神奈川

あつぎ鮎まつり花火大会の場所取り攻略法!何時から?どうやって?おすすめの穴場も。

厚木の夏の風物詩といえば、『あつぎ鮎まつり』の花火大会。

2019年は8/3(土)の19:00から開催されます。

神奈川県では最大級となる1万発の打ち上げ花火を見るために、毎年の動員人数がは50万人を超えるほどと大人気の花火大会なんですよ。

りっこ
りっこ
次々に上がるスターマインや、大迫力のナイアガラなど見どころいっぱいの花火大会です!

混雑するからこそ、当日はしっかりと目当ての場所を決めて動かないと大変!

場所をとってもせっかくの花火がよく見えなかったり、立ったまま見なければいけなくなってしまったりと場所取りにかなり苦労するのも事実です。

今回は厚木の地元民である私が、『あつぎ鮎まつり』の場所取り攻略法と、おすすめの穴場スポットを教えちゃいたいと思います。

ぜひ花火をしっかりと堪能したいという人は、参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

厚木鮎祭りの花火 打ち上げ場所

まずはあつぎ鮎まつりの花火大会で、花火が打ち上げられる場所から確認しましょう。

花火の打ち上げ場所は、相模川、中津川、小鮎川の3つの川が合流するあたりです。

地図上では川の上に見えますが、実は川岸の砂浜のような場所が打ち上げ場所なんです。

なので厚木側と海老名川のどちらからも、よく見えるんですよね。

有料の観覧席エリアや協賛席も、厚木側と海老名川に設けられます。

それぞれの有料観覧席の周りのエリアが、一般観覧できる場所として1番人気が高い場所になりますね。

ではそのエリアの場所取りの、詳しい状況などをそれぞれお伝えしますね。

 

厚木側河川敷の場所取り

まずは厚木側の河川敷での場所取りについてです。

厚木側河川敷の場所取り時間や注意点

  • 前日や夜中からの場所取りは禁止
  • シートを敷いての場所取りは可能
  • 有料エリア付近は当日午前中早めが確実
  • 足場が悪い場所や少し離れたエリアは、午後でもOK
  • 4時以降は入場制限がかかる可能性あり

スターマインやナイアガラなど、1番花火が見えやすい場所は厚木側の相模川河川敷になります。

中央部分には有料観覧席が設けられますが、その脇や上部の土手部分は一般観覧席として開放されるので、毎年1番場所取りの競争率も高い場所になりますね。

斜線の部分も観覧エリアとして開放はされているので、少し土手になったような場所にもシートを張ったりして場所取りする人がたくさんいます。

屋台も立ち並び、お祭りムードも満点!

人の多さも1番多いですが、鮎まつりの花火を堪能したいならここが1番の鑑賞ポイントになります。

こんな感じで皆さんシートを敷いたりして、花火の前から激しい場所取りが繰り広げられます。

場所にも寄りますが、シートを広げられるようなベストスポットは早朝からどんどんと場所取りをされてしまいます。

注意してほしいのは、こちらのエリアの場所取りは前日からはできないという点。

当日の朝からとなるので、もし前日にシートなどで場所取りをしても撤去されてしまう可能性があります。

なので、早くても近所の人に迷惑にならない程度の朝からということになります。

なので大人数の場所をとりたい場合には、遅くても午前中に場所取りに来ないと場所が確保できなくなってしまうので注意してくださいね。

 

また2人分くらい場所が取りたいという場合でも、15時頃までにはなるべく着きたいところですね。

16時以降には、入場制限がかかってしまってこちらのエリアに入ることができなくなることもあります。

打ち上げ場所から離れた下流側や、野球場の脇等であれば、比較的遅めの時間でも空いていることもあるようです。

ただしナイアガラなどが見えづらかったり、足場が悪かったりするのでそれでもいいという人は少し河川敷の中心部から外れたところを狙うといいかもしれませんね。

 

穴場は野球場

厚木側の河川敷の中にある野球場は、花火大会当日は無料で開放してくれます。

 

仕掛け花火やナイアガラは見えないのですが、芝生でゆったりと見ることができるので実はおすすめなんですよ。

打ち上げ花火は距離も近いですし、こちらの野球場なら例年夕方4時、5時頃でもまだ座る場所には余裕があります。

場所だけとってしまえば屋台へ食べ物を買いに行ったり、仮設トイレなどもあるのでとっても便利。

子供連れの場合や、ゴミゴミしているところで見たくないという人にはおすすめの穴場スポットになります。

スポンサーリンク

海老名側河川敷の場所取り

続いて海老名側の河川敷での場所取りについてです。

海老名側河川敷の場所取り時間や注意点

  • シートを敷いての場所取りは可能
  • 立ち入り禁止エリアが多数あり
  • 観覧できる場所は、有料観覧席の脇のエリアのみ
  • 夕方でも比較的余裕あり
  • 屋台はなし

厚木側から、川を挟んで対面になる海老名川の河川敷。

こちらにも有料観覧席が設けられますが、その脇には一般の観覧エリアもあります。

打ち上げ場所からは少し離れているうえに、ナイアガラや仕掛け花火はほぼ見えないのが少し残念なところ。

けれどそれでも、前を遮るものがない中で花火を見上げることができるので、ゆっくり花火を楽しむことができます。

ちなみに有料観覧席より打ち上げ場所に近いエリアは、全面立ち入り禁止となっているので入ることができません。

一般開放されているのは有料観覧席より花火から遠い場所のみになるので注意してくださいね。

 

そして海老名川の河川敷は、屋台が並んだりする厚木側より比較的すいているのが嬉しいところ。

もちろん花火が始まる寸前など遅い時間だと厳しいですが、3時4時頃くらいならまだシートを敷く場所を見つけるくらいの余裕はあります。

海老名側の河川敷には屋台は出ていないのですが、海老名駅や厚木駅周辺にもたくさん屋台がでているのでそちらで食料を調達してくるのがおすすめです。

海老名側の河川敷へは、本厚木駅ではなく厚木駅から歩くほうが近いですよ。

 

ちなみに厚木駅のホームからも、実はこんなにきれいに花火が見えるんです。

さすがにホームから見るのはルール違反ですが、到着が遅くなってしまった場合でも厚木駅から花火を見上げながら歩くこともできますよ。

スポンサーリンク

あつぎ鮎まつり 河川敷以外の穴場スポット

あつぎ鮎まつりの花火大会は、河川敷以外にも花火を楽しめる場所がたくさんあるんです。

おすすめの穴場スポットをご紹介しますね。

相模三川公園

花火の打ち上げ場所より北側の相模三川公園は、少し打ち上げ場所からは離れてはいますが比較的混雑が少ないのでお勧めスポットです。

花火もしっかりと見えるので、シートを敷いてのんびり見ることができますよ。

ただし、公園の駐車場は花火の日も通常通り17時で閉まってしまいます。(公園に確認済み)

なので車で直接三川公園へ行っても駐車はできないので、近隣の駐車場に駐車するか、もしくは電車などの公共機関で行く必要があるので注意してくださいね。

 

金田第二青少年広場

花火の打ち上げ場所からほど近い金田第2青少年広場からも、花火がとってもきれいに見えます。

遮るものも何もないため、頭上に満開の花火を見上げることができますよ。

ただしナイアガラなどの仕掛け花火は、こちらからは見ることができません。

 

厚木駅からも歩いては少し遠いので、比較的すいていて夕方でも余裕があるようです。

車を駐車するスペースもあるので、車で行きたい人にはおすすめの鑑賞スポットですよ。

車で行きたい場合には、駐車場所に限りがあるので17時頃までに行くのがおすすめです。

ただし広場よりも南の打ち上げ場所に近いところは、立ち入り禁止エリアに指定されています。

少しでも近くで見たくても、広場より南へは行くことができないので注意してくださいね。

 

厚木中央公園

厚木中央公園は、本厚木駅から近く花火当日は日中からダンスイベントや鮎音祭というミュージックフェスが行われているのでかなり盛り上がっていますよ。

厚木市内の飲食店が出す屋台も立ち並ぶので、グルメを楽しみたい人にもピッタリ。

花火のカウントダウンライブも行われるので、みんなで花火までのカウントダウンをしながら一緒に盛り上がりたい!という人におすすめです。

【2019】あつぎ鮎まつりのゲストは誰?芸能人は来る?イベント詳細神奈川県厚木市で、毎年8月の第1土曜、日曜日に開催されるのが『あつぎ鮎まつり』 今年2019年は、8/3(土)、8/4(日)に開催され...

 

また遊具などもあるので、子連れで花火までの間の時間をつぶしたいという人にもいいですね。

 

花火の打ち上げ場所までは少し離れていますが、花火はしっかりと見ることはできます。

ただしナイアガラなど低い花火は見ることができないので、全部の花火を楽しみたい!という人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

地下駐車場などは当日も通常通りやっているので、車の駐車をすることもできます。

ただし日中からイベントが行われていますし、例年9時半~10時頃には満車になってそこから空くことはほとんどないとのことです。(駐車場管理事務所に確認済み)

朝5時から空いている駐車場で、1日600円と料金も格安なので皆さん早朝から車を停めに来るようですね。

なのでお昼頃にもし車で来たとしても、駐車場所がないということになってしまうので注意してくださいね。

本厚木駅近辺にはコインパーキングもたくさんありますが、鮎まつりの日は朝からどんどん埋まってしまって昼頃には駐車場を見つけるのはかなり大変になってしまいます。

車で中央公園へ来たいという人は、早朝から来るか、もしくは車は諦めて電車など公共の交通機関で来る方が安全ですよ。

 

厚木トレリス

少し打ち上げ場所からは離れているのですが、車で花火大会へ行きたい場合におすすめなのが厚木トレリスという商業施設です。

実は厚木トレリスでは、花火大会の日は屋上駐車場が全面開放となり、無料で観覧できるんです。

屋台も出たり館内のフードコートも当日は夜22時まで営業してくれるので、ゆっくりと花火を楽しみたい人にはおすすめです。

もちろん1階~4階までの駐車場に車を駐車することができるので、車で行くこともOK!

特に子連れ等であれば、こういった商業施設で観覧できるとトイレもあるし、涼しい場所で時間をつぶすこともできるのが嬉しいですよね。

ただし当日は18時以降は駐車場がかなり混みあい、場合によっては満車で入れないことも出てきます。

なるべく17時以前くらいには駐車しておくのがおすすめですよ。

詳細は厚木トレリスのHPへ。

 

新小鮎橋

実はこちら、去年の鮎まつりの時にちょうど通りかかって知った穴場です。

穴場といっていいのかもわからないのですが、新小鮎橋の橋の上を通りかかった時にとっても綺麗に花火が見えました。

陸橋の様になっているため見晴らしもよく、打ち上げ花火がきれいに見えるんですよね。

もちろん場所取りなどはできないですし、シートを敷いてみるというわけにもいきません。

けれど数組しかこちらから花火を見ている人がいなかったので、かなりすいていましたよ。

駅からは多少距離もありますが、20分程度と歩けない距離ではありません。

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、ゆっくりと花火を楽しみたいという人にはおすすめです。

スポンサーリンク

 

2019年あつぎ鮎まつり 花火大会詳細

  • 開催日:2019年8月3日
    ※雨天・荒天時は、翌日に順延
  • 時間:19:00~20:30
  • 観覧場所:神奈川県厚木市厚木の相模川・中津川・小鮎川の三川合流地点
  • 打上数:約10,000発
  • 昨年の人出:53万人
  • トイレの数:約120基(仮設と公園既存のもの)
  • お問い合わせ先:046-295-5496 (あつぎ鮎まつり実行委員会)
  • アクセス:JR 相模線厚木駅徒歩 15 分
  • 小田急小田原線 本厚木駅より徒歩10 分
  • 公式ホームページ:http://www.atsugi-kankou.jp/

あつぎ鮎まつり花火大会の場所取り まとめ

毎年50万人以上の人が集まるあつぎ鮎まつりの花火大会。

とにかく当日の夕方は、海老名、厚木、本厚木のどの駅も人でごった返してかなりの混雑になります。

花火の時間に間に合えばいいだろうとゆっくり来てしまうと、最悪花火が始まっても目的地までたどり着かずに路上で立ってみることにもなりかねません。

特に厚木側の河川敷で花火を見たい場合は、しっかりと場所取りをするなら午前中、遅くても15時頃までには現地に到着して場所を確保しておくことがおすすめです。

シート等場所を取っておけるものを持って行かないと、場所取りしてもその場を動くことができなくなってしまうので、必ずビニールシートなどを持っていくのを忘れないでくださいね。

また海老名側の河川敷は、厚木側に比べると競争率も低くて比較的遅めの時間でも場所を確保することができます。

ただし屋台などがなにも出ないので、食料を前もって用意しておかないと何も食べることができなくなってしまうので注意が必要です。

また河川敷以外の公園など穴場スポットも、たくさんあります。

どうしてもナイアガラが目の前で見たい!などといったわけではなければ、最初から穴場スポットを目指すのもいいかもしれませんね。

これからあつぎ鮎まつりの花火大会の場所取りへ行こうと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

鮎まつりのイベントやゲストについては、こちらに詳しくまとめています。

【2019】あつぎ鮎まつりのゲストは誰?芸能人は来る?イベント詳細神奈川県厚木市で、毎年8月の第1土曜、日曜日に開催されるのが『あつぎ鮎まつり』 今年2019年は、8/3(土)、8/4(日)に開催され...
スポンサーリンク