おでかけ

シェフェスタ(C’festa)2018in奈良公園【体験レポ】

奈良公園で今年10回目の開催になる、奈良最大のグルメイベント『C’festa』(シェフェスタ)

奈良の食材のPRや、『生産者とシェフとの交流』をテーマに、平成21年から開催されているフードフェスティバルです。

普段はなかなか食べれないようなお店の料理や美味しいものが食べれるというので、イベント2日目の3連休中日に行ってきました!

とっても混んでいましたが、天気も良くておなか一杯おいしいものを食べれて大満足でした。

今回は、そんなシェフェスタの様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェフェスタ2018 in奈良へ行ってきました

シェフェスタへ行ってきたのは開催2日目。

3連休中日で、しかもお天気も良かったので混雑覚悟で行ってきました。

近鉄奈良駅から会場までは、春日大社方面へ歩くこと5分ほどです。

もちろん途中には鹿がたくさん歩いていて、奈良公園に来たなーと実感できます。

結構シカの糞のにおいもするので、この中でフードイベントってどうなの?と内心思いつつ会場まで歩きました(笑)

 

会場に着いたのは12時半頃だったのですが、大賑わいでしたよ。

シェフェスタ入口手前までは、普通に奈良公園の鹿が歩いていました(笑)

 

中にも鹿が乱入してこないのか?とちょっと心配でしたが、なぜか会場内には1匹も鹿は入っていませんでした。

食べ物たくさんあるのに不思議ですね。(後で理由がわかりました。)

 

入口脇では、大道芸のお兄さんがいろいろとパフォーマンスをしていました。

これは土日祝だけかもしれないですね。

 

会場内はこんな混雑具合です。

12時半で少しピークから過ぎたような感じでしたが、まだまだ各店舗行列して大賑わいでした。

 

シェフェスタの会場内は、いろいろなブースに分かれています。

HPに載っている会場の地図はこちら。

引用:シェフェスタHP

全部は周りきれませんでしたが、会場内の様子をブースごとに紹介しますね。

スポンサーリンク

シェフズキッチン

まずはシェフェスタのメインとも言える、シェフズキッチン。

毎日日替わりで奈良の有名フレンチ店やイタリアンのお店から、特別メニューが出品されます。

大きなキッチンカーで作っていましたよ。

 

この日のメニューは1,500円のプレートと、3,000円のスペシャル弁当でした。

もともとの前情報では5,000円のメニューもあって、誰が食べるんだろ?なんて思ってたのですが、そのメニューがなかったので見直したんでしょうかね。

流石にこの炎天下で食べるお弁当に、5,000円は高すぎる気がします(笑)

毎日違うお店のシェフが出店しているので、もしお目当てのシェフがいる場合はHPで日程を確認してくださいね。

シェフェスタHP 開催スケジュール

 

毎日かどうかはわかりませんが、手前にある大きめのお盆を取ってキッチンカーに並ぶようでした。

ちょっと給食の配膳ぽかったですね。

 

青空ピッツァ

私が狙っていたのは、青空ピッツァ。

こちらも日替わりでピザ屋さんが出店しています。

きちんとその場で生地を伸ばして、石窯で焼いていたのでとってもおいしそうでした。

 

けれどその場で焼いているだけあって、かなりの行列が・・・

 

ピザを注文するのに並んで、そのあとそのピザを受け取るのにも並んで、とかなり待ち時間がかかりそうな感じでした。

2時頃になるとだいぶ空いていましたが12時半ごろの時点ではまだ15人ずつくらい並んでいました。

この会場の中で、一番の行列だった気がします。

 

フードトラック

フードトラックブースには、よくオフィス街やイベントで見かけるキッチンカーが4台並んでいます。

こんなカレー専門店や

かつ丼やカレーを出しているお店。(結局このお店でカレーを購入しました。)

 

他にもパンケーキのお店や、タコライスやタコスを出しているお店もあって、比較的並んでいませんでしたよ。

 

なので結果的には、我が家は一番すいていたこのフードトラックブースでカレーとタコライスを購入しました(笑)

食べたものは後程ご紹介しますね。

 

屋台ブース

屋台ブースには、いろいろなメニューが並んでいました。

アユの塩焼きがあったり・・・

お肉の串焼き

 

ビールに合いそうですね。

他にもホットドッグやパスタ、ピザ、肉まんなど様々なメニューのお店がありましたよ。

どこかのテレビ局も取材に来ていました。

屋台ブースも人気のお店は、かなりの行列ができていましたね。

逆にいまいち人気がないお店は、比較的並んでいる人もおらずにすぐに買えそうでした。

けれど2時過ぎだと、売り切れメニューが出ているお店もあったので、お目当てのお店がある場合は早めに行ったほうがいいかもしれませんね。

 

マルシェブース

マルシェブースには、パン屋やケーキや、お団子屋などお土産にできそうなお店がたくさん。

このパン屋さんはとってもおいしそうだったので、お土産に買って帰ってきました。

ケーキ屋さんも、プリンがおいしそうでした。

後は最近人気のべっぴん奈良漬のお店も出店されていたので、ちゃっかり味見させてもらいました。

ご飯のお供にとってもおいしかったので、お土産に一つ購入してきました。

 

くるみの木カフェ

奈良の人気カフェ、クルミの木はカフェとショップのどちらもがありました。

 

カフェは大人気で、12時半の時点でデザート系はすべて売り切れてました。

隣には奈良のお土産にしたい商品が並んでいました。

見たことないようなものもたくさんあったので、お土産を選ぶのにもよさそうでしたよ。

 

ドリンクブース

会場の真ん中にあるドリンクブースも、常に行列ができていました。

基本的に各ブースではほとんどドリンクは販売されていませんでした。

なのでソフトドリンクは、このドリンクブースで買うしかないので仕方なく10分ほど並びました。

 

メニューはこんな感じで、そこまでソフトドリンクの種類が多いわけでもなく^^;

 

しかもカルピスもオレンジジュースも、普通サイズのプラコップ1杯で300円なのでかなり割高です^^;

これならペットボトルをどこかで購入してきたらよかったなと反省。

 

ちょっと離れたところにもドリンクブースがありましたが、こちらはアルコールのみの販売になっていました。

スポンサーリンク

イートスペース

 

一番気になるイートインスペースは、かなり広く取られていましたよ。

会場真ん中に、大きなテントがあってその下に長いテーブルと丸椅子がたくさん並んでいます。

 

けれど思っていた通り、かなりの混雑具合でなかなか空いている席は見つけられず・・・

 

テント以外にも、大きな丸いパラソルがいくつかありましたが、その下にも人はいっぱい。。。

パラソルの陰になっていない場所のテーブルだと、晴れるとかなり暑そうでした。

ちなみにパラソルも椅子もない、立食用のテーブルもたくさん並んでいます。

こちらは比較的空いていましたが、子連れにはちょっと厳しいですね。

 

帰る間際に気づいたのですが、入口はいったすぐの企業ブースの後ろあたりにも、椅子はありませんがテーブルが並んでいましたよ。

こちらは木の下なので日陰になって、涼しそうでした。

混んでいる暑い日には、ここが穴場かもしれませんね。

 

また会場の周りには、丸太の柵のような場所が続いていて、そこにも座ることができます。

ここも日陰なので、けっこうおすすめです。

けれど鹿がすぐ近くにいるので、食べ物を持っているときは注意してくださいね。

 

我が家が食べたのは…

我が家は私と息子、そして母の3人で行きました。

お腹を空かせて行ったおかげで、現地に着いたら息子が『お腹がすいた!早く食べたい!』とグズりだしてしまいました。

本当は青空ピッツァを食べたかったのですが、長蛇の列に並ばなければいけなかったので泣く泣くあきらめることに。

結局一番すいていた、フードトラックブースでタコライスとカツカレーを購入しました(笑)

もう少しここでしか食べれないようなものを食べたかったのですけどね^^;

けれどどちらもおいしかったですよ。

あとは先ほどのスパークリングワインとカルピス、そして食後にはイチゴのかき氷を食べました。

次回行くことがあれば、空いている平日を狙うか、もしくは午前中に行こうと思います。

そうすればもう少し、いろいろと並ばずに食べれそうですね。

 

食べる学校

食べる学校というイベントも開催されていて、こちらでは週末のみいろいろな体験ができるようでした。

この日は茶粥を作れたようです。

お昼過ぎでもまだ空きがありましたよ。

 

個人的には9/24のキノコの収穫体験が楽しそうだなと思いました。

当日申し込みで参加ができるようなので、子供と一緒に参加しても楽しそうでしたよ。

 

ミュージックフェス

会場の端のほうでは、ミュージックフェスが開催されていました。

そこまで有名な方は来ないみたいなので、あまり盛り上がってはいませんでした。

けれどバックミュージックな感じで会場に流れているだけでも、フェス感があってちょっと気持ちが盛り上がりましたよ。

ちなみにミュージックフェスは9/18.9/16.9/24のみの開催です。

スポンサーリンク

その他もろもろ

会場はゴミ箱が一つもなく、ゴミは購入したブースに返す方式でした。

ゴミ箱があると鹿が寄って来てしまうので、それを防ぐためにかなと思いました。

購入したブースまでゴミを返却しに行くのはちょっと大変ですが、ゴミ箱があふれてしまったり鹿が乱入してこないのでいいですよね。

また途中で係りの人がゴミ箱を持ってゴミの回収もしてくれていたので、そのタイミングに合えばブースまで返さなくてもゴミを捨てれましたよ。

 

メインエリアから少し外れた場所には、キッズエリアやアウトドアグッズの販売エリアがあるようでしたが、今回は時間がなくていけませんでした。

けれど一つ、ドリンクブースの脇にこんなものがあったので息子と参加してみましたよ。

 

とってもかわいいヒョウタンの中から、好きな形のものを一つ選んで。。。

 

中の種をとって、変わりにお米や小豆などを入れるだけ。

出来上がりには好きな色のひももつけてくれて、あっという間にマラカスが完成しました。

とっても簡単なので、3歳くらいから作れると思います。

可愛い音がなって、息子のお気に入りになりましたよ。

一つ作ったら、隣でヒョウタンでつくった駒に絵付けをさせてもらえました。

子供が遊べるようなスペースがなかったので、こういう出店があったのがうれしかったです。

 

シェフェスタ会場 トイレは?

もうひとつ気になるのが、会場内のトイレ事情です。

小さい子供なんかを連れていくなら、トイレの場所は前もって確認しておかないとですよね。

シェフェスタ会場のトイレは一つ。

簡易トイレなどはなく、もともと奈良公園内にあるトイレを利用できます。

場所はフードトラックブースの裏側あたりです。

 

会場脇のこの参道を進むと、右側の塀が切れたあたりにトイレがあります。

 

個室の数はけっこうたくさんあり、洋式トイレもありました。

特に並ぶこともなく、すぐに入れましたよ。

ただ少し臭いはきつかったです。

まぁ公衆トイレなんで仕方ないですよね。

 

シェフェスタ in奈良会場に行ってみて、感じた事

初めて行ってみたシェフェスタですが、去年も17万人を超える動員があっただけあって大盛況でした。

実際に行ってみて感じたことをまとめてみました。

お酒を飲まない人は飲み物を持参したほうがいい

ドリンクを現地で調達すると、かなり割高なうえに並ばないといけないので大変です。

 

小さい子供がいる場合はベビーカーがあったほうがいいです

あとは座席の確保ができないかもしれないので、小さい子供がいる場合はベビーカーは持って行ったほうがいいですね。

 

天気予報は前もってチェックを忘れずに。

屋外のイベントなので、やはり天気がかなり重要です。

晴れの場合は、テントの中の席が取れなかった時のために暑さ対策が必要です。

天気が悪ければ足場が悪くなるはずなので、はくものに注意が必要です。

 

出店店舗のチェックもしておいたほうがベター

出店する店舗は日によって変わるので、前もってチェックをしておいたほうが当日現地で悩まなくていいかもしれませんね。

特に土日祝に行く人は、かなり並ぶので覚悟しておいてくださいね。

人気店は売り切れになってしまうこともあるので、なるべく早めに行ったほうが確実です。

 

奈良会場は駐車場がありません

ちなみに奈良会場は、駐車場の用意はないので車で行く場合は近隣のパーキングに停める必要があります。

かなり混んでいると思うので、早めに着かないと駐車するのも大変だと思いますよ。

 

シェフェスタ2018の開催情報詳細

2018年のシェフェスタは、奈良公園と馬見丘陵公園の2か所で開催されます。

開催日も異なるので、注意してくださいね。

シェフェスタin奈良

  • 開催日時:2018/9/15~9/24
  • 開催時間:10~17時
  • 会場:奈良公園登大路園地

 

シェフェスタin馬見丘陵公園

  • 開催日時:2018/10/6(土)~10/14(日)
  • 開催時間:10~17時
  • 会場:馬見丘陵公園

 

出店店舗などは日程によって異なります。

詳細はHPに詳しく書かれているので、シェフェスタのHPを確認してくださいね。

シェフェスタHP

 

まとめ

今回で10回目というだけあって、かなりの人出でとっても盛り上がっていたシェフェスタ。

結果的にお目当てのものは食べれませんでしたが、開放的なフェスの雰囲気の中で食べるご飯はとってもおいしかったです。

お天気がよければ、奈良観光ついでに寄ってみるのもいいと思いますよ。

これからシェフェスタへ行こうと思う人は、ぜひ参考にしてくださいね。

大仏プリンの日持ちはどれくらい?お土産にできるメニューはある?奈良の新名物となりつつある、まほろば大仏プリン。 味がおいしいのはもちろんのこと、コロンとした可愛い瓶に入っていてお土産にするにもぴっ...
スポンサーリンク