子供の病気

1歳2歳の赤ちゃんの変な咳はクループ症候群?症状と受診目安は?繰り返して癖になる?

クループ症候群って知っていますか?

あまり聞きなれない名前ですが、乳児がいるママは知っておいたほうがいい病気です。

これから風邪やいろいろなウイルスが流行る時期ですが、子供がへんな咳をしていたらクループ症候群を疑ってみてください。

うちの息子も乳児期になったクループ症候群についてまとめました。

スポンサーリンク

クループ症候群とは?

生後6ヶ月から5~6歳までの乳幼児がなりやすい病気です。

クループ症候群とは特定の病名ではなく、ウイルスの感染やアレルギー的な原因によって喉や声帯が炎症を起こす疾患の総称です。

仮性クループとも呼ばれます。

もともと体が小さいために細い気道が、炎症により一段と狭くなってしまうために起こります。

なので特に6ヶ月から2歳くらいが一番かかりやすく、体がある程度大きくなるにつれてかかりにくくなる病気です。

クループ自体が大人にうつることはないですが、もちろんクループの症状がでる原因のウィルスや細菌は大人にうつる可能性もあります

うつったとしても少し喉が痛い程度の場合が多いですが、クループ症候群の子供を看病する際にはマスクなどをつけたほうがいいです。

クループ症候群の症状と特徴

クループの症状は主にこういったことがあげられます。

ここにボックスタイトルを入力

  • 乾いた咳(ケンケン)
  • 喉の痛み
  • 声がかれる
  • 呼吸の際のゼイゼイ、ヒューヒューもれる音
  • 呼吸困難(呼吸時に鎖骨のくぼみや肋骨の間がへこむ。苦しそうな呼吸)
  • チアノーゼ

 

一番の特徴は普段の「コンコン」といった咳とは違う、「ケンケン」という乾いた咳です。

よく犬の遠吠えのような咳、オッセイのような咳と言われますが、実際に聞いてみると本当にそんな感じです。

一度聞くと忘れないような普段と違う咳なので、聞いたことがないママでもすぐにわかると思います。

夜間に発症することが多く、朝になると咳がひいていることもよくあるようです。

一般的には風邪のような症状から始まることが多いので、最初は風邪かな?と思っていたら、夜になってだんだん咳がひどくなり夜中に変な咳をし始めることが多いです。

我が家も鼻水→熱→咳→変な咳の順でした。

また息子の場合は喉が痛そうで、声も枯れてしまいました。

まだしゃべれない時期だったので苦しそうに咳をして寝付けず、泣く声もしゃがれていて本当にかわいそうでした。

スポンサーリンク

クループ症候群の受診目安は?

ひどくなると先ほど書いたように気管が狭くなるため、呼吸困難を起こすこともあり入院となってしまうこともあります。

なので咳がおかしいなと思ったら軽視せずに、なるべく早めに一度受診することをお勧めします。

小児科でも耳鼻科でも大丈夫です

うちは1度目は日中に小児科を受診し、クループ症候群と診断されました。

2度目はお正月1/1の夜中に突然またクループの咳が始まったので、市立病院の救急に駆け込みました。

咳の症状を知っていたのですぐに対応できたのでよかったです。

2回ともリンデロンシロップというステロイドのシロップをすぐに飲み、吸入をすることですぐに症状がよくなりました。

その後風邪が少しひどくなり咳が出ているときに小児科へかかったときも、過去にクループに2回なっていることを伝えたところ「夜中にクループの症状が出たら飲んでください」とリンデロンシロップを出してもらえました。

そのときは結局症状は出なかったので服用しませんでしたが、薬があるだけで夜中に突然症状が出たときに対応できるのでとても安心でした。

繰り返すことが多い?

息子は2歳までの間にクループ症候群に2度なりました。

1度目は10ヶ月のとき、2回目は1歳4ヶ月のときです。

1度なればもうならないというわけではないので、もちろん繰り返し何度かなる子供もいるようです。

私の周りにも、風邪を引くとそのままクループの症状が出てしまうというお友達が何人かいます。

どちらかというと気管がもともと弱かったり、体が小さい子が多い気がします。(うちの子供も体が小さいです。)

けれどだんだんと体が大きくなるにつれて、症状が出にくくなってきたようです。

 

息子も2度目以降は、だんだん抵抗力がついてきたのか少し風邪っぽくなっても咳はあまりでなくなり、4歳になった今ではほとんど風邪もひかなくなりました。

クループ症候群は必ず繰り返す、癖になるというわけではないですが、やはり一度なったということは原因があるとは思います。

再度同じ症状が出ないように、冬場には加湿器で部屋を加湿したり、2歳くらいからは咳が出始めたらマスクをしたり、普段から予防をすることも大切ですね。

また咳が出ているときに泣いてしまうと症状がさらに悪化してしまうので、寝付けずに泣いてしまっているときなどは一度起こして気分転換をするなど、喉に負担がかからないようにしてあげてください。

小さい子供のマスク対策に関する記事はこちら。

2歳3歳の幼児にマスクは必要?嫌がる場合の対処法と取れる時のおすすめ方法も。最近インフルエンザや風邪対策、花粉症、pm2.5対策なんかで、年中マスクをつけた人を見かけますよね。 私も喉が弱いので、冬の間は特に毎...

まとめ

子供が突然普段と違う咳をし始めたとき、初めてのママだととてもびっくりしてしまうと思います。

特に夜中にひどくなりやすいので、病院へいく?朝まで様子をみる?と迷ってしまうことも多いと思います。

そんなときに「クループ症候群」の名前や症状を知っていれば、落ち着いて対処できると思います。

ひどくなると入院になってしまうこともあるので、「少しひどい咳」と軽視せずに、少しでも呼吸が苦しい様子などが見られたら救急病院連れて行ってください。

言葉がしゃべれない赤ちゃんの気持ちは、一番身近にいるママがいち早く察知して対処してあげましょうね。

スポンサーリンク
子供の耳かきは専用ピンセットがおすすめ。4歳幼児の耳掃除でごっそり取れた!!子供の耳かきってみなさんどうしてますか? 子供の耳の中に大きいブツを発見し、どうしてもとりたいけれど耳鼻科へ行く時間もない。 そんな...