子育て

子供とのバイク二人乗りにはタンデムツーリングベルトがおすすめ!4歳幼児に使用した口コミ

子供とバイクに二人乗りをしたいって思っているパパママって、案外多いようです。

私の周りにも、普段バイクに乗っていていつか子供と一緒にタンデムしたいっていうパパやママがちらほら。

中には実際に保育園の送り迎えをバイクでしているパパだっています。

我が家も子供がもうすぐ5歳になり、乗り物が大好きになってきました。

やっぱり男の子、バイクにあこがれるみたいですね。

ちょうど息子が習い事に通い始めたこともあって、送り迎えに都合がいいので息子をバイクの後ろに乗せてみました。

タンデムツーリングベルトというグッズをを購入したことで、幼児でも安心してバイクに乗せることができたのでその様子をご紹介したいと思います。

これから二人乗りでバイクに子供と乗りたいと思っているパパ&ママは、ぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

子供とバイクに二人乗りするのは法律的に何歳からOKなの?

そもそもバイクの後ろに子供を乗せることは法律的には問題ありません

きちんと二人乗りOKのバイクに、乗車のために設備された場所に乗せる分にはOKなんです。

年齢制限もないので、赤ちゃんだって座っていられるなら乗せていいってことになります。(現実的には無理ですが)

 

けれどたとえば抱っこ紐でおんぶして乗ったり、運転手の前に立たせて乗ったりするのはもちろんNGです

きちんと運転手につかまって二人乗り用のシートに座っていられなければいけないので、3歳くらいまでは後ろに乗せるのは体格的にも厳しいかなと思います。

4~5歳になりある程度物事がわかって、じっとしていられるようになれば乗せることはできると思います。

我が家ももうすぐ5歳になるタイミングで、初めてバイクに乗せてみました。

 

けれど体の小さい子供をそのまま後ろに乗せて「パパにきちんとつかまってるんだよ!」なんて言っても、危険すぎますよね。

途中で寝てしまったり、何かの拍子につかまっていた手を離してしまったらと思うとゾッとします。

なので子供と二人乗りする場合は、安心して二人乗りができるグッズを必ず用意したほうがいいですよ。

まずはそんな二人乗りするときに使えそうなグッズを紹介しますね。

 

子供とバイクに二人乗りするにはタンデムツーリングベルトなどのグッズが必須!

子供と二人乗りをする場合に使えそうなグッズは、探してみると案外たくさんありました。

運転手と子供の体を固定するタイプのもの、しっかり握れるような持ち手だけをつけるもの、足がぶらぶらしないようにするステップタイプのもの。

探してみるとたくさん出てきます。

お値段もさまざま。

お安いものは1,000円台からあります。

 

こちらは子供と大人の体を固定するタイプのもの。

子供の肩の部分でしか固定しないので、体が小さい息子だと抜けてしまいそうで怖いかなと断念。

小学生以上である程度体が大きければ、これくらいでいいかもしれないですね。

 

こちらは子供部分はベストのようになっているので安心です。

けれど親はお腹にベルトのように巻くだけなので、ぐるっと回ってしまったりずれないかがちょっと心配。

口コミはとってもいいので迷った商品です。

お値段もとってもお安いのが嬉しいところ。

 

 

こちらは子供が握るためのグリップ部分だけを、親のベルトやウェストバックに固定するもの。

普段からベルトもウェストバックもしない旦那には使用できず断念。

それに子供がずっと握っていられるかどうかも不安があります。

 

 

 

こちらはステップに届かない子供の足をしっかりと固定するために、子供が足を入れて使えるようなステップタイプ

たしかに足がぶらぶらするだけで体が安定しないし、後ろに乗せていても不安になりますよね。

けれどこれだけではもちろん危険なので、何か上半身を固定するものとの併用が必要です。

とりあえずいずれ買うかもしれないけれど、今回は購入を見送りました。

 

他にも調べてみると、たくさんの子供向けツーリンググッズがあるんですよね。

それだけ子供とのバイクに二人乗りしたいニーズはあるってことなんでしょうか。

 

どのグッズもいいなと思う部分はあるのですが、体の小さい子供を固定するとなるとちょっと不安が残る部分があるんですよね。

結局どのグッズがいいのが、いろいろと口コミなども調べつつ3週間ほどかけて悩みました^^;

スポンサーリンク

タンデムライダース タンデムツーリングベルトを購入してみました

悩みに悩んだ結果、最終的に我が家が選んだのはこちらの商品です。

 

お値段は他のものより断然高いのですが、やはり一番作りがしっかりしていそうで安心なこと。

それに体の小さい子供でも、ベルトを調整することでぴったりと運転手と密着できて、なおかつ子供が握るためのグリップまでついているので子供にも優しいと思い購入しました。

また後ろのシートの高さによって、ベルトの位置を変えられるのも2台バイクがある我が家にとっては助かります。

子供が成長しても長く使えそうなのが決め手になり購入しました。

※ちなみにAmazonではお値段が半額以下のお安い商品も出ているのですが、メーカーが異なる類似品のようです。

口コミはいいので問題はないと思いますが、今回紹介している商品とは異なるのでご注意くださいね。

 

届いた商品はこちら。

 

実物は思っていた以上にしっかりした作りでした。

いろいろとベルトが多いですが、すべて長さが調整できるので安心です。

 

特にこの子供を固定するベルトをつける位置が、高い場所、真ん中、低い場所と3ヵ所高さが変えられるのが嬉しいです。

子供が大きくなったときにも対応できるし、バイクによって後ろのシートの高さが変わるのでその時にも対応できます。

 

この子供が握るグリップ部分も、きちんと場所を調整できるようになっていました。

なので手が届かないといった心配もないですし、逆に大きくなったらパパのお腹の方まで移動すればしっかりと握れます。

 

運転手が着用する部分も、しっかりとリュックタイプになっています。

しかもベルトは胸と腰の2点で留めるので安心。

 

 

こんなにしっかりしたつくりなのに、硬い部分はないので案外小さくなるんですよね。

丸めると片手で持てるくらいの大きさです。

 

 

大人用のヘルメットにも、こんな感じで入れられるのでメットインにも余裕で入ります。

 

これなら安心してバイクの後ろに乗せることができそうです。

息子もこのタンデムツーリングベルトが届いてからは、「早くバイクに乗りたい!」とノリノリ。

早速天気のいい日に乗せてみることにしました。

 

4歳幼児にタンデムツーリングベルトを装着

待ちに待った初めての息子のバイク二人乗りです。

ちなみに我が家の息子は体が小さく、もうすぐ5歳ですが身長は99cmほどです。

このタンデムツーリングベルトの適応体格は100センチからとなっているので、ぎりぎり可能な範囲です。

 

まずは、息子にタンデムツーリングベルトをつけさせます。

子供部分はとっても簡単で、上からかぶせてリュックのように腕を入れたら、左側のウェスト部分でカチッととめるだけです。

 

ベルトの長さはウェスト部分も肩の部分も調整可能なので、子供のサイズに合わせて調整します。

このとき肩の部分はバイクに乗ったときの運転手との高さによって変わってくるので、あまり短くしないほうがいいです。

 

 

後ろから見たらまだまだベルトの長さがあまっているので、これから大きくなってもしばらくは使えそうですね。

 

 

子供に装着したら、先に子供をバイクに座らせます。

今回乗せたのは250ccのビッグスクーターです。

シートは後ろの部分が高くなっているので、ベルトの位置は真ん中でよさそうです。

 

続いてパパに運転手部分を背負ってもらいます。

リュックのように腕を通したら、前のベルトをカチッととめるだけ。

 

 

胸の部分にもきちんとベルトがあるので、どうがんばっても外れそうにないですよね。

 

初めて使うときには、できればもう一人補助する人がいて、子供と運転手がシートに座ってからベルトの長さなどを調整したほうが安心です。

一人でやろうとすると、長さもいまいちわからないし結構大変ですよ。

一度長さを合わせてしまえば、次回からは1人でも子供を乗せることは簡単にできそうです。

 

そんなわけで装着完了!

息子にグリップを握らせて、こんな感じになりました。

やっぱりシートの高さに差があるのでベルトは真ん中の高さでぴったり。

もしシートがフラットだった場合は、一番下に下げればちょうどよさそうですね。

 

ヘルメットもかぶらせて、いざ出発です!

息子が持っている部分がちょっと違うけど、体が固定されているので大丈夫でしょう。

 

 

今回は練習での試乗なので、近くのスーパーまで車でついていってみました。

信号待ちでもおとなしく座っています^^

 

 

しばらく走るとこの余裕。(もちろん信号待ちしているときですが。)

本人もとっても楽しかったようです。

 

 

こんな感じで始めての2人乗りは終了~。

あっという間だったのですが、息子はまだ乗りたい!とぐずっていたのでよっぽど楽しかったんでしょうね。

あと写真を見て、半そで半ズボンで乗せてしまったことをちょっと反省。

万が一のことを考えて、今後はバイクに乗せるときは長袖長ズボンを着用させたいなと思います。

 

スポンサーリンク

タンデムツーリングベルトを使ってみた感想

試乗し終わったパパに聞いてみると、リュックのように固定されているので落ちる心配がなく、安心して乗れたといっていました。

けれど子供がちょっと動いただけでも伝わるので、それがとっても気になるとのこと。

後ろから見ていても息子がちょっと位置が悪いのかごそごそ動いたりしていたので、確かに気になりそう。

これは子供が慣れとともに動かなくなれば、なくなっていくかなぁと思います。

本人はまったく怖くもなく楽しかったようで、またすぐ乗りたい!と言っています。

子供的には親に密着してられるし、持つためのグリップもあるので安心して乗っていられるようですね。

怖さを感じなかったのが一番よかったかなと思います。

高速に乗るのはまだ怖いので小学校中学年くらいまではお預けかなと思っていますが、近場へのツーリングやお買い物程度だったらこれからはバイクでも安心して出かけられそうです。

何より私が車を使っているときに、パパと息子が2人で出かけてもらえる手段ができたのがとっても嬉しいですね。

これからはバイクも我が家の移動手段の一つになりそうです。

 

追記  女性でもOKでした

実はこの後、中型免許を持っている私もタンデムツーリングベルトをつけて、息子を後ろに乗せて走ってみました。

私が乗っているのは125ccの小型のバイクです。

少し大きめのスクーターみたいな感じで、シートの形はフラットなんですよね。

なのでタンデムツーリングベルトは、子供との固定する位置を一番下に変更して使ってみたらぴったりでした。

大人が装着する部分も、きちんとベルトを締めれば女性でもぴったりと着用することができます。

私は身長160センチですが、説明書には150センチから使用可能となっているので小柄な女性でも大丈夫だと思いますよ。

 

バイクの形もいろいろなものに対応しているので、バイクを変えたときでも問題なく使用できそうです。

 

後ろに乗せてみた感想としては、たしかに息子が少し動くと気になってしまうので運転に集中できないっていうことはありました。

けれど息子も何度かパパとの二人乗りをした後だったので、そこまで動くこともなくおとなしく乗っていてくれたので、特に問題なく乗れました。

しっかりと子供と密着していて、なおかつ子供がグリップを握ってくれているのでこちらも落ちることを心配せずに安心して運転できるのがいいなと思いました。

 

これなら子供が万が一寝てしまっても、よっぽどのことがない限り落ちることはないだろうなと思います。

それに下にすり抜けて落ちてしまうなんてことも考えられないですね。

ただ足がブラブラしてしまうことについては、ちょっと今後の課題かなと思います。

足を置くところがない分、シートの幅が広いのでたまに左右どちらかに寄ってしまってバランスが悪くなることがありました。

たぶんステップがしっかりあれば、足も置いておけるのでさらに安定するはず。

なので今は先ほど紹介したチャイルドステップを購入しようか、検討中です。

 

まとめ

いかがでしたか?

子供をバイクの後ろに乗せるなんて危険すぎる!と思うパパママもいると思います。

もちろん車に比べると、子供を乗せるには危険も伴うことはたしかです。

防備がない状態で乗ることになるので、万が一事故にあったことを考えると乗せないほうがいいのかもしれません。

けれどやっぱり、バイク好きとしては子供と一緒にツーリングできるのって憧れですよね。

 

実際に息子とバイクで二人乗りをしてみて、私自身も楽しくてこれからもっといろんなところへいきたいなと思いました。

何より息子が喜んでくれているのがとっても嬉しかったです。

それに自転車や車では感じられないスピードや風を切って走る経験って、子供にとってはとっても刺激的だと思います。

そんななかなかできない経験をさせてあげることも、大切なんじゃないかなぁなんて思ったりもします。

なので子供とのツーリングを楽しく安全なものにするためにも、まずは安全運転と、そして子供が万が一寝てしまったりしても落ちることがないように装備を準備しておくことが必要だと思います。

我が家はタンデムツーリングベルトを購入したことで、危険を最小限に抑えて安心して二人乗りできるようになりました。

もしこれから子供とのバイクの二人乗りを考えているのであれば、少なくとも何か子供を固定できるグッズを利用したほうが絶対にいいと思いますよ。

子供とのツーリングをしたいと思っているパパママの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク