1-2-1
◆最初の2時間 / 620円
2時間超え 30分毎 / 200円
当日最大料金 / 1,540円(宿泊料金 / 500円

入り口には空車マークが点灯しています。

 

立体駐車場の1階も2階もまだ空いており、余裕がありました。

我が家は1階の入り口近くの場所に駐車することができました。

なぎさ駐車場のお値段は、最大料金も設定されていますよ。

朝から1日江の島~鎌倉観光をして、最後にイルミネーションを見て帰るなんてときにはとっても便利だと思います。

ただ立体駐車場なので高さ制限(2.1メートル)があるのが気をつけたいところ。

車高が高い車は他の駐車場にしてくださいね。

 

江の島内の駐車場のリアルタイム混雑状況は、こちらのHPで確認ができます。

江の島駐車場案内

現時点で空きがあるかどうかがわかるので、江の島へ向かう途中で確認をすれば着いてから並ぶということは避けることができそうです。

 

ちなみに江の島イルミネーションへ行く際には、他にも駐車場はたくさんありますよ。

藤沢市観光協会江の島駐車場

藤沢市観光協会江の島駐車場

◆収容台数:78
◆住所:藤沢市江の島1-6-7
◆1時間400円

 

湘南臨港道路附属駐車場

湘南臨港道路附属駐車場

◆収容台数:320台
◆住所:藤沢市江の島1-12
◆60分300円
4時間超 / 1,500円
港湾施設利用者1時間 / 300円
2時間超 / 820円

 

江の島かもめ駐車場

江の島かもめ駐車場

◆収容台数:503台
◆住所:藤沢市江の島1-11-1
◆60分310円

スポンサーリンク

江の島イルミネーションへの行き方と平日の混雑状況

駐車場へ車を停めたら、イルミネーション会場であるコッキング苑と灯台を目指します。

その間も特に目立った混雑はなく、とてもスムーズに進むことができました。

江の島商店街

江の島に着いたらまずは通るのが、江島神社までの参道に並ぶ商店街。

土日の日中は人混みですごいですが、やはり平日夕方はそこまで混んでいませんでした。

それなりに人はいますが、みんな今からイルミネーションへ行く人ばかりなのでほとんど一方通行状態。

なのですれ違う人が多くて歩きにくいということもなく、子連れでも全然大丈夫です。

お土産屋さんや食事処がたくさん並んでいるのですが、どのお店も空いていてすぐに入れそうでした。

エスカーチケット売り場&エスカー

江の島の灯台までは階段を歩いて上ることもできますが、断然お勧めなのが『エスカー』

言ってみれば長いエスカレーターなのですが、360円で合計3本のエスカレーターに乗って江の島の上まで行くことができます。

チケット売り場も並んでいません。

エスカーのチケットのみを購入するよりも、こちらの『展望灯台セット券』を購入するのがおすすめです。

エスカー360円+江の島サムエルコッキング苑200円+江の島シーキャンドル300円

合わせて860円のチケットが750円で購入できます。

お値段以上に毎回お金を出してチケットを買う手間が省けるのが便利ですね。

ただチケットの下の部分をそれぞれの入り口で係りの人がちぎってくれるようになっているので、江の島シーキャンドル(灯台)までなくさないように注意してくださいね。

 

エスカーはこんな感じで屋根もあるので、風が強かったり雨が降っていたりしても快適に乗れます。

途中江の島水族館のイルカや魚などの写真が並んでいて、子供が喜んでいました。

 

1本目のエスカーを降りたら江島神社で少しだけ参拝。

息子がおみくじを引いたら大吉でした^^

 

エスカーの2本目と3本目の間は少し歩くのですが、その間にもイルミネーションが。

これから始まるイルミネーションを予感させる演出で、とってもワクワクさせてくれますね。

光のアーチなどもところどころにあり、カップルが写真を撮ったりしていました。

ここも全然混んでおらず、スムーズに歩けました。

 

イルミネーション会場

エスカーを3本乗り継いだら、そこからはイルミネーションの世界が広がります。

少し先には綺麗にライトアップされた江の島灯台も。

といっても、まだまだここは序の口。

ライトアップがとても綺麗なのはサムエルコッキング苑へ入ってからです。

 

サムエルコッキング苑の手前にたこせんべいの出店があるのですが、5時半の時点でけっこう混んでいました。

みなさん夕方の小腹を満たすために、ここで軽くつまんでから灯台へ上るのかなという感じ。

前にテーブルとイスもあるので、一休みすることができます。

灯台から下りて帰り道の7時頃には閉まっていたので、6時くらいで営業終了のようです。

スポンサーリンク

サムエルコッキング苑

さあ、ここからがいよいよ本番!

サムエルコッキング苑へ入ります。

中に入ると、ちょうどウィンターチューリップの展示がされていました。

カラフルなチューリップがたくさん咲いていて、とっても綺麗でした。

イルミネーションとチューリップのコラボレーション。

チューリップに向けられているライトがかなり明るいので、主役はイルミネーションではなくチューリップという感じ。

すごいレンズの高そうなカメラを持って、チューリップを熱心に撮っている方もたくさんいらっしゃいました。

 

2万本のチューリップゾーンを抜けると、そこからはイルミネーションが広がります。

少し高いところからだと、全体がよく見えます。

光のトンネルはとっても綺麗。

青や緑、紫を基調としたライトアップで、歩いているとだんだん自分が浮いていて平衡感覚がなくなってしまうような不思議な感じでした。

足元に少し段差があったり、坂道になっていたりもするので気をつけてくださいね。

 

途中でとってもいいデートスポットを発見!!

フレンチトーストで有名なロンカフェというお店がコッキング苑の中にあるのですが、そのロンカフェの前を通って奥まで進みます。

するとこんな広くて見晴らしのいい場所がありました。

後で調べたところ、マイアミビーチ広場というそうです。

ベンチが等間隔で置いてあって、夜景を見ながら休憩できます。

こんな夜景を見ながら語り合ってるカップル。

まだベンチはたくさん空いていました。

記念撮影のためにカメラを置ける台も設置されており、2ショット写真や家族写真も誰にもお願いせずにとれます。

後ろを見るとロンカフェと灯台のてっぺんが見えます。

ロンカフェは6時くらいの時点で2組くらい並んでいましたが、土日の混みに比べたら全然いいですよね。

お店の前に暖かいストーブが設置されていて、温まりながら待つことができるようになっていましたよ。

 

またコッキング苑の中には飲食店が他にもあります。

江の島灯台の入り口近くにあるCafe du GABOはワッフルがメインのカフェのようです。

 

こちらのお店はかなり空席があったので、平日夜なら入れると思います。

食事メニューはなさそうでしたが、冷えた体を温めるくらいの休憩にはいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

江の島シーキャンドル

ここからは最後のチケットを見せていよいよ灯台に上ります。

エレベーターで展望台へ上るのですが、ここも平日なので混雑はしていませんでした。

 

適度に人はいるけれど、程よい間隔で夜景が見れる感じです。

展望台を1周回るとエレベーター乗り場の脇に、さらに上の屋外展望フロアへ続く階段があります。

 

この階段を上っていくと・・・

そこにはガラス越しではない夜景が見れる屋外の展望スペースが広がっていました。

寒いけれどここにはぜひ足を運んでもらいたいです。

きらきら光る鎌倉や湘南の景色がとても綺麗です。

 

相模湾が一望できます!

 

下を覗くと先ほどまで歩いていたコッキング苑のイルミネーションを見下ろすことができます。

このスポット、案外みんな気づかずにエレベーターで降りてしまうのか、はたまた寒すぎてみんな来ないのかはわかりませんが、とっても空いていました。

私達が上ったときはほぼ貸しきり状態。

灯台が海を照らす様子なんかも見れて、子供もとっても喜んでいましたよ。

江の島シーキャンドルへ来たときには、ぜひ屋外展望フロアまで上がってみてくださいね。

江の島イルミネーション レストラン

我が家はコッキング苑を出たところにあるIL CHIANTI CAFE 江の島  で食事をして帰りました。

時間は7時くらいだったのですが、席も半分くらい空いていてすぐに通してもらえました。

店内が暗くて写真がないのですが、イタリアンでメニューがとても多くボリュームもあって大満足でした。

中でもデザートのボリュームにびっくり!

ケーキもアイスもすべてがとても大きくて、お腹いっぱいになりました。

江の島の商店街などのお店はけっこう早く閉まってしまうので、こちらのお店はとってもお勧めです。

子供椅子や食器も用意されていて、店員さんもとても親切でしたよ。

夜21時まで営業しておりラストオーダーも20時なので、コッキング苑とシーキャンドルを回った帰り道に食事をするのにもちょうどいいですよね。

雰囲気もよくデートにもファミリーにも使えるので、江の島に来たときはまたここで食事しようと思いました。

帰り道

お腹もいっぱいになったらそろそろ8時。

行きはエスカーでらくらく上ってきましたが、実はエスカーに下りはありません。

なので階段を下まで歩いて下りていかなければいけないんです。

そこまで幅の広い階段ではないのですが、人も多くないので4歳児でも自分で歩いて降りてくることができました。

けれど一緒に行った80歳を越えた義母は、階段が怖いので旦那が手をつなぎながら歩いてあげました。

お年寄りにとって、下りの階段ってとっても危ないですよね。

エスカーの下りもあればいいのになぁって江の島に来るたびに思うのですが、やっぱり下りの長いエスカレーターって危ないんでしょうかね。

いつかできてくれたらいいなと思っています。

 

江の島シーキャンドル 平日の混雑や行き方まとめ

そんなわけで何のイベントも絡まない平日に行ってみた江の島イルミネーションは、最初から最後まで混雑した場所もなくとても快適に回ることができました。

土日はすごく混雑するということは聞いているので、やっぱり行くなら平日がお勧めです。

17時にライトアップが開始され、コッキング苑や灯台は平日20時まで営業しています。(最終入場は19:30)

17時に仕事が終わる人なら、会社帰りに18時くらいから来ても十分に楽しめますよ。

江の島の駐車場からエスカーで上までのぼり、コッキング苑、シーキャンドルを回って降りてきても2時間くらいです。

間にカフェやレストランで食事を挟んでも3時間くらい。

土日に人混みの中、すべてに並んでしまうよりは平日を狙ってゆっくりきたほうがいいと思います。

特に子供連れの場合は、階段や暗いところもあるので混雑は避けたいですよね。

平日に行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク