DOG

愛犬同伴の結婚式演出!私が実際にした内容や準備教えちゃいます。

『大好きな愛犬と一緒に結婚式をしたい!』

愛犬家ならそう思うのも当たり前。

最近は同棲をしてから結婚するカップルも多いですし、結婚前に一緒にペットを飼い始めるということもよくある話。

私も結婚前の同棲期間が長かったのですが、その間に犬ののんた♂とばうこ♀を迎えました。

この2匹のおかげで破局の危機を何とか乗り越え結婚できたといっても過言ではありません(笑)

なのでこの2匹なしで結婚式をするなんて考えられない!と思い、結婚式場はペットOKのところを第1条件にして探しました。

数年前ですが、そんな2匹と一緒にとっても楽しい結婚式を開くことができたので、そのときの様子を書きたいと思います。

スポンサーリンク

愛犬同伴で結婚式 準備編

親戚や友人に犬嫌いやペットアレルギーがいないか確認

まずは愛犬を参加させる結婚式を行いたい場合、注意したいのが参列してもらう人の中に犬嫌いやペットアレルギーがいないかの確認です。

特に年配の親戚のおじさんやおばさん、おじいちゃんなど犬が嫌いってことはよくありますよね。

当日になって犬嫌いがわかって、せっかく参列してくれたのに機嫌が悪くなったり迷惑をかけたりしてしまうのは避けたいところです。

必ず犬嫌いやペットアレルギーの人がいないかを確認しておいてくださいね。

もし犬が苦手な人がいるのであれば、前もって説明をして犬が参加することを伝えておいたほうがいいです。

そして当日もリードを持ってフリーにしない、その人の近くに犬を近づけないなどの配慮をしましょう。

私達は友人メインの結婚式で、もともと愛犬2匹も会ったことがある友達しか呼ばなかったので特に問題はありませんでした。

 

犬じゃなくて自分達が主役。出番をきちんと考える

式場へは愛犬がどこまで参加ができるかの確認が必要です。

結婚式だけの参加なのか、披露宴にも参加ができるのかによってもいろいろ準備が変わってきます。

結婚式のみの参加の場合はリングDOGをしてもらったり、新婦と一緒にバージンロードを歩いたり、証犬になってもらうことができます。

また披露宴にも一緒に参加できる場合は、愛犬と一緒に何か新郎が芸を披露したり、愛犬に参加してもらうゲームなんかを考えてもいいですよね。

私達が結婚式を行った式場は、結婚式準備から結婚式、披露宴まですべて愛犬が参加できたので、いろいろ参列してくれる人にも愛犬にも楽しんでもらえるスケジュールをたてました。

 

打ち合わせの時は愛犬も一緒に

結婚式場に足を踏み入れるのが結婚式当日が初めてだと、愛犬も緊張してしまいます。

もし可能であれば打ち合わせのときに愛犬も一緒に式場へ運び、当日愛犬が参加する場所の下見ができないか確認してみてください。

土日だと結婚式をしている場合が多いので難しいですが、平日で空いていれば見せてくれるかもしれません。

私達は結婚式場の担当者にお願いをして、平日の打ち合わせの時には愛犬も同伴させてもらい、結婚式当日に使うチャペルや披露宴を行うホールを愛犬と一緒に見させてもらいました。

最初は匂いとりに夢中だった愛犬ですが、3回目には慣れた様子で結婚式場に着いたら『ここ知ってる~♪』と喜んで式場に入っていくようになりました。

当日もアテンドしてくれる担当者さんともこの3回でとっても仲良くなってくれたので、当日も緊張することなくいつも通りでいられてよかったです。

 

当日座るイスは自宅で慣れる練習をしておく

我が家の愛犬は中型犬で大きめなので、式の途中や披露宴では自分達のイスに座ってもらうことにしました。

前もってこちらのイスを2つ購入し、家でも事あるごとに座らせてました。

 

『アップ』のコマンドでこのイスに乗らせ、そのまま座って待てるように練習を繰り返すこと3ヶ月。

本番にはなるべくフリーで過ごさせたかったので、きちんとイスの上から降りずに待てたらおやつをあげたり、ここにいたらいいことがあるんだ!って思ってもらえるようにトレーニング。

当日には自分からイスに喜んで座ってくれたので、やっておいてよかったなと思いました。

 

当日までにきちんとトリミング

結婚式当日までに、かならずしておきたいのがトリミング。

カットが必要な犬種であれば、なるべくカットもしてキレイにしてあげてくださいね。

プロにお願いするだけで抜け毛もぐんと減りますよ。

うちも普段は私がお風呂でシャンプーするのですが、結婚式の前だけはきちんとトリミングしてもらい足の毛やお尻の毛も綺麗にカットしてもらいました。

おかげで普段とっても抜け毛が多いのですが、当日はドレスに毛がつくこともなくよかったです。

 

スポンサーリンク

愛犬同伴で結婚式 当日本番直前編

ペットシッターは必須

もともと愛犬も一緒のウェディングプランなどがあれば、ペットシッターも料金に含まれている場合があるようですが、私達が行った式場には特にペットシッターの準備はありませんでした。

けれど1日自分達のことで手一杯になる当日。

愛犬の世話を家族などにお願いするのも大変なので、ペットシッターさんを自分で探してお願いしました。

今は結婚式のペットシッターをしてくれる会社がたくさんありますよ。

googleなどで『結婚式 ペットシッター』で検索すれば、いろいろな地域のペットシッターの会社が出てきます。

結婚式のプランを用意しているところであればなおさら安心。

きちんとスーツなどふさわしい服装で来てくれるので、結婚式の雰囲気を壊すこともないです。

結婚式プランがなくても事情を伝え、当日はスーツなどで来てもらうようにお願いしておくことを忘れずに。

うちは中型犬2匹なので、1匹に1人ずつついてもらう為に2名お願いしました。

おかげで2匹が別々の動きをしても対応してくれましたし、途中でのトイレや休憩などもきちんとさせてくれて安心してお任せできました。

 

準備の時からリラックス

 

当日どこまで愛犬が一緒にいられるかは式場によって異なるかとは思うのですが、私達が結婚式を行った式場では準備の時から犬も一緒にいることができました。

しかも準備の段階でも愛犬をフリーにしてもいいと言ってくれたので、私がメイクやヘアセットをしているときからふらふらとあちこち歩き回っていました(笑)

いろいろなスタッフさんに遊んでもらったり、私のひざの上に乗って甘えてきたりと普段通りの動きができたので、犬達も楽しそうでした。

 

出番寸前までクレートに入れたままなどだったらやっぱりストレス溜まっちゃいますもんね。

そこまで自由にさせてもらえる式場は少ないとは思いますが、たとえば準備の時から少しペットシッターさんに式場の周りをお散歩してもらったり、あまり愛犬にもストレスがないように過ごさせてあげてくださいね。

ただでさえ普段と違う場所と雰囲気、本番まで閉じ込められっぱなしで突然出番に出されても、緊張して動けなくなったりしてしまいます。

当日そこまで気が回らない分、前もってどうしてほしいかペットシッターさんには伝えておきましょう。

また衣装ものんたはタキシード、ばうこはドレスを着させたのですが、直前に着て嫌がるより慣らせたほうがいいなと思い、準備の段階から着させたまま行動させました。

おかげで本番にはタキシードやドレスを着ていることに違和感を感じなくなっていたようで、嫌がることもなく1日衣装を着てくれました。

私が購入したタキシードとドレスはこちら。

 

 

 

リハーサルは愛犬と一緒に

結婚式寸前に行われるリハーサル。

もちろん愛犬の出番もある場合は、一緒に参加してくださいね。

ドレスやタキシードを着た普段と違う飼い主に、本番びっくりしてしまわない為にも必ず本番前には愛犬と顔を合わせておいたほうがいいです。

そして愛犬の出番がいつなのか、どういう動きをするのかをきちんと確認しておき、予想外の動きをしても対応できるように前もって準備しておきましょう。

もしリングドッグなどを考えていたのにリハーサルでうまく運んでくれなさそうなときなどは、ペットシッターさんにリードを持ってもらって一緒に運ぶなど、その場で進行を変更してもいいと思います。

本番まで何が起こるかわからないですが、想定できることはなるべく前もって対策も考えておいたほうがいいですよ。

 

カメラマンにも愛犬の写真をたくさん撮ってもらうようにお願い

当日はカメラマンに写真をお願いすることが多いと思いますが、カメラマンには前もって愛犬の写真もいっぱい撮ってほしいとお願いをしておいたほうがいいです。

普段人間しかとっていないカメラマンだと、なかなか犬の写真を撮るのを忘れてしまいがちです。

きちんとどういった写真を撮ってほしいかなど具体的にお願いしておくことで、とってもいい写真を撮ってくれますよ。

私は披露宴のときに愛犬が私達をじっと見ている様子のこの写真がとってもお気に入りです。

 

あとはブーケをチェックしているのんたとか(笑)

 

こういった自分達が見ていないところでの様子も写真に収めてもらうと、後でも楽しむことができます。

私は夫婦で行っているカメラマンさんにお願いしたので2人のカメラマンが当日写真を撮ってくれました。

そのおかげで自分達の写真も犬達の写真もどちらもたくさん撮ってもらえたのでよかったです。

私がお願いしたカメラマンさんはこちらです。

Fotofolly(フォトフォリー)

 

愛犬同伴で結婚式 当日結婚式編

リングDOG

結婚式では結婚指輪を運ぶリングDOGを愛犬にさせる人がとても多いです。

我が家ももちろんそうしました。

けれどばうこはちょっと落ち着きがなくお願いするのが微妙だったので、きちんと役を果たしてくれそうなのんたにお願いすることにしました。

ちょうどいいかごを用意し、その中にリングピローと一緒に指輪を入れたものを運んでもらうことにしました。

 

これも家で練習を重ねること3ヶ月。

なかなかかごの持ち手をくわえるということができずに苦戦しましたが、当日までになんとかできるようになりました。

それでもリハーサルではうまくできたのに、本番はたくさんの人がいることにびっくりしたのか1度かごをスルーしてそのまま自分の席まで行ってしまうのんた(笑)

新郎がもう一度かごを取りにいくようにお願いし、どうにかこうにか運んでくれましたがちょっとヒヤヒヤしました。

けれど小さい子と同じように、犬が運ぶっていうだけで参列者も温かい目で見てくれるので、きちんと運べるまでみんな待ってくれて運べたときには拍手が起きるくらいみんなでのんたのことを応援してくれました。

なんだか思ったようにスムーズには行かなかったけど、それはそれでよかったなと思えた場面になりました。

 

証犬

最近多い人前式では、結婚証明書に新郎と新婦のサインをすることが多いですよね。

その証明書に愛犬の肉球でのサインもしてもらうと、とっても記念になる証明書になります。

小型犬の場合はその場で抱っこしてペタッとしてもいいのですが、我が家の場合はその場で抱っこはちょっと難しい大きさ。

それに予想外の動きをされて、ドレスやタキシードをインクで汚されても困ります。

なので前もって2匹には家でペタッとしておいてもらいました。

 

そうすることで当日は汚すなどの心配もすることなく、安心してサインできました。

サインをして参列者に向けて証明書を見せると思うのですが、そのときに一言司会の方に『愛犬の○○ちゃんのサインもあらかじめもらっています』などと言ってもらえばいいだけです。

あまり本番にやることを増やしてしまうといろいろ大変なので、前もって準備できることはしておき、省けることは思い切って省いたほうが心配事も減っていいですよ。

 

スポンサーリンク

愛犬同伴で結婚式 当日披露宴演出編

披露宴での出番はメリハリが大事

披露宴にも愛犬が参加できる場合、せっかくだから最初から最後まで愛犬にもいてもらおうと思ってしまいがちですよね。

けれど当日の主役はあくまで新郎と新婦のあなた達です。

愛犬はもちろんかわいいですが、みんなが見にきたのは愛犬ではなく2人の晴れ姿。

それに愛犬もずっと人が多い慣れない場所にいると疲れてしまいます。

なので披露宴でも愛犬の出番を考えたり、後半だけ参加させるなど少しメリハリをつけましょう。

私達は披露宴の前半は愛犬は参加させず、お色直し後から参加させるようにしました。

結婚式で少し緊張していた様子だったので、その休憩時間に散歩をしたり休ませたりをペットシッターさんにお願いしておくことで、後半の出番ではまた集中してくれたのでよかったです。

 

愛犬が主役のプレゼントタイム

そうは言ってもやっぱり愛犬が参加してくれる披露宴。

せっかくなので愛犬達にスポットがあたるようなことも考えたいですよね。

私達が考えたのは、愛犬にミニプレゼントを渡すテーブルを選んでもらうというイベント。

まずはお色直しの間の歓談のときに、式場のスタッフさんにお願いしてフリスビーとペンを各テーブルに配ってもらいました。

そしてそこにみんなからのメッセージを書いてもらいました。

 

 

みんなが書き終わったフリスビーを集めておいてもらってから、お色直し後の入場スタート。

入場と共に愛犬たちも入場します。

そして各テーブルのフリスビーを裏向きに広げた中から、のんたとばうこに1枚ずつフリスビーを選んで持ってきてもらいました。

 

 

2匹が選んだフリスビーのテーブルには、名入りのミニシャンパンをプレゼント!

なかなかのんたがフリスビーを選んでくれなかったので、結局ばうこが2枚とも選ぶことになったのですが、2匹ともとってもいい働きをしてくれました。

こんな感じでたとえばボールが好きな子だったらテーブルの番号が書いてあるボールを選ばせたり、人が好きな子だったら各テーブルから1人ずつ出てきてもらって愛犬が誰のところに行くかを競ったり。

愛犬が得意なことをしてもらい、愛犬が選んだテーブルにプレゼントを渡すというのは盛り上がっていいと思います。

愛犬にスポットを当てたイベントをすると、愛犬も自分達も楽しめるのでお勧めですよ。

 

愛犬同伴で結婚式 当日終了後編

写真の後撮り

私達は写真の前撮りをしなかったのですが、その代わりに結婚式が終わった直後に式場の前の海岸へ出ての撮影をお願いしていました。

その時に愛犬も一緒に撮ってもらったので、とっても記念になる写真が撮れましたよ。

前撮りだと別途料金が必要だったり、丸1日それだけにかかってしまいますが、当日式の後だとそのまま準備も必要なく済んでしまうのでお勧めです。

特に海や芝生などがある場所で愛犬と一緒に撮ってもらえると、愛犬の表情もイキイキしていていい写真が撮れますよ。

もし時間に余裕があったりして撮ってもらえる場合は、ぜひお願いしてみてくださいね。

 

ドレスは購入がお勧め

ちなみに私は、ドレスは2着とも購入しました。

なかなか自分が気に入るドレスがレンタルになかったこともありますが、一番の理由はやっぱり愛犬と一緒にする結婚式だったから。

もしかして何かをこぼしてしまうかもしれないし、レンタルだったら気が気じゃありません。

けれどドレスを購入したことで気兼ねなく、しかもこうやって式が終わっても自由に海辺で写真を撮る事もできました。

ドレスの購入は持ち込み料が高いと思う方も多いかもしれませんが、実はドレス自体のお値段を抑えればレンタルするよりお安くなりますよ。

ちなみにこのマーメイドのドレスは3万円でした(笑)

今はショップによってはリユース品の販売などお安くしているところもあったりするので、一度探してみてもいいかもしれないですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

一生に一度の結婚式だからこそ、大好きな愛犬とも一緒にしたい!と思うのは、愛犬家なら当たり前のこと。

けれどもし愛犬も一緒に結婚式を行うことを決めたのであれば、自分達の準備以外にも愛犬の準備やスケジュール決めなど、前もってやっておくことが増えることは覚悟してくださいね。

きちんと準備を怠らなければ、2人だけで行うより何倍も思い出深い結婚式になりますよ。

そして一緒に結婚式を行うことで、愛犬との絆が今までより一段と強くなることは間違いなし!

私はのんたとばうこと一緒に結婚式をして本当によかったなと思っています。

これから愛犬と一緒に行う結婚式を控えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

犬のセルフシャンプーはとってもお得で便利!必要な持ち物から洗い方のコツまとめ。みなさん愛犬のシャンプーってどうしてますか? 毎回プロのトリマーさんにお願いするのが一番だけど、けっこうなお値段なのでなかなか毎月って...
スポンサーリンク